178件中 61 - 70件表示
  • 犬山町

    犬山町から見た犬山城犬山城

    かつての犬山城の城下町、および稲置街道犬山宿であった。犬山町 フレッシュアイペディアより)

  • 肥田氏

    肥田氏から見た犬山城犬山城

    肥田孫左衛門 - 1556年(弘治2年)、斎藤義龍による明智長山城攻撃時に土田甚助(後の生駒親正)と共に犬山城の織田信清に援軍を要請するが断られる。その後、土田家(信長の母・土田御前の実家)と親戚である生駒家(尾張小折村、現江南市)に食客として土田甚助や木下藤吉郎らと共に迎えられる、1558年(永禄元年)、織田信長が生駒家(信長室吉乃の実家)へ立ち寄った際に木下藤吉郎と共に信長に仕官。1560年(永禄3年)、桶狭間の戦いで勲功を上げ、加増。尾張肥田氏の祖となる。肥田氏 フレッシュアイペディアより)

  • 金山城 (美濃国)

    金山城 (美濃国)から見た犬山城犬山城

    慶長5年(1600年)に森氏が川中島藩に転封されると城は石川貞清の所有となり、建物は解体され石川氏の居城である犬山城の改修に使われたという。金山城 (美濃国) フレッシュアイペディアより)

  • 小口城

    小口城から見た犬山城犬山城

    小口城は木ノ下城や犬山城の支城として残されたが、永禄年間(1558年-1569年)に織田信長の軍勢に攻め落とされて廃城となった。その後、天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いで羽柴秀吉方の稲葉良通が布陣した記録がある。小口城 フレッシュアイペディアより)

  • 山村良候

    山村良候から見た犬山城犬山城

    慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍に属し、西軍の石川貞清により犬山城に拘禁されたが、子・良勝が武功を挙げたことにより、美濃の一万六千二百石を与えられた。山村良候 フレッシュアイペディアより)

  • 瑞泉寺 (犬山市)

    瑞泉寺 (犬山市)から見た犬山城犬山城

    日峰宗舜禅師が創建した臨済宗妙心寺派の古刹である。応永22年(1415年)に大伽藍を完成。本堂には伊勢国朝熊山金剛證寺の虚空蔵菩薩を勧請した本尊がある。永享5年(1433年)、日峰禅師は本山再興にあたるため妙心寺へ移った。その後は義天玄詔・雲谷玄祥・桃隠玄朔から雪江宗深・景川宗隆・悟渓宗頓・特芳禅傑・東陽徳輝などの高僧に引き継がれ、明治に至るまで四派(竜泉派・東海派・霊雲派・聖沢派)輪住の寺であった。永禄8年(1565年)、兵火で焼失したが、織田信長より朱印状を得て再建。次いで豊臣秀吉が寺領50石を寄進し、尾張徳川家からも被護を受けた。鐘楼は明応3年(1494年)建立と伝えられ、三猿は左甚五郎の作と伝えられる。山門は犬山城内田御門を移したものであるが、この山門は以前は美濃国兼山城の大手門であった。瑞泉寺 (犬山市) フレッシュアイペディアより)

  • 織田寛広

    織田寛広から見た犬山城犬山城

    木ノ下城(後の犬山城)主織田広近の子で、伯父である岩倉城主の尾張守護代「織田伊勢守家」の当主織田敏広の養子となり、文明13年(1481年)3月、養父の死後にその家督を継いで岩倉城主となり、中島郡を除く尾張上四郡に加え、海西郡と山田郡の大半に勢力を築いた。後に主君の尾張守護・斯波義寛の一字「寛」の偏諱を受け、寛広と名乗ったとされる。織田寛広 フレッシュアイペディアより)

  • 大宮浅間神社

    大宮浅間神社から見た犬山城犬山城

    古くから武士の信仰があり、織田信長や徳川家康、犬山城城主の小笠原氏、成瀬氏の保護があったという。大宮浅間神社 フレッシュアイペディアより)

  • 石田芳弘

    石田芳弘から見た犬山城犬山城

    1995年4月27日に行われた犬山市長選挙に出馬し、当選。犬山市長在任中は、文化力を生かしたまちづくり(犬山城及び城下町の再生)や教育改革(市立小学校全校に30人学級の導入)等に取り組んだ。また市長在任中、全国学力テストについて「序列化や過度な競争を起こす危険性がある。国が個人情報を収集することにも問題がある」として反対の姿勢を示し、犬山市の公立小中学校は全国学力テストに参加しなかった。石田芳弘 フレッシュアイペディアより)

  • 織田信康

    織田信康から見た犬山城犬山城

    織田 信康(おだ のぶやす)は、戦国時代の武将。織田氏の家臣。犬山城築城主。織田信康 フレッシュアイペディアより)

178件中 61 - 70件表示

「犬山城」のニューストピックワード