353件中 51 - 60件表示
  • 川崎九淵

    川崎九淵から見た狂言狂言

    そのような性格は、一面では、戦後、野村万之丞・二朗や茂山七五三・千之丞の兄弟が狂言以外の分野で活動を行った際に、能楽協会理事として否定的な態度を崩さず、一時千之丞の除名を主張することにもつながった。川崎九淵 フレッシュアイペディアより)

  • 上野学園大学

    上野学園大学から見た狂言狂言

    敷地内にあるパイプオルガンを備えたコンサートホール(石橋メモリアルホール)では、各種演奏会・講演会の他、能・狂言の公演なども開催。過去にテレビドラマ『101回目のプロポーズ』の撮影などで使用されたことがある。また主に古楽器などの演奏会を行う小ホール、エオリアンホールを有する。2007年より男女共学化。上野学園大学 フレッシュアイペディアより)

  • 義血侠血

    義血侠血から見た狂言狂言

    のちに「瀧の白糸」の外題で上演され、新派の代表的狂言の一つとなった。義血侠血 フレッシュアイペディアより)

  • おもかげ幻舞

    おもかげ幻舞から見た狂言狂言

    昔、狂言に使われたという夫婦の仮面。それぞれひょっとことおかめの原型になったと言われる。おもかげ幻舞 フレッシュアイペディアより)

  • 痴漢えん罪被害者救済ネットワーク

    痴漢えん罪被害者救済ネットワークから見た狂言狂言

    痴漢被害者による誤認や個人的な怨嗟、示談金を搾取する為の狂言(単なる遊ぶ金欲しさや小遣い稼ぎ。学校や職場への遅刻の言い訳づくりも含めて)や面白半分のゲーム感覚、等による冤罪の被害者たちが、公正な捜査と裁判が行われることを目的に、痴漢えん罪被害者救済ネットワークを組織した。その背景には、検察・裁判所が痴漢被害者側の供述のみを過剰に評価したり、また、被疑者(被告人)・弁護人の収集した証拠をとりあげない。又は一切を却下するという不公正があるとされる。痴漢えん罪被害者救済ネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 金井清光

    金井清光から見た狂言狂言

    現在鳥取大学名誉教授、日本歌謡学会理事。『能の研究』により國學院大學から文学博士号をうる。中世の能、狂言、謡曲を専門とする。その過程で、“中世は浄土真宗などではなく時宗が人々の心を惹きつけていた”ことに気づき、時衆研究をはじめる。金井清光 フレッシュアイペディアより)

  • 忍法

    忍法から見た狂言狂言

    忍術とは同義語となるが、忍法はフィクションの世界においては、妖術や気功にも似た人間技とは思えない数多くの術を意味する場合もある。しかし、忍術にはこの意味はあまり含まれない。そのルーツは歌舞伎や狂言にまで遡ることが出来る。忍法 フレッシュアイペディアより)

  • 松羽目物

    松羽目物から見た狂言狂言

    松羽目物(まつばめもの)とは、歌舞伎・日本舞踊において能・狂言の曲目を原作とし、それらに近い様式で上演する所作事のことをいう。能取り物とも呼ばれる。松羽目物 フレッシュアイペディアより)

  • 雲龍 (笛奏者)

    雲龍 (笛奏者)から見た狂言狂言

    2004年立川志の輔 落語と狂言が出逢う能舞台「満月の會」に一年間出演。世界遺産登録記念「森羅万唱」?紀伊山地からの祈り? 紀伊山地の霊場と参詣道 記念式典にて細野晴臣 with 環太平洋モンゴロイドユニットとして出演。熊野本宮大社旧社地(大斎原)石祠の前にて献笛した。雲龍 (笛奏者) フレッシュアイペディアより)

  • 祝重正

    祝重正から見た狂言狂言

    天正10年(1582年)に本能寺の変で信長が死亡した後には、信長二男の織田信雄に仕え、尾張稲葉に550貫文を知行していた。のち、信雄没落後に豊臣秀吉に仕えたらしく、『太閤記』では文禄2年(1593年)4月9日条にある名護屋城での能楽会で、重正が狂言を演じる姿が記されている。また文禄・慶長の役に同行した御伽衆の中にも名がある。祝重正 フレッシュアイペディアより)

353件中 51 - 60件表示

「狂言」のニューストピックワード