353件中 61 - 70件表示
  • 宿屋仇

    宿屋仇から見た狂言狂言

    狂言回しの手代伊八の描写をどのように演じるかが演者の腕の見せ所である。侍に呼ばれるとき、最初は元気よく、何回も呼ばれるたびに嫌気がさし、最後にはくたびれた果てて「もう、いややで・・」と言うところで笑いを取るとサゲがぐんと活きてくる。宿屋仇 フレッシュアイペディアより)

  • をかし

    をかしから見た狂言狂言

    室町時代以降、「をかし」は滑稽味を帯びているという意味に変化した。世阿弥の能楽論では狂言の滑稽な様を「をかし」と呼び、これが江戸時代に滑稽本などに受け継がれて、現在の滑稽味のあるという意味の「おかしい」に至ったと思われる。この他、和歌などの評価に「をかし」を用いる場合が見られる。をかし フレッシュアイペディアより)

  • 藤原まつり

    藤原まつりから見た狂言狂言

    春の藤原まつりは、例年5月1日から5日までの5日間開催される。中尊寺や毛越寺で藤原四代の追善法要、稚児行列、開山護摩法要、郷土芸能、能や狂言の奉納が行われ、最終日には武蔵坊弁慶に因んで巨大な餅を抱えて運ぶ力自慢の競技会「弁慶力餅競技大会」が平泉駅前で開催される。特に有名なのが、ゴールデンウィーク中の5月3日に開催される「源義経公東下り行列」である。2011年は、東北太平洋沖地震が発生したことを考慮し、東下り行列をはじめとする5つの行事の中止が発表された。1藤原まつり フレッシュアイペディアより)

  • 茸 (狂言)

    茸 (狂言)から見た狂言狂言

    茸(くさびら)は狂言の演目。茸 (狂言) フレッシュアイペディアより)

  • 働事

    働事から見た狂言狂言

    狂言の働事には、大小物の「舞働」と「責メ」、太鼓物の「カケリ」がある。舞働は能の舞働を模したもので、『夷大黒』のような福神物か『歌仙』のような大勢物に用いられる。責メは地獄の鬼が亡者を責めたてる狂言独自の働事で、『朝比奈』のような鬼狂言のほかに、『瓜盗人』などで祭の出し物の稽古として用いられる。笛の主奏による比較的簡略な働事である。カケリは能のカケリをやや単純にしたもので、『名取川』などに使われる。緩急の変化をつけないのが特色である。働事 フレッシュアイペディアより)

  • 鳴子 (狂言)

    鳴子 (狂言)から見た狂言狂言

    鳴子 (なるこ)は狂言の演目のひとつ。鳴子番をする人物を演じて農業の予祝をする。鳴子 (狂言) フレッシュアイペディアより)

  • 室町文化

    室町文化から見た狂言狂言

    いっぽう、庶民の社会的地位が高まり、商工業の発展にともなって町衆や農民が文化の担い手として登場したことから、文化の面でも幅広い交流がすすみ、庶民性や地方的特色がいっそう強まった。庶民文芸の発展や鎌倉新仏教の地方への広まりなどはその現れである。猿楽・狂言・連歌などは都市・農村問わず愛好され、喫茶の風習も茶の湯として広がった。これらはいずれも多かれ少なかれ団らん的な、あるいは「一味同心」的な性格をもつ芸能・芸道であったが、当時の武士の日常に対応したものであり、惣における庶民の日々の生活、さらに都市民の生活にも合致したものであった。室町文化 フレッシュアイペディアより)

  • 辰巳芸者

    辰巳芸者から見た狂言狂言

    歌舞伎狂言。初演大正7年(1919年)8月、歌舞伎座。池田大悟作。辰巳芸者美代吉が主役。辰巳芸者 フレッシュアイペディアより)

  • 市川九女八

    市川九女八から見た狂言狂言

    八歳のとき、板東三枝八について踊りを習いはじめ、十三歳で名取り(板東桂八)となり、狂言師として活躍。1873年、名女形八代目岩井半四郎に入門し、岩井粂八の名をもらう。宮地の女芝居で舞台に立つ一方、狂言作家藤基輔に嫁した。後、その団十郎ばりの芸風が話題となったため、1888年、改めて九代目市川団十郎の門弟となって、市川粂八に改めた。市川九女八 フレッシュアイペディアより)

  • くらしき作陽大学

    くらしき作陽大学から見た狂言狂言

    日本伝統芸能専修(箏{生田流・山田流}、尺八、長唄、長唄三味線、琵琶、能、狂言、邦楽噺子、日本舞踊、琉球舞踊)くらしき作陽大学 フレッシュアイペディアより)

353件中 61 - 70件表示

「狂言」のニューストピックワード