353件中 21 - 30件表示
  • 附子

    附子から見た狂言狂言

    附子(ぶす)とは、狂言の演目の一つ。小名狂言に分類される。附子 フレッシュアイペディアより)

  • 大原女

    大原女から見た狂言狂言

    京都の風物詩として著名で、「東北院職人尽歌合」や「七十一番職人歌合」など中世の職人歌合において記され、狂言・舞踏にも登場する。大原女 フレッシュアイペディアより)

  • しなやかに傷ついて

    しなやかに傷ついてから見た狂言狂言

    しかし、修学旅行で訪れた京都。学習の一環と、狂言を観ることになっていた生徒たち。そして、亜依の前に現れたのは秋だった。秋は将来を期待される若き狂言師だったのだ。しなやかに傷ついて フレッシュアイペディアより)

  • 髭櫓

    髭櫓から見た狂言狂言

    髭櫓(ひげやぐら)は狂言の演目。髭をたくわえた男がそれを巡って女房連合軍と戦うという奇抜な話。髭櫓 フレッシュアイペディアより)

  • 千鳥 (狂言)

    千鳥 (狂言)から見た狂言狂言

    千鳥(ちどり)は狂言の演目のひとつ。酒屋から酒をただで手に入れようと画策する太郎冠者と、それをさせまいとする酒屋の主人のやり取りを謡ったもの。千鳥 (狂言) フレッシュアイペディアより)

  • 寿曽我対面

    寿曽我対面から見た狂言狂言

    寿曽我対面(ことぶき そがのたいめん、正字体:壽曾我對面)は歌舞伎狂言の演目。『吉例寿曽我』とも、また略して『曽我の対面』『対面』とも通称される。一幕の時代物。初演は延宝4年正月(1676年2月)、江戸中村座。寿曽我対面 フレッシュアイペディアより)

  • 都々古別神社の御田植

    都々古別神社の御田植から見た狂言狂言

    年の始めなどに、あらかじめ稲作過程を模擬的に演じて、豊作を祈願する芸能は、田遊びや御田などとも呼ばれ、各地に伝承されている。この御田植は、神楽などとともに、せりふや所作で時に滑稽に稲作の作業過程を演じるもので、狂言をうかがわせる演じ方など、芸能の変遷過程や地域的特色を示している。都々古別神社の御田植 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼来迎

    鬼来迎から見た狂言狂言

    鬼来迎(きらいごう、または鬼舞ともいわれる)は、千葉県山武郡横芝光町虫生の広済寺に伝わる、地獄の様相と菩薩の救いを仮面狂言にした日本唯一の民俗芸能である。1975年(昭和50年)の文化財保護法の改正によって制定された重要無形民俗文化財の第1回の指定を受けた。鬼来迎 フレッシュアイペディアより)

  • 花伝書

    花伝書から見た狂言狂言

    長らく世阿弥真撰の書と信じられていたこともあって、江戸期には高い権威を認められていた。その影響は能のみならず、狂言・浄瑠璃の芸論にも及んでいる。明治時代に入って世阿弥伝書の発見が相次ぐとほとんど顧みられなくなったが、現在ではむしろ、中世後期から近世初期にかけての演能技法を知るための資料として高い価値を持つ。花伝書 フレッシュアイペディアより)

  • 末広がり (狂言)

    末広がり (狂言)から見た狂言狂言

    末広がり(すえひろがり)は狂言の演目のひとつ。脇狂言を代表する祝言曲目で、傘を末広がりとして売りつける詐欺師と、それに騙される太郎冠者のやり取りを演じる。末広がり(末広)とは本来銀杏の葉のような扇(中啓)を指す。末広がり (狂言) フレッシュアイペディアより)

353件中 21 - 30件表示

「狂言」のニューストピックワード