146件中 61 - 70件表示
  • センゴク外伝 桶狭間戦記

    センゴク外伝 桶狭間戦記から見た犬山城犬山城

    通称は十郎左衛門。犬山城主。小豆坂の戦いで敗戦した信秀に織田秀俊と共に謀反を起こす。後に信秀によって鎮圧されるが、それが信秀の最後の戦となった。センゴク外伝 桶狭間戦記 フレッシュアイペディアより)

  • 松倉城 (尾張国)

    松倉城 (尾張国)から見た犬山城犬山城

    1532年(天文元年)、富樫頼定が犬山城主、織田白厳に仕え、尾張国葉栗郡松倉を領した際、築城する。このころ、頼定は坪内姓を名乗る。1548年(天文16年)に織田信秀により松倉城は強化される。松倉城 (尾張国) フレッシュアイペディアより)

  • 坪内利定

    坪内利定から見た犬山城犬山城

    父は坪内勝定、母は坪内昌家の娘、伯父は坪内為定。坪内光景(前野長康)は実兄と伝えられる(『武功夜話』では娘が前野長康の妻で、義兄にあたる)。妻は生駒家長の妹。子に坪内家定、坪内安定、坪内定安、坪内正定、坪内秀定、坪内行定、娘(浅井直元妻)ら。曽祖父は加賀国富樫郷出身で、犬山城主織田白厳に仕え初代松倉城を築城した富樫頼定(坪内頼定)である。坪内利定 フレッシュアイペディアより)

  • 平岩氏

    平岩氏から見た犬山城犬山城

    初祖は平岩重益(五郎右衛門)。重益は三河国坂崎郷に住んだが、のち同国戸呂(土呂)郷に遷ったという。天文19年(1550年)卒。その子親重(新左衛門)の時、松平氏に属し、松平清康・広忠に歴仕したが、彼は京洛より岡崎城に滞在した食客の武士の無礼を憤り殺害したため、坂崎郷に戻り生涯幽居したという。親重の子、親吉(主計頭)は徳川家康の幼少の頃より近臣として仕え、家康の今川氏人質時代も近侍した。その功により、天正18年(1590年)の家康の関東入国後に上野国厩橋にて3万3千石で大名に列せられた。親吉はその後、甲斐国甲府藩主徳川義直(当時は五郎太と称す)の守役・陣代を勤め、義直を奉じて、尾張国清洲藩に移り尾張徳川家家老・犬山城主(城代)となったが、親吉の一族も親吉の一族衆として親吉に従った。親吉は嗣子がなく平岩本家は断絶したが、親吉の一族衆の平岩氏庶家は義直の直臣となり弓削衆と呼ばれた。江戸後期では姫路藩の家老職として存続し、現在でも兵庫県等でその系統は続いている。この系統の家紋は丸に右向きの並び弓。平岩氏 フレッシュアイペディアより)

  • 下山順一郎

    下山順一郎から見た犬山城犬山城

    愛知県犬山市犬山城登り口に設置の「下山順一郎銅像案内板」下山順一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 寂光院 (犬山市)

    寂光院 (犬山市)から見た犬山城犬山城

    山上展望台からは、犬山城、小牧城、名古屋ツインタワービルを望むことができる。寂光院 (犬山市) フレッシュアイペディアより)

  • 姫路百祭シロトピア

    姫路百祭シロトピアから見た犬山城犬山城

    ゆうじょうプラザ:国宝四城の姫路城・松本城・犬山城・彦根城を紹介。姫路百祭シロトピア フレッシュアイペディアより)

  • 丸山城 (因幡国邑美郡)

    丸山城 (因幡国邑美郡)から見た犬山城犬山城

    標高80m程の独立丘陵頂部に位置し、頂部には土塁を巡らした主郭が置かれている。主郭の南西部にも曲輪群が存在する。標高こそ低い小丘だが、丘の周囲は急崖の上に山麓には千代川と袋川が流れており、天正当時は城の周りは湿地帯であったことも考えられるため、天然の堅固な要害であったことが推察される。現在、付近では開発が進み、当時の面影は失われつつある。発掘調査の後、城跡には犬山城を模した「河原城」(資料館兼展望台)が建てられている。丸山城 (因幡国邑美郡) フレッシュアイペディアより)

  • 加藤貞泰

    加藤貞泰から見た犬山城犬山城

    慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにおいては、当初石田三成に従い、その要請を受けて尾張犬山城を守備したが、東軍に寝返って井伊直政の指揮下につく。美濃大垣城にて西軍と対峙した後、本戦では島津義弘率いる島津軍と戦い、本戦後は稲葉貞通と共に西軍の長束正家が守る水口岡山城攻略で功を挙げたため、徳川家康より所領を安堵され藩主となった。加藤貞泰 フレッシュアイペディアより)

  • 横山住雄

    横山住雄から見た犬山城犬山城

    犬山城史 新編』私家版、1968横山住雄 フレッシュアイペディアより)

146件中 61 - 70件表示

「犬山城」のニューストピックワード