134件中 41 - 50件表示
  • 犬山城

    犬山城から見た尾張国

    尾張国と美濃国の境にあり、木曽川沿いの高さ約88メートルほどの丘に築かれた平山城である。別名の白帝城は木曽川沿いの丘上にある城の佇まいを長江流域の丘上にある白帝城を詠った李白の詩「早發白帝城」(早に白帝城を発す)にちなんで荻生徂徠が命名したと伝えられる。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た伊勢湾台風

    1959年(昭和34年)9月27日 - 伊勢湾台風が当地を直撃し、犬山城も大きな被害を受ける。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見たカピタン

    成瀬家7代の当主正壽がオランダ商館長と親しかったことから、天守の最上階に絨毯を敷いたと伝えられ、昭和の修理で再現された。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た天守

    犬山城(いぬやまじょう)は、愛知県犬山市にあった日本の城である。現在は天守のみが現存し、江戸時代までに建造された「現存天守12城」のひとつである。また天守が国宝指定された5城のうちの一つである(他は姫路城、松本城、彦根城、松江城)。城跡は「犬山城跡」として、国の史跡に指定されている。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た文化財

    2004年(平成16年)4月1日 - 犬山城の所有者が個人から法人に変わる/犬山城は成瀬家(犬山成瀬家)の当主が城主として個人所有する物件(現代的価値では文化財)であったが、係る所有形態では保持に大変な困難を伴うことから、犬山成瀬家は個人所有を断念し、一族の中から城主に選ばれた成瀬淳子(犬山成瀬家第13代当主・成瀬正浩の妹)が、この日、財団法人犬山城白帝文庫を設立して理事長に就任し、この時をもって犬山城は法人所有となった。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た一宮市

    明治元年(新暦換算:1868年/1869年) - 犬山城の松ノ丸本丸門が、浄蓮寺(一宮市千秋町穂積塚本郷内に所在)に払い下げられ、移築されて山門として再利用される。cf. 「天守以外の遺構」節犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た織田氏

    前身となる岩倉織田氏の砦を織田信長の叔父・織田信康が改修して築いた城であり、その後、池田恒興や織田勝長が入城、豊臣政権の時に石川貞清(光吉)が改修し現在のような形となった。また、小牧・長久手の戦いや関ヶ原の戦いにおける西軍の重要拠点となった。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た公益財団法人

    江戸時代には尾張藩の付家老の平岩親吉が入城し、成瀬正成以来、成瀬氏9代が明治まで城主として居城とした。現存する天守が建てられた年代については天文期説、慶長期説などがあるが、現在のような姿となったのは成瀬正成が改修した1617年(元和3年)ごろである。2004年(平成16年)3月末日までは日本で唯一の個人所有の城であったが、同年4月1日付けで設立された財団法人犬山城白帝文庫(現在は公益財団法人)に移管されている。2006年(平成18年)4月6日には、日本100名城(43番)に選定された。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た犬山藩

    1895年(明治28年) - 犬山城が、愛知県から旧犬山藩主・成瀬正肥へ、条件付き無償譲渡される/条件は修復等であった。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た小牧・長久手の戦い

    前身となる岩倉織田氏の砦を織田信長の叔父・織田信康が改修して築いた城であり、その後、池田恒興や織田勝長が入城、豊臣政権の時に石川貞清(光吉)が改修し現在のような形となった。また、小牧・長久手の戦いや関ヶ原の戦いにおける西軍の重要拠点となった。犬山城 フレッシュアイペディアより)

134件中 41 - 50件表示

「犬山城」のニューストピックワード