前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示
  • 犬山城

    犬山城から見た成瀬正成

    前身となる砦を織田信長の叔父である信康が改修して築いたものを石川貞清(光吉)が改修し現在のような形となった。この際の建築用材は金山城の建物の一切を解体移築したという「金山越」の伝承がある。江戸時代には尾張藩の付家老が入城し、成瀬正成以来、成瀬氏9代が明治まで城主として居城とした。現存する天守が建てられた年代については天文期説、慶長期説などがあるが、現在のような姿となったのは成瀬正成が改修した1617年(元和3年)ごろである。近年まで、城主であった成瀬家が個人所有する文化財であったが、現在は財団法人に譲渡されている。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た石川貞清

    前身となる砦を織田信長の叔父である信康が改修して築いたものを石川貞清(光吉)が改修し現在のような形となった。この際の建築用材は金山城の建物の一切を解体移築したという「金山越」の伝承がある。江戸時代には尾張藩の付家老が入城し、成瀬正成以来、成瀬氏9代が明治まで城主として居城とした。現存する天守が建てられた年代については天文期説、慶長期説などがあるが、現在のような姿となったのは成瀬正成が改修した1617年(元和3年)ごろである。近年まで、城主であった成瀬家が個人所有する文化財であったが、現在は財団法人に譲渡されている。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見たロンドンブーツ1号2号

    田村淳(ロンドンブーツ1号2号)- 日本の城で犬山城が一番好きだと公言していた事がきっかけで、「犬山観光特使」となった。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た田村淳

    田村淳(ロンドンブーツ1号2号)- 日本の城で犬山城が一番好きだと公言していた事がきっかけで、「犬山観光特使」となった。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た名古屋鉄道

    交通アクセス - 名鉄犬山駅または犬山遊園駅より徒歩15分犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た織田信長

    前身となる砦を織田信長の叔父である信康が改修して築いたものを石川貞清(光吉)が改修し現在のような形となった。この際の建築用材は金山城の建物の一切を解体移築したという「金山越」の伝承がある。江戸時代には尾張藩の付家老が入城し、成瀬正成以来、成瀬氏9代が明治まで城主として居城とした。現存する天守が建てられた年代については天文期説、慶長期説などがあるが、現在のような姿となったのは成瀬正成が改修した1617年(元和3年)ごろである。近年まで、城主であった成瀬家が個人所有する文化財であったが、現在は財団法人に譲渡されている。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た池田恒興

    以後、池田恒興や織田勝長などが城主を務めた。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た織田信雄

    本能寺の変後、織田信雄の配下の中川定成が城主となる。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た斎藤道三

    1544年(天文13年) 信康が斎藤道三との戦いで戦死して子の信清が城主となる犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た三好吉房

    1584年(天正12年) かつての犬山城主・池田恒興が突如、奇襲をかけ、信雄方から奪取する。これはまもなく小牧・長久手の戦いの引き金の1つとなる。戦後は再び織田信雄の城となるが、彼の失脚後は三好吉房などが城主を務める。犬山城 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
65件中 1 - 10件表示

「犬山城」のニューストピックワード