178件中 71 - 80件表示
  • 松平忠頼

    松平忠頼から見た犬山城犬山城

    天正10年(1582年)、松平忠吉の次男として生まれる。慶長5年(1600年)、兄・家広の跡を継いで武蔵松山の1万石を得て、関ヶ原の戦いでは東軍に与して三河岡崎城の守備を務め、戦後は尾張犬山城と美濃金山城を守備、1万5000石を加増されて2万5000石となる。次いで、さらに2万5000石を加増され、5万石として遠江浜松藩に移封された。慶長12年(1607年)には、徳川家康の隠居城であった駿府城が火災にあった後の普請に参加している。松平忠頼 フレッシュアイペディアより)

  • 村国真墨田神社

    村国真墨田神社から見た犬山城犬山城

    1564年(永禄7年)、織田信長は木下藤吉郎に、鵜沼城と伊木山城の攻略を命ずる。しかし、城主の大沢治郎左衛門の抵抗は強く攻め落としに難攻する。しかし、木下藤吉郎の調略に対し大沢治郎左衛門は応ずる事で鵜沼城は明け渡される。その後鵜沼城は犬山城城主の池田恒興の配下となる。池田恒興が国替えになった後、中川定成が犬山城主となり、鵜沼城はその配下となる。村国真墨田神社 フレッシュアイペディアより)

  • 中濃攻略戦

    中濃攻略戦から見た犬山城犬山城

    永禄8年(1565年)、斎藤氏と同盟の犬山城主織田信清攻略開始。本拠地を清洲城から小牧山城へ本拠を移しており、信長は尾張支配と同時に美濃中濃を攻めることによって、斎藤龍興の勢力をそぐ作戦を開始した。美濃へは森可成が初めに烏峰城(後の金山城)を攻略する。中濃攻略戦 フレッシュアイペディアより)

  • 木曽川うかい

    木曽川うかいから見た犬山城犬山城

    犬山で鵜飼が始められたのは、1660年?70年頃、犬山城城主成瀬正親が三河国足助(現豊田市足助)から2人の鵜匠を呼び寄せ、御料鵜飼を行なったことからである。木曽川うかい フレッシュアイペディアより)

  • 日本建築史

    日本建築史から見た犬山城犬山城

    城郭、書院造の完成 - 姫路城、彦根城、松本城、犬山城など日本建築史 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤貞泰

    加藤貞泰から見た犬山城犬山城

    慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにおいては、当初石田三成に従い、その要請を受けて尾張犬山城を守備したが、東軍に寝返って井伊直政の指揮下につく。美濃大垣城にて西軍と対峙した後、本戦では島津義弘率いる島津軍と戦い、本戦後は稲葉貞通と共に西軍の長束正家が守る水口岡山城攻略で功を挙げたため、徳川家康より所領を安堵され藩主となった。加藤貞泰 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ラインうぬまの森

    日本ラインうぬまの森から見た犬山城犬山城

    展望台、展望デッキが設置されており、木曽川(日本ライン)、鵜沼団地(鵜沼台、新鵜沼台など)、犬山城、勝山(猿啄城)、伊木山、各務原アルプスなどが眺望でき、濃尾平野が一望できる。日本ラインうぬまの森 フレッシュアイペディアより)

  • 池上本門寺

    池上本門寺から見た犬山城犬山城

    境内西方、日蓮の荼毘所と伝えられる場所に建つ。新編武蔵風土記によると、この地にはかつては2間に3間の灰堂があり、当初、本門寺の開基檀越である池上宗仲が宝塔を作って、日蓮の遺灰を中に盛って奉安したと伝えられている。現存の宝塔は棟札(所在不明)抄により、1828年(文政11年)日蓮の550遠忌を記念し、犬山城主・成瀬氏らを本願主として再建された。作者は、小木新七その他。その後、1851年(嘉永4年)に修理されている。円筒形の塔身に宝形屋根を載せた宝塔形式の塔である。富山本法寺蔵・重要文化財の絹本着色法華曼荼羅図に見える多宝仏塔に類似しており、建立時代は新しいが、宝塔形式の木造塔で内部空間を有するものは他にほとんど類例がない。石造方形基壇および石造蓮台形台座の上に木造塔身が建つ。木造塔身の軸部は平面円形でやや伏鉢状をなし、側柱8本を円形に配し、内部には四天柱を立てている。伏鉢部の上に12本の側柱および四天柱を配して上層をなしている。塔身は赤漆塗りとし、宝形屋根は瓦棒銅板葺きとする。附(つけたり)指定の宝塔は初層四天柱の内に安置され、意匠は本塔に類似している。池上本門寺 フレッシュアイペディアより)

  • 清水 (名古屋市)

    清水 (名古屋市)から見た犬山城犬山城

    町は、清洲越し(慶長の頃の清洲からの名古屋への遷府)に伴って、名古屋村本郷の住人がこの地に移住してきたことによってできた(『府城志』)。犬山城主に成瀬正成がついた1618年(元和4年)以降、木曽街道(稲置街道とも呼ばれた)の往来が活発化し、食品や日用品を販売する市が立つようになり、志水の地も発展していった。1693年(元禄6年)には、北の隣接地に志水蓮池新田が開墾されて、木曽街道の大坂(清水の大坂)沿いに、志水池町が成立した(『徇行記』)。この志水池町と新田との境が、春日井郡と名古屋村との境界であった(『府城志』)。清水 (名古屋市) フレッシュアイペディアより)

  • 織田信時

    織田信時から見た犬山城犬山城

    叔父である犬山城主・織田信康の養子となる。織田信時 フレッシュアイペディアより)

178件中 71 - 80件表示

「犬山城」のニューストピックワード