134件中 21 - 30件表示
  • 犬山城

    犬山城から見た斎藤道三

    天文13年(1544年) - 織田信康が斎藤道三との戦い(加納口の戦い)で戦死し、子の織田信清が城主となった。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た織田敏広

    文明元年(1469年) - 犬山城の築城/応仁の乱の最中に 岩倉織田氏当主の織田敏広の弟・織田広近がこの地に砦を築いたのが始まりといわれる。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た成瀬正一 (戦国武将)

    六曲一双。長篠合戦図(左隻)と小牧長久手合戦図(右隻)の一双で構成される合戦屏風であり、左隻には、犬山藩初代藩主・成瀬正成の父である戦国武将・成瀬正一が、右隻には、初陣を飾る正成の勇姿が2箇所にわたって描き込まれている。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た徳川家康

    天正12年(1584年) - 小牧・長久手の戦いでは、信雄方と見られていた大垣城主・池田恒興が突如奇襲をかけ、信雄方から奪取する。これにより、犬山城は尾張国における西軍の橋頭堡となり、さらに羽柴秀吉は本陣を敷いて小牧山城の徳川家康と対峙した。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た織田信秀

    天文6年(1537年) - 清洲三奉行の織田信秀の弟・織田信康は居城の木ノ下城を廃し、現在の位置に城郭(乾山の砦)を造営して移った。現存する天守の2階まではこのころ造られたと考えられている。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た成瀬正肥

    1895年(明治28年) - 犬山城が、愛知県から旧犬山藩主・成瀬正肥へ、条件付き無償譲渡される/条件は修復等であった。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た加藤貞泰

    慶長5年(1600年) - 関ヶ原の戦いでは岐阜城、竹鼻城などと共に西軍の拠点となり、稲葉貞通、稲葉方通、加藤貞泰、関一政、竹中重門らが附属されたが、岐阜城が落城すると石川貞清を残して東軍に移った。一方の石川貞清は犬山城を放棄し関ヶ原に参陣し敗北したが、東軍についた木曽衆の山村良候らを犬山城で解放したことが評価され助命された。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た荻生徂徠

    尾張国と美濃国の境にあり、木曽川沿いの高さ約88メートルほどの丘に築かれた平山城である。別名の白帝城は木曽川沿いの丘上にある城の佇まいを長江流域の丘上にある白帝城を詠った李白の詩「早發白帝城」(早に白帝城を発す)にちなんで荻生徂徠が命名したと伝えられる。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た斎藤妙純

    文明7年11月(1475年12月) - 織田敏広は京都から西軍の斯波義廉と共に尾張に帰還し、東軍の斯波義敏、織田敏定(清洲織田氏)との戦いを優勢に進めたが、1497年(明応5年)に同盟関係にあった美濃守護代の斎藤妙純が近江で戦死したため、岩倉織田氏の勢力は衰退した。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た竹中重門

    慶長5年(1600年) - 関ヶ原の戦いでは岐阜城、竹鼻城などと共に西軍の拠点となり、稲葉貞通、稲葉方通、加藤貞泰、関一政、竹中重門らが附属されたが、岐阜城が落城すると石川貞清を残して東軍に移った。一方の石川貞清は犬山城を放棄し関ヶ原に参陣し敗北したが、東軍についた木曽衆の山村良候らを犬山城で解放したことが評価され助命された。犬山城 フレッシュアイペディアより)

134件中 21 - 30件表示

「犬山城」のニューストピックワード