1 2 3 4 5 6 7 次へ
65件中 61 - 65件表示
  • 犬山城

    犬山城から見た豊臣政権

    豊臣時代には石川貞清が城主となった。かつては、この時に美濃国金山城の天守を移築したという伝承があったが、1961年(昭和36年)の解体修理の際の調査の結果、移築の痕跡がまったく発見されなかったため、移築説は現在は否定されている。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た成瀬氏

    1617年(元和3年) 親吉が没した後の6年間の城主の空白期間を経て、尾張藩付家老の成瀬正成が城主になり、天守に唐破風出窓が増築される。以後徳川時代を通じて成瀬家9代の居城となった。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た

    犬山城(いぬやまじょう)は、愛知県犬山市にあったである。現在は江戸時代までに建造された天守が現存する。また天守が国宝指定された4城のうちの一つである。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た叔父

    前身となる砦を織田信長の叔父である信康が改修して築いたものを石川貞清(光吉)が改修し現在のような形となった。この際の建築用材は金山城の建物の一切を解体移築したという「金山越」の伝承がある。江戸時代には尾張藩の付家老が入城し、成瀬正成以来、成瀬氏9代が明治まで城主として居城とした。現存する天守が建てられた年代については天文期説、慶長期説などがあるが、現在のような姿となったのは成瀬正成が改修した1617年(元和3年)ごろである。近年まで、城主であった成瀬家が個人所有する文化財であったが、現在は財団法人に譲渡されている。犬山城 フレッシュアイペディアより)

  • 犬山城

    犬山城から見た愛知県

    犬山城(いぬやまじょう)は、愛知県犬山市にあった城である。現在は江戸時代までに建造された天守が現存する。また天守が国宝指定された4城のうちの一つである。犬山城 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
65件中 61 - 65件表示

「犬山城」のニューストピックワード