353件中 41 - 50件表示
  • 風流

    風流から見た狂言狂言

    こうした「風流」の趣向は同時代の寺院芸能である猿楽・能・狂言などに影響を与えた。能・狂言とともに能楽を構成する3要素の1つであった式三番においては派手な格好で歌唱混じりに演じる芸を「風流」と呼んで演出の重要な要素として用いられ、狂言の演出中にも採り入れられた。万治3年(1660年)に大蔵虎明が『風流之本』を本を著して風流30番を採録しているが、今日では行われなくなったものも多い。また、風流の格好・芸能・感覚は江戸時代に確立した歌舞伎・人形浄瑠璃などにも影響を与えた他、桃山文化や元禄文化の建築などにもその影響が見られる。また、現代の盆踊りや踊念仏、正月飾りとの関連性も指摘されている。風流 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋能楽堂

    名古屋能楽堂から見た狂言狂言

    1997年(平成9年)4月、能や狂言などの伝統芸能の振興と文化交流の推進を目的として開館した。総木曾檜造りの能舞台と、演能の解説を(日本語もしくは英語で)聞く事が出来るイヤホンガイド設備を備えた、630席の見所(地方自治体の能楽堂では最大)を持つほか、資料やビデオで能楽を紹介する展示室も備える。名古屋能楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • 平尾聚泉

    平尾聚泉から見た狂言狂言

    1898年(明治31年)1月、初代平尾賛平が死去、社長に就任、二代目平尾賛平を襲名する、同年6月、東京市日本橋区の明治座での新狂言公演『児雷也豪傑譚語』で、児雷也役の九代目市川團十郎の背景に、商品名「日本美人」の看板のある錦絵広告を出した。平尾は、広告が重要、広告に工夫が必要と考え、積極的に展開した。平尾聚泉 フレッシュアイペディアより)

  • 備中神楽

    備中神楽から見た狂言狂言

    備中地方では古来より荒神に奉納する神楽として荒神神楽が行われていた。これは主に猿田彦の舞・剣舞を中心としており、現在の備中神楽のように郷土芸能というよりはより神事に近いもので、神職のみが行っていた。しかし、文化・文政年間に京都で国学を学んでいた西林国橋が古事記・日本書紀・古今和歌集などを参考に、能・狂言・歌舞伎など成熟しつつある芸能を取り入れて演芸性の高い神代神楽を加え、それまで神職のみが行っていたものを神職外の神楽太夫などが奉納するようになった。備中神楽 フレッシュアイペディアより)

  • 世子六十以後申楽談儀

    世子六十以後申楽談儀から見た狂言狂言

    第17条は勧進猿楽の舞台・桟敷についての具体的な留意事項、そして翁舞についての具体的な記述が見られる。ここで世阿弥12歳の今熊野の公演において、初めて翁舞を座の大夫が演じることになり、翁舞そのものが変質した瞬間が語られ、結果『談儀』が書かれた頃には、本来の形での翁舞はほとんど行われなくなったことが記されている。第18条は装束や道具、第19条では面についての細かな注意。第20条では笛・狂言の名人の名が挙げられ、第21条では金春座、金剛座、十二座など、中央で認められていない大和猿楽の座が紹介されている。第22条は能面とその作者についての文章であり、面作者についての最も貴重な文献である。世子六十以後申楽談儀 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤祐民

    伊藤祐民から見た狂言狂言

    1893年(明治26年)明倫小学校高等部卒業の後は当時の商家の倣いで進学せず、自宅で個人教授を受けた。教授となったのは雅楽の恒川重光、龍笛の吉田種彦・山井基万、謡曲の尾崎浪音、茶道の松尾宗幽(松尾流八代)、水彩画の野崎華年、狂言の五代目河村武七、漢文の増田白水、漢学の井上雅川、弓道の星野勘左衛門などで、父や祖父からも茶道、和歌、国文学、雅楽、書道などの手解きを受けている。17歳の時に兄・宮松が脚気衝心で急逝したため伊藤家の跡継ぎとなった。1901年(明治34年)、親戚でもあった岡谷惣助の七女・貞(てい)と結婚。伊藤祐民 フレッシュアイペディアより)

  • 戸井田道三

    戸井田道三から見た狂言狂言

    戸井田 道三(といだ みちぞう、1909年3月25日 - 1988年3月24日)は、能・狂言の評論家。戸井田道三 フレッシュアイペディアより)

  • 絵本合法衢

    絵本合法衢から見た狂言狂言

    『絵本合法衢』(えほん がっぽうが つじ、旧字体:繪本)は、四代目鶴屋南北作の歌舞伎狂言の演目。通称「立場の太平次」(たてばの たへいじ)、文化7年5月5日(1810年6月6日)江戸市村座初演、全七幕。絵本合法衢 フレッシュアイペディアより)

  • 中啓

    中啓から見た狂言狂言

    日本で発明された扇はもともと骨の片面に紙を貼ったもので、これは開くと扇の裏面に骨が露出するという形式であった。日本の扇が中国に輸出されると、中国では両面に紙を貼る形態に改造された。これが日本に逆輸入され、日本でも室町時代には両面に紙を貼ったものが作られるようになったが、そうすると畳んだ時の厚みが倍となるので、おのずと扇の上端が広がる格好となる。これが中啓の起りである。そののち扇の製法が進み、両面貼りでも現在見られる末が広がらない扇(これを沈折〈しずめおり〉という)が造られるようになるが、中啓は末の開いたままの状態を維持し、公家や武家において笏のように儀礼の具とした。公家では檜扇を扇の中でもっとも正式なものとしたが、中啓はその檜扇に次ぐものとされ、徳川家をはじめとする大名家では直垂・布衣・大紋着用の際の持ち物とされた。また能楽や狂言、さらに歌舞伎の舞台でも使われ現在に及んでいる。なお朝廷や公家においては中啓は末広と呼ばれたが、武家や能狂言等で使うものとは微妙に形式が異なりそれらとは区別されたという。中啓 フレッシュアイペディアより)

  • 世界はボクらのために!

    世界はボクらのために!から見た狂言狂言

    港の隣のクラスの男子。妹尾流狂言の流れを継ぐ一族の次男だが、狂言の才能はない。演劇のことを学校にバラさない代わりに真帆を譲れと脅す。実はゲイで、後に港を追いかけて港と同じ芸能事務所に入る。世界はボクらのために! フレッシュアイペディアより)

353件中 41 - 50件表示