353件中 91 - 100件表示
  • 皆川達夫

    皆川達夫から見た狂言狂言

    1944年、4年修了(飛び級)で旧制東京都立高等学校高等科(東京都立大学の前身)に入学。ここでは能楽研究会を作り、謡曲や狂言に傾倒した。学徒出陣を嫌って医学部を志望し、文科から理科乙類(ドイツ語クラス)に転じ、多湖輝や詫摩武俊や増田通二と同級になる。皆川達夫 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯達夫

    佐伯達夫から見た狂言狂言

    家系は青木姓を名乗る長州藩の下級武士だったが、父が絶家となっていた広島浅野家で能狂言を教えていた佐伯家を継ぎ、廃藩置県のあと一家で神戸に出て達夫が生まれた。大阪に移ったのは生後3ヶ月後。旧制市岡中学校時代には既に野球の名選手として知られていた。後に早稲田大学へ入学するが、当時は早慶戦が中断されていた時の在学であったため、慶應義塾大学と対戦できないという悲哀を味わっている。佐伯達夫 フレッシュアイペディアより)

  • マキノ家

    マキノ家から見た狂言狂言

    + 四代目 沢村国太郎 - 智子の夫、歌舞伎狂言作家・竹芝伝蔵の子、俳優マキノ家 フレッシュアイペディアより)

  • 岡村柿紅

    岡村柿紅から見た狂言狂言

    作品には、狂言の舞踊劇化や古典の翻案などが多い。次項記載のほか、『閻魔王』・『笹本家』・『秋色桜』・『よしや男丹前姿』・『伊達尽忠録』・『花見座頭』・『こんくわい』などを書いた。岡村柿紅 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋をどり

    名古屋をどりから見た狂言狂言

    昼夜の狂言立て(番組の順番のこと)と上演時間を見直し、昼の部を12時開演、夜の部を18時開演にする。名古屋をどり フレッシュアイペディアより)

  • 七つ面

    七つ面から見た狂言狂言

    …と、だいたい以上のような内容を記しているが、実は上の五つの面とは作り物の面ではなく、海老蔵自身が演じていたものだったというのである。つまり、おそらくは面箱の裏側から穴を開け、そこから顔だけを出して表情を作り、鬘や眉を付けたり、般若なら頭に角を付けるなどして面に化けるという趣向で、面が都鳥の一巻をくわえたというのも、役者自身が面に扮していたからであった。この面の趣向について『中古戯場説』は、「実の面と見え、みなみな我を折たり」「凄い程よく似たりし」との評判だったと伝えているが、これは海老蔵が宝生流の能役者のもとを訪れたとき、そこに所蔵していた色々の能面を見せられて思いついたものだという。上の五つの面は、いずれも能狂言で使われるものである。七つ面 フレッシュアイペディアより)

  • 水口

    水口から見た狂言狂言

    元は田に水を取り入れる口を「みなくち」と言ったが、後に「みずぐち」とも言うようになったようである。狂言「水掛聟」には「もはや一面に行き渡った。また水口を留めよう。」と用いられているが、ここでは「みなくち」と口伝されている。水口 フレッシュアイペディアより)

  • 八ヶ岳高原海ノ口自然郷

    八ヶ岳高原海ノ口自然郷から見た狂言狂言

    八ヶ岳高原音楽堂はこの八ヶ岳高原ロッジのロビーで始まったサロンコンサートの延長で1988年にピアニスト・スヴャトスラフ・リヒテルと武満徹をアドバイザーに迎え、本格的なコンサート会場の誕生となった。スメタナ弦楽四重奏団、黒沼ユリ子、武満徹などの音楽家がこの八ヶ岳の自然に囲まれながら演奏し、近年では野村万作の狂言等、クラシック音楽以外の公演も行われている。八ヶ岳高原海ノ口自然郷 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤鶴夫

    安藤鶴夫から見た狂言狂言

    日本の伝統芸能に関心を持つ若者を良い芸を紹介しようという意識は強く、写真家の金子桂三は他人に書庫を見せない安藤に伝統芸能関連の書籍を貸してもらい、のちに文楽や能・狂言の撮影を手掛けるきっかけになった。永六輔は人間国宝である豊竹山城少掾の浄瑠璃を見せられて当時は浄瑠璃そのものの良さが理解できず、正直に理解できないと言ったところ怒った安藤に君は日本人ではないと言われ、後日安藤からわざわざ中国語に翻訳させた永を叱る手紙が届いた。以降「えい君」と呼んでもらえず冗談交じりに「ヨン君」と中国語風に呼ばれて安藤の逝去まで続いた。厳しい演芸評論の一面ユーモラスな面も持ち合わせていた。安藤鶴夫 フレッシュアイペディアより)

  • 式三番

    式三番から見た狂言狂言

    式三番(しき-さん-ばん)とは、能・狂言とならんで能楽を構成する特殊な芸能の一つ。能楽の演目から転じて、歌舞伎舞踊や日本舞踊にも取入れられているほか、各地の郷土芸能・神事としても保存されており、極めて大きな広がりを持つ芸能である。なお、現代の能楽師たちはこの芸能を、その文化を共有する人たちにだけ通じる言葉、いわゆる符牒として「翁」「神歌」(素謡のとき)と呼んでおり、「式三番」と呼ぶことは殆ど無い。式三番 フレッシュアイペディアより)

353件中 91 - 100件表示

「狂言」のニューストピックワード