狂言 ニュース&Wiki etc.

狂言(きょうげん)は、能と同様に猿楽から発展した伝統芸能で、猿楽の滑稽味を洗練させた笑劇。明治時代以降は、能・式三番と併せて能楽と呼ぶことがある。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「狂言」のつながり調べ

  • 祝重正

    祝重正から見た狂言

    天正10年(1582年)に本能寺の変で信長が死亡した後には、信長の次男・信雄に仕え、尾張稲葉に550貫文を知行していた。信雄没落後に豊臣秀吉に仕えたらしく、『太閤記』では文禄2年(1593年)4月9日条にある名護屋城での能楽会で、重正が狂言を演じる姿が記されている。また文禄・慶長の役に同行した御伽衆の中にも名がある。(祝重正 フレッシュアイペディアより)

  • 舞事

    舞事から見た狂言

    舞事(まいごと)とは、能楽において、主として一曲の能や狂言の後半部分にシテ、ツレ、ワキが囃子のみによって演じる抽象的な所作(舞)をいう。(舞事 フレッシュアイペディアより)

「狂言」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「狂言」のニューストピックワード

  • あの人じゃなくてよかった

  • 野村は、人間国宝・二世野村萬作を父に持つ、重要無形文化財総合認定保持者。

  • 日中平和友好条約締結40周年