前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
442件中 1 - 10件表示
  • 三宅右近

    三宅右近から見た狂言狂言

    三宅 右近(みやけ うこん、本名・同じ、1941年(昭和16年)4月6日 - ) は、狂言方和泉流の能楽師。三宅右近 フレッシュアイペディアより)

  • 手話劇

    手話劇から見た狂言狂言

    以後、高校演劇コンクールでも、国内の聾学校生徒たちの参加が増え、狂言などが当初よく取り上げられた。今日では、演技もせりふの表現もさまざまな工夫が増えている。成人の聾者の劇団としては、健常者とともにやっているもので、「デフ・パペットシアター・ひとみ」が有名。聾者と健常者に加えて、人形も使って多彩な舞台を演出している。手話劇 フレッシュアイペディアより)

  • 居杭

    居杭から見た狂言狂言

    『居杭』(いぐい、井杭)は、狂言の演目の一つである。「小名狂言」、あるいは「雑狂言」(大蔵流では「集狂言」)に分類される。題名は主人公の名と同一であるが表記が流派によって異なり、大蔵流では『居杭』、和泉流では『井杭』である。居杭(井杭)という人物が、清水寺の観音様に「隠れ頭巾」を授かり、姿を消して周囲の人々を翻弄する話である。居杭 フレッシュアイペディアより)

  • おかめ

    おかめから見た狂言狂言

    おかめは、古くから存在する日本の面(仮面)の一つである。丸顔、鼻が低く丸く、頭が小さく、垂髪、頬が丸く豊かに張り出した(頬高)特徴をもつ女性の仮面であり、同様の特徴を持つ女性の顔についてもそう呼ぶ。お亀、阿亀(おかめ)とも書き、お多福、阿多福(おたふく)、文楽人形ではお福(おふく)、狂言面では乙御前(おとごぜ)あるいは乙(おと)ともいう。阿亀蕎麦(おかめそば)等、「おかめ」を冠したものの略称でもある。おかめ フレッシュアイペディアより)

  • 末広がり (狂言)

    末広がり (狂言)から見た狂言狂言

    『末広がり』(すえひろがり)とは、狂言の曲目のひとつ。ただし現行の狂言の流派では『末広かり』、また大蔵流山本東次郎家では『末広』と書くがいずれも「すえひろがり」と読む。脇狂言を代表する祝言曲目で、傘を「末広」(扇)と称して売りつける「すっぱ」(詐欺師)と、それに騙される太郎冠者のやり取りを演じる。末広がり (狂言) フレッシュアイペディアより)

  • 散楽

    散楽から見た狂言狂言

    とはいえ宮中で全く演じられなくなったわけではない。平安時代になると、宴席で余興的に行われるようになった。例えば『日本三代実録』によると、承和3年(837年)に仁明天皇が、弄玉、弄刀(今で言うジャグリングのような曲芸)の散楽を演じさせたとの記録がある。他にも『日本三代実録』には、御霊会などの余興として散楽が演じられたとする記述があって注目されるが、中でも元慶4年(880年)に相撲節会の余興として演じられた散楽は、演者がほとんど馬鹿者のようで、人々を大いに笑わせたとある。当時の散楽師が曲芸だけでなく、今の狂言に通じる滑稽物真似的な芸もしていたことが窺える貴重な記録である。散楽 フレッシュアイペディアより)

  • 山本東次郎

    山本東次郎から見た狂言狂言

    山本 東次郎(やまもと とうじろう)は、能楽狂言方大蔵流の名跡。山本東次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 釣狐

    釣狐から見た狂言狂言

    釣狐(つりぎつね)は狂言の演目。鷺流での名称は「吼噦(こんかい)」。集狂言に分類される。釣狐 フレッシュアイペディアより)

  • 野村万禄

    野村万禄から見た狂言狂言

    2000年に、狂言和泉流野村万蔵家の別家である「野村万禄家」を50年ぶりに再興。二世野村万禄を襲名。野村万禄 フレッシュアイペディアより)

  • 岡村柿紅

    岡村柿紅から見た狂言狂言

    岡村 柿紅(おかむら しこう、1881年(明治14年)9月14日 - 1925年(大正14年)5月6日)は日本の劇作家・劇評家。狂言をもとにした歌舞伎舞踊の作品「身替座禅」「棒しばり」等は今日でもよく上演される。1915年以降、市村座の運営に関わった。岡村柿紅 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
442件中 1 - 10件表示

「狂言」のニューストピックワード