前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
353件中 1 - 10件表示
  • 三宅右近

    三宅右近から見た狂言狂言

    三宅 右近(みやけ うこん、本名・同じ、1941年(昭和16年)4月6日 - ) は、狂言方和泉流の能楽師。三宅右近 フレッシュアイペディアより)

  • 手話劇

    手話劇から見た狂言狂言

    以後、高校演劇コンクールでも、国内の聾学校生徒たちの参加が増え、狂言などが当初よく取り上げられた。今日では、演技もせりふの表現もさまざまな工夫が増えている。成人の聾者の劇団としては、健常者とともにやっているもので、「デフ・パペットシアター・ひとみ」が有名。聾者と健常者に加えて、人形も使って多彩な舞台を演出している。手話劇 フレッシュアイペディアより)

  • 居杭

    居杭から見た狂言狂言

    『居杭』、または『井杭』(いぐい)は、狂言の演目の一つである。「小名狂言」、あるいは「雑狂言」(大蔵流では「集狂言」)に分類される。題名は主人公の名と同一であるが表記が流派によって異なり、大蔵流では『居杭』、和泉流では『井杭』である。居杭(井杭)という人物が、清水寺の観音様に「隠れ頭巾」を授かり、姿を消して周囲の人々を翻弄する話である。居杭 フレッシュアイペディアより)

  • おかめ

    おかめから見た狂言狂言

    おかめは、古くから存在する日本の面(仮面)の一つである。丸顔、鼻が低く、額は広く、頬が丸く豊かに張り出した(頬高)特徴をもつ女性の仮面であり、同様の特徴を持つ女性の顔についてもそう呼ぶ。お亀、阿亀(おかめ)とも書き、お多福、阿多福(おたふく)、文楽人形ではお福(おふく)、狂言面では乙御前(おとごぜ)あるいは乙(おと)ともいう。阿亀蕎麦(おかめそば)等、「おかめ」を冠したものの略称でもある。おかめ フレッシュアイペディアより)

  • 大向う

    大向うから見た狂言狂言

    タイミング:狂言によってさまざまなポイントがあるが、「面張り(とくに揚幕)」「引っ込み」「見得(ツケが入る)」「幕切れの柝頭」にかけるのが一般的である。原則として舞台が無音のときに掛ける。大向う フレッシュアイペディアより)

  • 山本東次郎

    山本東次郎から見た狂言狂言

    山本 東次郎(やまもと とうじろう)は、能楽狂言方大蔵流の名跡。山本東次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 野村万蔵 (7世)

    野村万蔵 (7世)から見た狂言狂言

    野村 萬(のむら まん、1930年(昭和5年)1月10日 - )は、日本の狂言方和泉流能楽師。公益社団法人日本芸能実演家団体協議会会長、公益社団法人能楽協会理事長、日本芸術院会員。本名は野村 太良(のむら たろう)。旧名に四世 野村 万之丞(よんせい のむら まんのじょう)、七世 野村 万蔵(しちせい のむら まんぞう)。野村万蔵 (7世) フレッシュアイペディアより)

  • 野村又三郎

    野村又三郎から見た狂言狂言

    野村又三郎(のむら またさぶろう)は、和泉流狂言方能楽師野村又三郎家の名跡。野村又三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野信夫

    宇野信夫から見た狂言狂言

    宇野 信夫(うの のぶお、1904年7月7日 - 1991年10月28日)は、日本の劇作家、作家、歌舞伎作者、狂言作者。宇野信夫 フレッシュアイペディアより)

  • 和泉 元彌

    和泉元彌から見た狂言狂言

    和泉 元彌(いずみ もとや、本名:山脇 元彌(やまわき もとひさ)、1974年(昭和49年)6月4日 - )は、「能楽狂言方和泉流二十世宗家」を名乗る狂言師。和泉元彌 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
353件中 1 - 10件表示

「狂言」のニューストピックワード