442件中 91 - 100件表示
  • 福の神

    福の神から見た狂言狂言

    福の神(ふくのかみ)は狂言の演目のひとつ。派手な衣装に身を纏った福の神のその出で立ちと世俗的、庶民的な性格とのギャップを楽しむ祝言。福の神 フレッシュアイペディアより)

  • 親子茶屋

    親子茶屋から見た狂言狂言

    「狐釣り」は「目ん無い千鳥」とも呼ばれ、落語の『百年目』『天神山』、歌舞伎の『仮名手本忠臣蔵』のうち「七段目」にも登場する。『釣ろよ釣ろよ』は狂言の『釣針』、歌舞伎の『釣女』にも登場する。親子茶屋 フレッシュアイペディアより)

  • 島村俊廣

    島村俊廣から見た狂言狂言

    1977年の天元戦では決勝5番勝負で苑田勇一に3-1で勝って優勝し、この時の65歳は、当時のタイトル獲得最高年齢の記録となった。1982年の名人戦リーグで坂田栄男との対局中に脳出血で倒れ、翌年引退。1991年没。日本棋院中部会館で行われた「島村俊廣先生追善囲碁の会」には400人のファンが集まり、狂言「碁泥」上演、橋本宇太郎と藤沢秀行の公開早碁などが行われた。島村俊廣 フレッシュアイペディアより)

  • A・L・サドラー

    A・L・サドラーから見た狂言狂言

    Japanese Plays: Classic Noh, Kyogen and Kabuki Works Sydney, Angus & Robertson, limited, 1934. (日本の劇、能、狂言、歌舞伎)A・L・サドラー フレッシュアイペディアより)

  • 三宅藤九郎

    三宅藤九郎から見た狂言狂言

    三宅藤九郎(みやけ とうくろう)は、能楽狂言方の名跡の一つ。三宅藤九郎 フレッシュアイペディアより)

  • 山脇和泉家

    山脇和泉家から見た狂言狂言

    山脇和泉家(やまわきいずみけ)は、能楽狂言方和泉流の宗家。山脇和泉家 フレッシュアイペディアより)

  • 干物箱

    干物箱から見た狂言狂言

    『代役を立て、監視者の目を逃れる』というアイディアは古くからあったようで、狂言の『花子』やそれを歌舞伎化した『身替座禅』などにも登場している。干物箱 フレッシュアイペディアより)

  • 代々木能舞台

    代々木能舞台から見た狂言狂言

    能・狂言・日本舞踊など各種日本伝統芸能の公演や発表会、各種後援会や展示会などに利用できる、本格的能舞台。規模は座布団敷きで約160席。代々木能舞台 フレッシュアイペディアより)

  • 算置

    算置から見た狂言狂言

    算置・算置き(さんおき)は、中世・近世(12世紀 - 19世紀)の日本に存在した占いの手法であり、およびそれを行う者とその職能である。陰陽師・易博士に比して、占師としては下層であり、街頭で声を上げて客を引き、算木を使用して占いを行った一種の芸能者である。。占屋算(うらやさん)、占い算(うらないさん)、占置(うらおき)、見通(みとおし)ともいう。能狂言『居杭』の登場人物(アド)「算置」(さんのき)として知られる。算置 フレッシュアイペディアより)

  • 山本安英

    山本安英から見た狂言狂言

    1979年新劇だけでなく、能、狂言、歌舞伎その他諸ジャンルが対等に力を合わせなければ成り立たない木下順二作:群読劇「子午線の祀り」が発表され、山本は「家を抵当に入れても上演させてみせますよ」と意気込み、ジャンルを越えた出演者が源氏と平家両軍を物語るもので、新劇と、かつて旧劇と批判した日本の伝統芸能との融合を目指す試みである。現実と超現実をつなぐ影身の内侍を演じ、第五次公演157回まで出演した。1992年1月2月銀座セゾン劇場で上演された「子午線の祭り」第五次公演が最後の舞台となった。日本語の美しい発音にこだわった一人である。美内すずえの大河少女漫画「ガラスの仮面」の登場人物・月影千草は山本安英をモデルにしたと言われている。1993年(平成5年)10月20日急性呼吸不全のため東京都文京区千駄木の自宅で死去。享年92(満90歳)死後、山本安英の会記念基金運営委員会によって、山本安英の会記念基金助成賞「山本安英賞」が創設された。山本安英 フレッシュアイペディアより)

442件中 91 - 100件表示

「狂言」のニューストピックワード