442件中 11 - 20件表示
  • 大向う

    大向うから見た狂言狂言

    タイミング:狂言によってさまざまなポイントがあるが、「面張り(とくに揚幕)」「引っ込み」「見得(ツケが入る)」「幕切れの柝頭」にかけるのが一般的である。原則として舞台が無音のときに掛ける。大向う フレッシュアイペディアより)

  • 大垣祭

    大垣祭から見た狂言狂言

    能からくりの合間の狂言からくりとして仕立てられた?である。大垣祭 フレッシュアイペディアより)

  • 近代能楽集

    近代能楽集から見た狂言狂言

    なお、番外編として、1957年(昭和32年)に企画されたニューヨーク上演用に、『卒塔婆小町』『葵上』『班女』の3曲を繋ぐ場面を新たに創作し、構成・加筆して統一的な芝居にした『Long After Love』(邦題:恋を求めて幾年月)という3幕物の戯曲もある。タイトルは、〈恋のずっと後〉と〈恋を慕う〉という二つの意味を兼ねてつけられ、前者の意味は『卒塔婆小町』にあり、後者の意味は『葵上』と『班女』にある。また、『葵上』と『卒塔婆小町』の間にはさむものとして、狂言『附子』をアレンジした『附子(ぶす)』もある。この2曲は1957年(昭和32年)10月に創作された。近代能楽集 フレッシュアイペディアより)

  • 組踊

    組踊から見た狂言狂言

    組踊(くみおどり)とは、琉球王国時代の沖縄で向受祐・玉城親方朝薫が創始した琉球の歌舞劇である。組踊は、能楽・狂言・歌舞伎・京劇・崑劇・福建省に伝わる閩劇などの影響を受け創作されたといわれ、中国や日本の故事、琉球の民話を題材に琉球舞踊や琉球古典音楽を基礎として発展した歌舞劇。2010年にユネスコ無形文化遺産リストに登録された。組踊 フレッシュアイペディアより)

  • 宇野信夫

    宇野信夫から見た狂言狂言

    宇野 信夫(うの のぶお、1904年7月7日 - 1991年10月28日)は、日本の劇作家、作家、歌舞伎作者、狂言作者。宇野信夫 フレッシュアイペディアより)

  • 素襖

    素襖から見た狂言狂言

    現在では祭礼時に奉仕者が着用していたり、能や狂言の舞台衣装として簡略化された物を見ることができる。素襖 フレッシュアイペディアより)

  • 野村万蔵 (7世)

    野村万蔵 (7世)から見た狂言狂言

    野村 萬(のむら まん、1930年(昭和5年)1月10日 - )は、日本の狂言方和泉流能楽師。公益社団法人日本芸能実演家団体協議会会長、公益社団法人能楽協会理事長、日本芸術院会員。本名は野村 太良(のむら たろう)。旧名に四世 野村 万之丞(よんせい のむら まんのじょう)、七世 野村 万蔵(しちせい のむら まんぞう)。野村万蔵 (7世) フレッシュアイペディアより)

  • にほんごであそぼ

    にほんごであそぼから見た狂言狂言

    日本の伝統芸能の紹介や、方言による詩の朗読などもしており、落語『寿限無』や、戯曲『まちがいの狂言』からの「ややこしや」の一節が、子どもたちのあいだで流行したこともある。その人気もあってか、子どもだけでなく、幅広い年齢層で話題になった。「ややこしや」の一節は2008年、お笑い芸人のなだぎ武(ザ・プラン9)のギャグのネタのBGMにも使われた。にほんごであそぼ フレッシュアイペディアより)

  • お家騒動

    お家騒動から見た狂言狂言

    江戸時代の大名家では、藩主やその一族、家老などの一団の領袖となりうる立場の人間が派閥を作りあげて内紛を繰り広げた例が数多くあった。そのような事象が脚色されて、歌舞伎・狂言の御家物と呼ばれる様式の題材となって伝わったり、講談を通じて広まったことにより、お家騒動として江戸の庶民に知られるようになる。そのために演目とすることがはばかられた将軍家や、内訌の規模が小さい旗本や商家、農家におけるもめごとはお家騒動とは認知されていなかった。お家騒動 フレッシュアイペディアより)

  • 附子

    附子から見た狂言狂言

    『附子』(ぶす)とは、狂言の曲目の一つ。小名狂言に分類される。附子 フレッシュアイペディアより)

442件中 11 - 20件表示

「狂言」のニューストピックワード