353件中 71 - 80件表示
  • 演劇倶楽部『座』

    演劇倶楽部『座』から見た狂言狂言

    「日本の俳優たちよ、日本を学ぼう」を合言葉に、壤晴彦主宰により、1992年に創立された全く新しいタイプの劇団。付属研究所では、真のプロフェッショナルを目指す為の俳優育成カリキュラムの他に、特に自国の伝統を体現できる為の養成期間として、日本語を正しく語ること(歌舞伎・落語・浄瑠璃)と、日本伝統の身体表現(日本舞踊・狂言)などに力をいれ、1998年より『詠み芝居』という独自のスタイルの公演活動を続けている。演劇倶楽部『座』 フレッシュアイペディアより)

  • 蟹坊主

    蟹坊主から見た狂言狂言

    長源寺と同様に、無人の寺に泊まった旅の僧にカニの化け物が問答をしかけ、僧がこれを暴いて退治するという伝説や昔話は、石川県珠洲市の永禅寺、富山県小矢部市の本叡寺などに見られ、小矢部市には伝説にちなんで「北蟹谷」の名が残されている。岩手県西磐井郡花泉町(現・一関市)の伝承では、甲橋という橋で巨大なカニが僧に化けて問答をしかけたが、寛法寺という寺の住職に鉄扇で退治されたという。このように問答を仕掛けるカニの化け物の話は、狂言の『蟹山伏』がルーツとされる。蟹坊主 フレッシュアイペディアより)

  • 翁舞

    翁舞から見た狂言狂言

    翁舞(おきなまい)は、日本の伝統芸能の舞。能楽の原典といわれ、能楽成立以前の古い形態を伝えているとして、奈良豆比古神社の翁舞と車大歳神社の翁舞は重要無形民俗文化財に指定されている。能楽では「翁」と省略され広義の翁は式三番を指す。明確な筋書きがある物語であるものが殆どの能や狂言に対し、翁にはこれといった筋書きは無く、物語というよりは五穀豊穣や天下泰平の祈祷と位置づけられる。翁舞 フレッシュアイペディアより)

  • 島村俊廣

    島村俊廣から見た狂言狂言

    1977年の天元戦では決勝5番勝負で苑田勇一に3-1で勝って優勝し、この時の65歳は、当時のタイトル獲得最高年齢の記録となった。1982年の名人戦リーグで坂田栄男との対局中に脳出血で倒れ、翌年引退。1991年没。日本棋院中部会館で行われた「島村俊廣先生追善囲碁の会」には400人のファンが集まり、狂言「碁泥」上演、橋本宇太郎と藤沢秀行の公開早碁などが行われた。島村俊廣 フレッシュアイペディアより)

  • 道岡桃子

    道岡桃子から見た狂言狂言

    特技は狂言(大蔵流)・日本舞踊・クラシックバレエ・モダンダンス・ピアノ・フルート道岡桃子 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県立能楽堂

    石川県立能楽堂から見た狂言狂言

    石川県が能楽や邦楽などの伝統的な芸術文化の保存と県民文化の振興に資することを目的として設置・運営する施設である。1972年(昭和47年)に、全国で初めての独立した公立能楽堂として開館した。周囲は兼六園や本多の森公園などの緑に囲まれ、多くの文化施設に隣接している。8月を除き毎月定例能と呼ばれる催しが開かれ、能、狂言、仕舞が上演される。石川県立能楽堂 フレッシュアイペディアより)

  • 連声

    連声から見た狂言狂言

    などであるが、これらは現在の日常会話には継承されておらず、能・狂言などの古典芸能や、ごく一部地域の方言にしか残されていない。連声 フレッシュアイペディアより)

  • 河東 けい

    河東けいから見た狂言狂言

    河東 けい(かとう けい、1925年11月30日 - )は、日本の女優。本名は西川紫洲江。大阪府出身。特技はピアノ、狂言。関西芸術座所属。河東けい フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木嘉和

    鈴木嘉和から見た狂言狂言

    ファンタジー号の出発直後から、民放テレビ局のワイドショー番組では、貴乃花と宮沢りえの婚約報道とともにトップニュース扱いで毎日のように報道。「風船おじさん」のニックネームが定着するきっかけを作った。しかし、1992年12月6日以後は、後に狂言であることが発覚する新婚旅行先のオーストラリアで日本人妻が失踪する事件が発生してそちらにマスメディアの関心が移ったことと、ファンタジー号自体の話題が尽きたこともあり、ファンタジー号に関する報道は沈静化した。週刊誌では、同年12月17日号の「週刊文春」が、鈴木に密着して出発時の映像も撮影していたフジテレビの姿勢を「鈴木を煽ったのではないか」と取り上げ、同時に鈴木の計画を無謀だと指摘。12月24日・31日合併号の「週刊新潮」は鈴木の過去のプライバシーを明かす記事を掲載した。見出しには、「週刊文春」が「風船男」、「週刊新潮」は「風船おじさん」を使った。鈴木嘉和 フレッシュアイペディアより)

  • 五毛座

    五毛座から見た狂言狂言

    江戸時代後期に、美濃国加茂郡飯地村(後の恵那郡飯地村→恵那市)では、太田神社などの神社境内で行われていた狂言芝居が行われ、神社の拝殿を兼用した舞台が数箇所建てられていた。五毛座 フレッシュアイペディアより)

353件中 71 - 80件表示

「狂言」のニューストピックワード