442件中 61 - 70件表示
  • 鬼瓦 (狂言)

    鬼瓦 (狂言)から見た狂言狂言

    鬼瓦(おにがわら)は狂言の演目。鬼瓦 (狂言) フレッシュアイペディアより)

  • 因幡堂 (狂言)

    因幡堂 (狂言)から見た狂言狂言

    因幡堂(いなばどう)は狂言の演目。因幡堂 (狂言) フレッシュアイペディアより)

  • 野人 (未確認動物)

    野人 (未確認動物)から見た狂言狂言

    また、目撃証言も信憑性の低いものが非常に多いとされる。現在では、既存のサルの誤認、狂言説が有力。野人 (未確認動物) フレッシュアイペディアより)

  • 三浦保

    三浦保から見た狂言狂言

    能楽においては、松山と縁の深い観世流職分藤井久雄主宰の観謳会で研鑽を積み、1981年、松山市内能楽堂にて大曲「安宅」を披いた。その後、1987年には東京・国立能楽堂にて「安宅」再演。これらの功績により、観世流名誉師範の称を得た。また、狂言にも親しみ、地元公演会などに出演した。三浦保 フレッシュアイペディアより)

  • 沙石集

    沙石集から見た狂言狂言

    日本・中国・インドの諸国に題材を求め、霊験談・高僧伝から、各地を遊歴した無住自身の見聞を元に書いた諸国の事情、庶民生活の実態、芸能の話、滑稽譚・笑話まで実に多様な内容を持つ。その通俗で軽妙な語り口は、『徒然草』をはじめ、後世の狂言・落語に多大な影響を与えた。沙石集 フレッシュアイペディアより)

  • 大山詣り

    大山詣りから見た狂言狂言

    大山詣り(おおやままいり)は古典落語の演目。原話は、狂言の演目の一つである「六人僧」。大山詣り フレッシュアイペディアより)

  • ああ爆弾

    ああ爆弾から見た狂言狂言

    『ああ爆弾』(ああばくだん)は、東宝が1964年に製作した日本映画。監督は岡本喜八。ジャズからロック、浪曲に狂言、果ては題目までを駆使した和製ミュージカル映画である。併映は勅使河原プロ作品『砂の女』(監督:勅使河原宏)。ああ爆弾 フレッシュアイペディアより)

  • 弥作の鎌腹

    弥作の鎌腹から見た狂言狂言

    狂言に『鎌腹』という曲目がある。恐ろしい乱暴な妻に山へ行って働けと脅された男が、その口惜しさに手にする鎌で腹を切ろうとする。だがいざ刃物を腹に突っ込もうとすると怖くなり、そこで木に鎌をくくりつけ、それめがけてぶつかれば腹が切れるだろうなどと試みる…というような内容で、鎌で腹を切ろうとするから「鎌腹」である。この『弥作の鎌腹』においても、『日本戯曲全集』の台本のト書きではそうなっていないが、弥作が鎌と柱を縄で結び付けそれで腹を切ろうとし、最後は転んだ拍子に鎌が腹に突っ込むという型がある。弥作の鎌腹 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼来迎

    鬼来迎から見た狂言狂言

    鬼来迎(きらいごう、または鬼舞ともいわれる)は、千葉県山武郡横芝光町虫生の広済寺に伝わる、地獄の様相と菩薩の救いを仮面狂言にした日本唯一の民俗芸能である。1975年(昭和50年)の文化財保護法の改正によって制定された重要無形民俗文化財の第1回の指定を受けた。鬼来迎 フレッシュアイペディアより)

  • 天覧兜割り

    天覧兜割りから見た狂言狂言

    明治19年(1886年)11月10日、東京府麹町区紀尾井町の伏見宮貞愛親王邸に明治天皇の行幸があり、弓術、鉢試し、席画、能楽、狂言が催された。鉢試しは刀、槍、弓があり、刀は榊原鍵吉(直心影流)、逸見宗助(立身流)、上田馬之助(鏡新明智流)、槍は児玉惟時、甲川謙、小笠原武英、弓は関口源太が出場した。このうち刀での鉢試しが「天覧兜割り」とよばれている。天覧兜割り フレッシュアイペディアより)

442件中 61 - 70件表示

「狂言」のニューストピックワード