353件中 11 - 20件表示
  • 室町時代

    室町時代から見た狂言狂言

    足利義満の保護を受けた観阿弥・世阿弥元清の親子が鎌倉時代から行われていた猿楽・田楽を能楽として大成させる。世阿弥は「風姿花伝」で芸道論を著す。対話劇である狂言も成立。室町時代 フレッシュアイペディアより)

  • 大垣祭

    大垣祭から見た狂言狂言

    能からくりの合間の狂言からくりとして仕立てられた?である。大垣祭 フレッシュアイペディアより)

  • 組踊

    組踊から見た狂言狂言

    組踊(くみおどり)とは、琉球王国時代の沖縄で向受祐・玉城親方朝薫が創始した、踊念仏・能・狂言をアレンジして発展した芸能の一種。2010年にユネスコ無形文化遺産リストに登録された。組踊 フレッシュアイペディアより)

  • 柿山伏

    柿山伏から見た狂言狂言

    柿山伏(かきやまぶし) は日本の古典芸能である狂言のうちのひとつ。『本狂言』のうちの『鬼山伏狂言』に分類される。柿山伏 フレッシュアイペディアより)

  • にほんごであそぼ

    にほんごであそぼから見た狂言狂言

    日本の伝統芸能の紹介や、方言による詩の朗読などもしており、落語『寿限無』や、戯曲『まちがいの狂言』からの「ややこしや」の一節が、子どもたちのあいだで流行したこともある。その人気もあってか、子どもだけでなく、幅広い年齢層で話題になった。「ややこしや」の一節は2008年、お笑い芸人のなだぎ武(ザ・プラン9)のギャグのネタのBGMにも使われ、これが切っ掛けとなって携帯電話の着うたでも人気を集めた。にほんごであそぼ フレッシュアイペディアより)

  • 京極夏彦

    京極夏彦から見た狂言狂言

    狂言 『新・死神』 茂山千五郎家京極夏彦 フレッシュアイペディアより)

  • 南原 清隆

    南原清隆から見た狂言狂言

    お笑い芸人として活動する傍ら、スポーツキャスターや記者としても活躍。また落語や狂言などの古典芸能の舞台にも出演している。南原清隆 フレッシュアイペディアより)

  • サル

    サルから見た狂言狂言

    日本では古来サルは日枝神社(比叡山)の使い番とされている。狂言にはサルの登場する作品がいくつかあり(『靫猿』など)、狂言師は子供のころにこの『靫猿』のサル役で初舞台を踏むという。また江戸の山王祭・神田祭では南伝馬町(現京橋一〜三丁目)が、烏帽子狩衣姿で御幣を持つ猿の人形を飾った「幣猿の吹貫の山車」を祭礼に出していた。この御幣を持つ猿は山王・神田以外の祭礼の山車にも取り入れられている。サル フレッシュアイペディアより)

  • 着ぐるみ

    着ぐるみから見た狂言狂言

    こういった「全身被り物」キャラクターは、上述したように歌舞伎や狂言に祖を求めることもできるが、「特撮映画」においては、特撮映画の金字塔である「ゴジラ」シリーズ(東宝)が、主役怪獣の表現に縫いぐるみを多用していたため、「日本における特撮怪獣=縫いぐるみ」という図式ができあがったと言われる。着ぐるみ フレッシュアイペディアより)

  • 中村吉右衛門 (2代目)

    中村吉右衛門 (2代目)から見た狂言狂言

    堂々たる体躯、陰影に富む演技をもって歌舞伎立役の第一人者として活躍。義太夫狂言、時代物、世話物から新歌舞伎、喜劇にいたるまで全てのジャンルで高い評価を得ている。中村吉右衛門 (2代目) フレッシュアイペディアより)

353件中 11 - 20件表示

「狂言」のニューストピックワード