442件中 21 - 30件表示
  • 柿山伏

    柿山伏から見た狂言狂言

    柿山伏(かきやまぶし) は日本の古典芸能である狂言のうちのひとつ。『本狂言』のうちの『鬼山伏狂言』に分類される。柿山伏 フレッシュアイペディアより)

  • 着ぐるみ

    着ぐるみから見た狂言狂言

    こういった「全身被り物」キャラクターは、上述したように歌舞伎や狂言に祖を求めることもできるが、「特撮映画」においては、特撮映画の金字塔である「ゴジラ」シリーズ(東宝)が、主役怪獣の表現に縫いぐるみを多用していたため、「日本における特撮怪獣=縫いぐるみ」という図式ができあがったと言われる。着ぐるみ フレッシュアイペディアより)

  • 野村又三郎

    野村又三郎から見た狂言狂言

    野村又三郎(のむら またさぶろう)は、和泉流狂言方能楽師野村又三郎家の名跡。野村又三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中村吉右衛門 (2代目)

    中村吉右衛門 (2代目)から見た狂言狂言

    堂々たる体躯、陰影に富む演技をもって歌舞伎立役の第一人者として活躍。義太夫狂言、時代物、世話物から新歌舞伎、喜劇にいたるまで全てのジャンルで高い評価を得ている。中村吉右衛門 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 小佐田定雄

    小佐田定雄から見た狂言狂言

    小佐田 定雄(おさだ さだお、1952年2月26日 - )は、日本の演芸研究家、演芸作家、落語作家、狂言作家。関西演芸作家協会会員。本名、中平定雄。大阪府大阪市生まれ。1974年に関西学院大学法学部卒業。妻は、弟子のくまざわあかね。小佐田定雄 フレッシュアイペディアより)

  • 桃山文化

    桃山文化から見た狂言狂言

    庶民の娯楽としては、従来の能楽に加え、17世紀初め、出雲大社の巫女とも伝えられる出雲阿国が京都ではじめたかぶき踊りがある。彼女は、天正以来「ややこ踊り」で注目されていた女性芸能者であったが、念仏踊りや茶屋遊びなど簡単な狂言をおこなったうえで、官能的な要素を採り入れたかぶき踊りでしめくくるという斬新な演出をほどこして一連の歌舞を発表し、大評判となった。これが阿国歌舞伎であり、やがてこれが多くの追随者を生んで女歌舞伎が流行した。「かぶき」は、本来「傾(かぶ)く」という語から派生した言葉であり、異様な姿で歩きまわる者を称して当時は「かぶき者」といった。徳川黎明館所蔵の『歌舞伎図巻』には、男装して首にクルスをかけ、「かぶき者」に扮した「采女」が茶屋の女と戯れる寸劇が描かれている。桃山文化 フレッシュアイペディアより)

  • 和泉 元彌

    和泉元彌から見た狂言狂言

    和泉 元彌(いずみ もとや、本名:山脇 元彌(やまわき もとひさ)、1974年(昭和49年)6月4日 - )は、「能楽狂言方和泉流二十世宗家」を自称する狂言師、俳優。尚美学園大学講師を勤める。和泉元彌 フレッシュアイペディアより)

  • 浜松歌国

    浜松歌国から見た狂言狂言

    当初金沢竜玉等と歌舞伎、狂言の脚本を手がけたが、後に読本に移行した。浜松歌国 フレッシュアイペディアより)

  • サル

    サルから見た狂言狂言

    日本では古来サルは日枝神社(比叡山)の使い番とされている。狂言にはサルの登場する作品がいくつかあり(『靱猿』など)、狂言師は子供のころにこの『靱猿』のサル役で初舞台を踏むという。また江戸の山王祭・神田祭では南伝馬町(現京橋一〜三丁目)が、烏帽子狩衣姿で御幣を持つ猿の人形を飾った「幣猿の吹貫の山車」を祭礼に出していた。この御幣を持つ猿は山王・神田以外の祭礼の山車にも取り入れられている。サル フレッシュアイペディアより)

  • 京極夏彦

    京極夏彦から見た狂言狂言

    狂言 『新・死神』 茂山千五郎家京極夏彦 フレッシュアイペディアより)

442件中 21 - 30件表示

「狂言」のニューストピックワード