146件中 81 - 90件表示
  • 富山市郷土博物館

    富山市郷土博物館から見た犬山城犬山城

    建物の外観は彦根城や犬山城など、全国の現存天守を参考にデザインされた慶長様式で、会期中は「美の殿堂」として美術展などが開かれていた。富山市郷土博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ライン

    日本ラインから見た犬山城犬山城

    犬山市には犬山城をはじめ遊園地や野猿公園などの観光施設があり、周辺一帯がライン下りとともに観光地を形成している。日本ライン フレッシュアイペディアより)

  • 日本モンキーパーク

    日本モンキーパークから見た犬山城犬山城

    犬山城・明治村・リトルワールドと共に、名鉄の名古屋市郊外の主要ターミナルである犬山駅を拠点とした、沿線レジャー事業の一帯を形成している。日本モンキーパーク フレッシュアイペディアより)

  • 徳川斉朝

    徳川斉朝から見た犬山城犬山城

    次代の斉温が一度も尾張入りしなかったため、その後も「大殿」として隠然たる力を持ったという。ただし、天保7年(1836年)、養子斉温の結婚のために上洛する江戸詰の付家老成瀬正住が、名古屋の斉朝を無視して犬山城に入るという情報に激怒している。結局、成瀬は斉朝に伺候するに至った。また、天保10年(1839年)、養子斉温の没後、徳川斉荘(家斉の十一男)を新藩主に迎えるにあたって、幕府は成瀬正住らとの交渉で事を運び、隠居の斉朝にはまったく相談はなかった。徳川斉朝 フレッシュアイペディアより)

  • 八幡城の合戦

    八幡城の合戦から見た犬山城犬山城

    豊臣秀吉の死後、慶長5年(1600年)に石田三成が徳川家康に対して挙兵すると、美濃国では岐阜城主織田秀信が三成方(西軍)に加担し、郡上郡八幡城主の稲葉貞通は、家康西上を阻止するため犬山城に入った。小原(現加茂郡白川町)の遠藤宗家の慶隆と、犬地(同白川町)の胤直の両遠藤も共に秀信に招かれ西軍加担を勧誘されたが、慶隆はかつて八幡城主だったのを秀吉に改易された経緯もあり、弟の慶胤らと協議の上、家康方(東軍)に加担することを決めた。しかし、胤直は秀信に加担を約し、上ヶ根に布陣した。慶隆はこれに対し子の慶勝を妙観寺に置いて守備させた。八幡城の合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 黒野城

    黒野城から見た犬山城犬山城

    貞泰は黒野城の築城後、城下町の建設や、楽市制度の導入するなど基礎を固めていたが、1600年(慶長5年)、石田三成と徳川家康が対立すると、西軍側の岐阜城城主織田秀信につき、竹中重門らと共に犬山城の警備を行う。しかし、岐阜城が落城すると東軍に和議を申し入れ、関ヶ原の戦いでは東軍に参戦する。貞泰は戦後、所領を安堵されたことにより、黒野城は黒野藩4万石の城となる。黒野城 フレッシュアイペディアより)

  • 名鉄犬山ホテル

    名鉄犬山ホテルから見た犬山城犬山城

    名古屋の奥座敷と呼ばれる愛知県犬山市の犬山城に隣接したホテルである。名鉄ホテルグループの中核として中部国際空港の機内食を供給する名古屋エアケータリング等の子会社も持つ。名鉄犬山ホテル フレッシュアイペディアより)

  • 犬山町

    犬山町から見た犬山城犬山城

    かつての犬山城の城下町、および稲置街道犬山宿であった。犬山町 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜県道95号芋島鵜沼線

    岐阜県道95号芋島鵜沼線から見た犬山城犬山城

    岐阜市南東部を起点に、各務原市内を南東に進み、各務原市前渡西町で木曽川の右岸堤防道路に一旦出る。前渡不動尊の門前を通り、前渡東町7丁目交差点で岐阜県道17号江南関線を横切る。さらに東進し、伊木山の麓を通過してライン大橋のたもとで再び木曽川べりに出る。このライン大橋付近からは、対岸に国宝犬山城が見える。終点は各務原市東部、鵜沼南町の岐阜県道27号春日井各務原線との犬山橋北交差点である。岐阜県道95号芋島鵜沼線 フレッシュアイペディアより)

  • 関一政

    関一政から見た犬山城犬山城

    同年の関ヶ原の戦いでは、当初は西軍に属して尾張国犬山城を守備したが、後に東軍に寝返り、本戦では井伊直政隊に属して功を挙げた。この戦功が認められて戦後、関氏発祥の地である伊勢亀山に復帰を許された。関一政 フレッシュアイペディアより)

146件中 81 - 90件表示

「犬山城」のニューストピックワード