65件中 51 - 60件表示
  • 犬山城

    犬山城から見た城門

    明治の廃藩置県で廃城となり、天守を除いて櫓・城門などほとんどが取り壊された。1891年(明治24年)の濃尾地震で天守の東南角の付櫓が壊れたため、1895年(明治28年)に城の修復を条件に旧犬山藩主成瀬正肥に無償で譲渡された。また1959年の伊勢湾台風で被害を受けたため、1961年から1965年まで解体修理を行った。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た犬山藩

    明治の廃藩置県で廃城となり、天守を除いて櫓・城門などほとんどが取り壊された。1891年(明治24年)の濃尾地震で天守の東南角の付櫓が壊れたため、1895年(明治28年)に城の修復を条件に旧犬山藩主成瀬正肥に無償で譲渡された。また1959年の伊勢湾台風で被害を受けたため、1961年から1965年まで解体修理を行った。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た濃尾地震

    明治の廃藩置県で廃城となり、天守を除いて櫓・城門などほとんどが取り壊された。1891年(明治24年)の濃尾地震で天守の東南角の付櫓が壊れたため、1895年(明治28年)に城の修復を条件に旧犬山藩主成瀬正肥に無償で譲渡された。また1959年の伊勢湾台風で被害を受けたため、1961年から1965年まで解体修理を行った。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た譲渡

    明治の廃藩置県で廃城となり、天守を除いて櫓・城門などほとんどが取り壊された。1891年(明治24年)の濃尾地震で天守の東南角の付櫓が壊れたため、1895年(明治28年)に城の修復を条件に旧犬山藩主成瀬正肥に無償で譲渡された。また1959年の伊勢湾台風で被害を受けたため、1961年から1965年まで解体修理を行った。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た犬山市

    犬山城(いぬやまじょう)は、愛知県犬山市にあった城である。現在は江戸時代までに建造された天守が現存する。また天守が国宝指定された4城のうちの一つである。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た失脚

    1584年(天正12年) かつての犬山城主・池田恒興が突如、奇襲をかけ、信雄方から奪取する。これはまもなく小牧・長久手の戦いの引き金の1つとなる。戦後は再び織田信雄の城となるが、彼の失脚後は三好吉房などが城主を務める。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た小牧・長久手の戦い

    1584年(天正12年) かつての犬山城主・池田恒興が突如、奇襲をかけ、信雄方から奪取する。これはまもなく小牧・長久手の戦いの引き金の1つとなる。戦後は再び織田信雄の城となるが、彼の失脚後は三好吉房などが城主を務める。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た兼山城

    前身となる砦を織田信長の叔父である信康が改修して築いたものを石川貞清(光吉)が改修し現在のような形となった。この際の建築用材は金山城の建物の一切を解体移築したという「金山越」の伝承がある。江戸時代には尾張藩の付家老が入城し、成瀬正成以来、成瀬氏9代が明治まで城主として居城とした。現存する天守が建てられた年代については天文期説、慶長期説などがあるが、現在のような姿となったのは成瀬正成が改修した1617年(元和3年)ごろである。近年まで、城主であった成瀬家が個人所有する文化財であったが、現在は財団法人に譲渡されている。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た廃城

    明治の廃藩置県で廃城となり、天守を除いて櫓・城門などほとんどが取り壊された。1891年(明治24年)の濃尾地震で天守の東南角の付櫓が壊れたため、1895年(明治28年)に城の修復を条件に旧犬山藩主成瀬正肥に無償で譲渡された。また1959年の伊勢湾台風で被害を受けたため、1961年から1965年まで解体修理を行った。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た天文

    1537年(天文6年) 織田信康は居城の木ノ下城を廃し、現在の位置に城郭(乾山の砦)を造営して移った。現存する天守の2階まではこのころ造られたと考えられている。犬山城 フレッシュアイペディアより)

65件中 51 - 60件表示

「犬山城」のニューストピックワード