146件中 51 - 60件表示
  • 清水 (名古屋市)

    清水 (名古屋市)から見た犬山城犬山城

    町は、清洲越し(慶長の頃の清洲からの名古屋への遷府)に伴って、名古屋村本郷の住人がこの地に移住してきたことによってできた(『府城志』)。犬山城主に成瀬正成がついた1618年(元和4年)以降、木曽街道(稲置街道とも呼ばれた)の往来が活発化し、食品や日用品を販売する市が立つようになり、志水の地も発展していった。1693年(元禄6年)には、北の隣接地に志水蓮池新田が開墾されて、木曽街道の大坂(清水の大坂)沿いに、志水池町が成立した(『徇行記』)。この志水池町と新田との境が、春日井郡と名古屋村との境界であった(『府城志』)。清水 (名古屋市) フレッシュアイペディアより)

  • 堂洞合戦

    堂洞合戦から見た犬山城犬山城

    信長の美濃侵攻に備え、関城長井道利、加治田城佐藤忠能、堂洞城岸信周の盟約が結ばれ、道利の勧めで忠能の娘八重緑を岸方の養女(人質)として結束が固められた。だが、忠能は加治田城下の住人梅村良澤を信長方の犬山に遣わし、丹羽長秀を介して内応。鵜沼城、猿啄城が織田軍によって落城し、猿啄城将の多治見修理亮が甲斐へ逃走すると、敗兵は堂洞城に入って岸勢と合流した。堂洞合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 高取城

    高取城から見た犬山城犬山城

    天守台の石垣は打込みハギで、隅部は算木積みで反りのない工法である。天守は本丸の北西に位置し、天守台には通路が約3メートルの穴蔵を設けている。このような穴蔵形式をもつ天守台は、他では犬山城、福知山城、岐阜城が同じような形式で、天守台としては発展期の築城様式と考えられている。天守の大きさは東西に約16メートル、南北に約14メートルの規模で「御天守」と呼ばれている。外観は『和州高取城山之絵図』によると、1重目は千鳥破風、2重目の中央に出窓形式、3重目には軒唐破風があり、外壁は白漆喰総塗籠であったようで、外観3重、地下1階の天守が推定されている。また、天守台の東側には付櫓台が属しており、2重の「具足櫓」が建っていたと考えられている。高取城 フレッシュアイペディアより)

  • 日本建築史

    日本建築史から見た犬山城犬山城

    城郭、書院造の完成 - 姫路城、彦根城、松本城、犬山城など日本建築史 フレッシュアイペディアより)

  • 伊木忠次

    伊木忠次から見た犬山城犬山城

    織田信長の美濃国攻めに従軍し、永禄4年(1561年)犬山城の対岸にある伊木山に拠った斎藤勢を攻めた際に著しい武功を挙げた。この功により信長より「伊木」の姓を賜り、伊木山への築城を許され、伊木山城を構えたとされる。また、信長の重臣で家臣団を充足する必要に迫られた池田恒興の意向により、恒興の家臣の森寺秀勝から誘われて恒興に仕えた。家臣となった時期は永禄3年(1560年)とも永禄4年(1561年)とも伝えられているが、定かではない(前述の伊木姓の逸話との適合性も含めて)。伊木忠次 フレッシュアイペディアより)

  • 小山城 (遠江国)

    小山城 (遠江国)から見た犬山城犬山城

    現在は能満寺山公園として整備が進んでいる。1987年(昭和62年)に物見台があったといわれる三の丸跡に犬山城天守をモデルにした模擬天守「展望台小山城」が設けられているが、過去に小山城に天守閣が存在した事実は無い。1、2階は史料展示室として町ゆかりの歴史史料や甲冑などが展示されている。3階は展望台となっており、町内を一望のもと見渡せる。入場料200円(子供100円)。小山城 (遠江国) フレッシュアイペディアより)

  • 成瀬正成

    成瀬正成から見た犬山城犬山城

    尾張藩の附家老であった平岩氏が無継断絶した後に、家康より特に乞われて附家老に任じられ、犬山城を与えられた。この時、共に家康の側近をしていた安藤直次も紀州藩の附家老として駿府を離れている。成瀬正成 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田城 (尾張国)

    黒田城 (尾張国)から見た犬山城犬山城

    その後犬山城主織田信清の弟・広良が城主となるが、永禄5年(1562年)に広良が美濃斎藤氏との軽海の戦いで戦死、信清の家臣である和田新助が城主となった。その後新助は織田信清と信長の不和に際して信長に降ってそのまま彼の直臣となり、多くの合戦に加わったことが記録に見えるが、天正2年(1574年)の長島の戦いで討死し、弟の和田定教が継いだ。ところが、和田氏系図によると、この定教が何らかの理由で追放されている。なお、定教は本貫の近江国甲賀郡に帰って隠遁し、その後本能寺の変後に三河に逃走しようとしていた徳川家康を助けたことで召し出され、子の定勝は家康に仕えている。黒田城 (尾張国) フレッシュアイペディアより)

  • 竹中重門

    竹中重門から見た犬山城犬山城

    慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、当初西軍に属して犬山城主石川貞清を援助するが、井伊直政の仲介によって東軍に鞍替えする。そして他の主たる東軍の武将同様、みずからの居城である菩提山城を徳川家康に提供している。本戦では、幼なじみでもある黒田長政軍に合力して激戦地で奮戦し、さらに戦後まもない9月19日、伊吹山山中で、西軍の武将・小西行長を捕縛するなどの大功を挙げ、家康から直筆の感状を受けた。竹中重門 フレッシュアイペディアより)

  • 白帝城

    白帝城から見た犬山城犬山城

    犬山城 - 白帝城という別称がある。白帝城 フレッシュアイペディアより)

146件中 51 - 60件表示

「犬山城」のニューストピックワード