178件中 81 - 90件表示
  • 大冒険

    大冒険から見た犬山城犬山城

    名古屋が舞台のロケーションでは当時の名古屋駅周辺の風景が登場し、国宝犬山城の天守閣でもロケーションが行われている。植木等のネイティヴの名古屋弁も登場。但し東海道新幹線名古屋駅ホームのシーンは東京駅ホームでの撮影で、車両の窓越しに丸の内駅舎が確認できる。大冒険 フレッシュアイペディアより)

  • 首なし娘事件

    首なし娘事件から見た犬山城犬山城

    ところが2月11日、犬山城にほど近い犬山橋近くの木曽川河原で、被害者の頭部が遺留品とともに発見された。頭部からは頭髪とともに頭皮がはぎ取られていたうえに眼球がえぐられ、下あごが刃物で著しく損壊されていた。首なし娘事件 フレッシュアイペディアより)

  • 関一政

    関一政から見た犬山城犬山城

    同年の関ヶ原の戦いでは、当初は西軍に属して尾張国犬山城を守備したが、後に東軍に寝返り、本戦では井伊直政隊に属して功を挙げた。戦後、この戦功が認められて関氏の故地である伊勢亀山に復帰を許された。関一政 フレッシュアイペディアより)

  • 関ヶ原の戦いの戦後処理

    関ヶ原の戦いの戦後処理から見た犬山城犬山城

    所領を安堵された武将は、大別すると徳川秀忠による信濃上田城の戦いに従軍した徳川氏譜代の大名や外様、および本戦やその前後において東軍に寝返った大名がほとんどを占める。前者は秀忠の失策が公になり、家康が大幅な加増を行うのをためらったとも考えられる。ただし程なくして従軍した大名の大半は、石高加増の恩恵にあずかっている。一方後者は小早川秀秋の寝返りに呼応したり、大垣城や犬山城を守備していたが工作によって降り、その後東軍の将として働いた大名達である。敵対の罪を帳消しにするため懸命な奉公を行って、辛うじて本領の安堵に漕ぎ着けている。関ヶ原の戦いの戦後処理 フレッシュアイペディアより)

  • 長浜城 (近江国)

    長浜城 (近江国)から見た犬山城犬山城

    現在の天守は1983年に犬山城や伏見城をモデルにし模擬復元されたもので、市立長浜城歴史博物館として運営されている。長浜城 (近江国) フレッシュアイペディアより)

  • 黒野城

    黒野城から見た犬山城犬山城

    1600年(慶長5年)、石田三成と徳川家康が対立すると加藤貞泰は西軍側の岐阜城城主織田秀信につき、竹中重門(正室は貞泰の姉)ら美濃の武将らと共に犬山城の加勢に入った。また、弟の平内を江戸の徳川家康の下に人質として差し出した。黒野城 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜城盛り上げ隊

    岐阜城盛り上げ隊から見た犬山城犬山城

    12月28日 犬山城を盛り上げ岐阜城盛り上げ隊 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤清忠

    加藤清忠から見た犬山城犬山城

    早世したため、後に弟の加藤清重が犬山城代を継いだ。加藤清忠 フレッシュアイペディアより)

  • 堂洞合戦

    堂洞合戦から見た犬山城犬山城

    信長の美濃侵攻に備え、関城長井道利、加治田城佐藤忠能、堂洞城岸信周の盟約が結ばれ(中濃三城盟約)、道利の勧めで忠能の娘八重緑を岸方の養女(人質)として結束が固められた。だが、忠能は加治田城下の住人梅村良澤を信長方の犬山に遣わし、丹羽長秀を介して内応。堂洞合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 生熊長勝

    生熊長勝から見た犬山城犬山城

    慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、西軍に与し、伏見城の戦いに参加し、その後、尾張国犬山城を守備した。戦後、所領没収の上、常陸国松岡城に幽閉されて自刃した。子孫は水戸徳川家に仕えた。生熊長勝 フレッシュアイペディアより)

178件中 81 - 90件表示

「犬山城」のニューストピックワード