442件中 51 - 60件表示
  • 拍手

    拍手から見た狂言狂言

    明治以前の日本には大勢の観衆が少数の人に拍手で反応するといった習慣はなく、雅楽、能(猿楽)、狂言、歌舞伎などの観客は拍手しなかった。明治時代になり西洋人が音楽会や観劇のあと「マナー」として拍手しているのに倣い、拍手の習慣が広まったものと推測される。1906年(明治39年)に発表された夏目漱石の小説『坊っちゃん』には「(坊ちゃんが)教場へ出ると生徒は拍手をもってむかえた」との記述がある。拍手 フレッシュアイペディアより)

  • 悪太郎

    悪太郎から見た狂言狂言

    悪太郎(あくたろう)とは、いたずらな男児、乱暴な男性を指す仮称。勇猛を自認する男性が自称する場合もある。物語の登場人物の名前ともしてしばしば用いられ、狂言の演目や映画の題にもある。悪太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 和知八幡神社

    和知八幡神社から見た狂言狂言

    毎年9月に秋祭があり、神楽、狂言、少年による太鼓隊(獅子舞含む)が奉納され、大荒れで神社本殿と奥社(おたび)との間を往復する神輿巡幸も行われる。狂言は地元の有志によって興行される素人芝居で、明治末頃(20世紀初)には役者が台詞を忘れる事が多々あり、その都度初めからやり直した為に、物事を中途からやり直す事を「和知の狂言」と呼ぶ三次盆地一帯の俗諺が生じた。また、太鼓隊は国兼川に架かる仁義橋(じんぎばし)の傍で隊列を整え急坂を登り神社に向かう習いである。和知八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 平賀義雅

    平賀義雅から見た狂言狂言

    平賀 義雅(ひらが よしまさ、享保10年(1725年) - 享和2年8月19日(1802年9月15日))は江戸時代の仙台藩重臣。奉行などを勤める。平賀義信の子孫の一つである馬場家が改姓した平賀家の当主で陸奥国磐井郡東山大原邑(現在の岩手県一関市大東町大原)領主。幼名は七之助、源蔵。通称は蔵人、出雲。摺上原の戦いを題材とした謡曲「摺上」の間狂言の作者でもある。父は平賀義清(蔵人)。平賀義雅 フレッシュアイペディアより)

  • 千鳥 (狂言)

    千鳥 (狂言)から見た狂言狂言

    千鳥(ちどり)は狂言の演目のひとつ。酒屋から酒をただで手に入れようと画策する太郎冠者と、それをさせまいとする酒屋の主人のやり取りを謡ったもの。千鳥 (狂言) フレッシュアイペディアより)

  • 太郎冠者

    太郎冠者から見た狂言狂言

    太郎冠者(たろうかじゃ)は狂言に登場する役柄のひとつ。太郎冠者 フレッシュアイペディアより)

  • 明石覚一

    明石覚一から見た狂言狂言

    なお、「五条高倉薬師堂」とは、狂言「因幡堂」で知られる京都市下京区の平等寺のことである。明石覚一 フレッシュアイペディアより)

  • 松本薫 (狂言師)

    松本薫 (狂言師)から見た狂言狂言

    松本 薫(まつもと かおる、本名・同じ、1951年(昭和26年)3月24日 - )は、狂言方大蔵流能楽師。京都能楽会会員。松本薫 (狂言師) フレッシュアイペディアより)

  • 班女

    班女から見た狂言狂言

    狂言口開でアイによって班女の名の由来と、吉田の少将との恋がてきぱきと説明される。遊女である班女は本名を花子(はなご)というが、扇を愛好し班女と呼ばれた。班女は京より東下りの吉田の少将と恋に落ち、互いに扇を取り交わす。少将が旅立って以降班女は酌も取らずに扇を見つめている毎日である。そのため宿から追い出されてしまう。班女 フレッシュアイペディアより)

  • 働事

    働事から見た狂言狂言

    狂言の働事には、大小物の「舞働」と「責メ」、太鼓物の「カケリ」がある。舞働は能の舞働を模したもので、『夷大黒』のような福神物か『歌仙』のような大勢物に用いられる。責メは地獄の鬼が亡者を責めたてる狂言独自の働事で、『朝比奈』のような鬼狂言のほかに、『瓜盗人』などで祭の出し物の稽古として用いられる。笛の主奏による比較的簡略な働事である。カケリは能のカケリをやや単純にしたもので、『名取川』などに使われる。緩急の変化をつけないのが特色である。働事 フレッシュアイペディアより)

442件中 51 - 60件表示

「狂言」のニューストピックワード