65件中 31 - 40件表示
  • 犬山城

    犬山城から見た尾張藩

    前身となる砦を織田信長の叔父である信康が改修して築いたものを石川貞清(光吉)が改修し現在のような形となった。この際の建築用材は金山城の建物の一切を解体移築したという「金山越」の伝承がある。江戸時代には尾張藩の付家老が入城し、成瀬正成以来、成瀬氏9代が明治まで城主として居城とした。現存する天守が建てられた年代については天文期説、慶長期説などがあるが、現在のような姿となったのは成瀬正成が改修した1617年(元和3年)ごろである。近年まで、城主であった成瀬家が個人所有する文化財であったが、現在は財団法人に譲渡されている。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た財団法人

    前身となる砦を織田信長の叔父である信康が改修して築いたものを石川貞清(光吉)が改修し現在のような形となった。この際の建築用材は金山城の建物の一切を解体移築したという「金山越」の伝承がある。江戸時代には尾張藩の付家老が入城し、成瀬正成以来、成瀬氏9代が明治まで城主として居城とした。現存する天守が建てられた年代については天文期説、慶長期説などがあるが、現在のような姿となったのは成瀬正成が改修した1617年(元和3年)ごろである。近年まで、城主であった成瀬家が個人所有する文化財であったが、現在は財団法人に譲渡されている。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た

    明治の廃藩置県で廃城となり、天守を除いて・城門などほとんどが取り壊された。1891年(明治24年)の濃尾地震で天守の東南角の付櫓が壊れたため、1895年(明治28年)に城の修復を条件に旧犬山藩主成瀬正肥に無償で譲渡された。また1959年の伊勢湾台風で被害を受けたため、1961年から1965年まで解体修理を行った。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た関ヶ原の戦い

    石川貞清は関ヶ原の戦いでは西軍に属したため、まもなく没落した。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た平山城

    木曽川沿いの高さ約88メートルほどの丘に築かれた平山城である。別名、白帝城は木曽川沿いの丘上にある城の佇まいを長江流域の丘上にある白帝城を詠った李白の詩「早發白帝城」(早に白帝城を発す)にちなんで荻生徂徠が命名したと伝えられる。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た破風

    1617年(元和3年) 親吉が没した後の6年間の城主の空白期間を経て、尾張藩付家老の成瀬正成が城主になり、天守に唐破風出窓が増築される。以後徳川時代を通じて成瀬家9代の居城となった。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た文明

    1469年(文明元年) 織田広近がこの地に砦を築いたのが始まりといわれる。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た文化財

    前身となる砦を織田信長の叔父である信康が改修して築いたものを石川貞清(光吉)が改修し現在のような形となった。この際の建築用材は金山城の建物の一切を解体移築したという「金山越」の伝承がある。江戸時代には尾張藩の付家老が入城し、成瀬正成以来、成瀬氏9代が明治まで城主として居城とした。現存する天守が建てられた年代については天文期説、慶長期説などがあるが、現在のような姿となったのは成瀬正成が改修した1617年(元和3年)ごろである。近年まで、城主であった成瀬家が個人所有する文化財であったが、現在は財団法人に譲渡されている。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た奇襲

    1584年(天正12年) かつての犬山城主・池田恒興が突如、奇襲をかけ、信雄方から奪取する。これはまもなく小牧・長久手の戦いの引き金の1つとなる。戦後は再び織田信雄の城となるが、彼の失脚後は三好吉房などが城主を務める。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た石垣の積み方

    犬山城の天守は外観3重、内部は4階、地下に踊場を含む2階が付く。天守南面と西面に平屋の付櫓が付属する複合式で、入母屋2重2階の建物の上に3間×4間の望楼部を載せた望楼型天守である。地階1・2階出入口を含めて、総延面積は698.775平方メートルに達する。天守台石垣は野面積という積み方で、高さは5メートルある。天守の高さは19メートルある。犬山城 フレッシュアイペディアより)

65件中 31 - 40件表示

「犬山城」のニューストピックワード