442件中 31 - 40件表示
  • 室町時代

    室町時代から見た狂言狂言

    足利義満の保護を受けた観阿弥・世阿弥元清の親子が鎌倉時代から行われていた猿楽・田楽を能楽として大成させる。世阿弥は「風姿花伝」で芸道論を著す。対話劇である狂言も成立した。室町時代 フレッシュアイペディアより)

  • 南原 清隆

    南原清隆から見た狂言狂言

    お笑い芸人として活動する傍ら、スポーツキャスターや記者としても活動。また落語や狂言などの古典芸能の舞台にも出演している。南原清隆 フレッシュアイペディアより)

  • 都々古別神社の御田植

    都々古別神社の御田植から見た狂言狂言

    年の始めなどに、あらかじめ稲作過程を模擬的に演じて、豊作を祈願する芸能は、田遊びや御田などとも呼ばれ、各地に伝承されている。この御田植は、神楽などとともに、せりふや所作で時に滑稽に稲作の作業過程を演じるもので、狂言をうかがわせる演じ方など、芸能の変遷過程や地域的特色を示している。都々古別神社の御田植 フレッシュアイペディアより)

  • 花伝書

    花伝書から見た狂言狂言

    長らく世阿弥真撰の書と信じられていたこともあって、江戸期には高い権威を認められていた。その影響は能のみならず、狂言・浄瑠璃の芸論にも及んでいる。明治時代に入って世阿弥伝書の発見が相次ぐとほとんど顧みられなくなったが、現在ではむしろ、中世後期から近世初期にかけての演能技法を知るための資料として高い価値を持つ。花伝書 フレッシュアイペディアより)

  • 朝比奈

    朝比奈から見た狂言狂言

    狂言の演目。鬼山伏狂言。朝比奈 (狂言)を参照。朝比奈 フレッシュアイペディアより)

  • 浦島

    浦島から見た狂言狂言

     狂言の演目の一つ。浦島 フレッシュアイペディアより)

  • 狂言共同社

    狂言共同社から見た狂言狂言

    狂言共同社(きょうげんきょうどうしゃ)は愛知県名古屋市に本拠を置く狂言の同人結社。一般に名古屋狂言共同社とも。狂言共同社 フレッシュアイペディアより)

  • 備中神楽

    備中神楽から見た狂言狂言

    備中地方では古来より荒神に奉納する神楽として荒神神楽が行われていた。これは主に猿田彦の舞・剣舞を中心としており、現在の備中神楽のように郷土芸能というよりはより神事に近いもので、神職のみが行っていた。しかし、文化・文政年間に京都で国学を学んでいた西林国橋が古事記・日本書紀・古今和歌集などを参考に、能・狂言・歌舞伎など成熟しつつある芸能を取り入れて演芸性の高い神代神楽を加え、それまで神職のみが行っていたものを神職外の神楽太夫などが奉納するようになった。備中神楽 フレッシュアイペディアより)

  • 世界はボクらのために!

    世界はボクらのために!から見た狂言狂言

    港の隣のクラスの男子。妹尾流狂言の流れを継ぐ一族の次男だが、狂言の才能はない。演劇のことを学校にバラさない代わりに真帆を譲れと脅す。実はゲイで、後に港を追いかけて港と同じ芸能事務所に入る。世界はボクらのために! フレッシュアイペディアより)

  • 鳴子 (狂言)

    鳴子 (狂言)から見た狂言狂言

    鳴子 (なるこ)は狂言の演目のひとつ。鳴子番をする人物を演じて農業の予祝をする。鳴子 (狂言) フレッシュアイペディアより)

442件中 31 - 40件表示

「狂言」のニューストピックワード