442件中 81 - 90件表示
  • 演劇倶楽部『座』

    演劇倶楽部『座』から見た狂言狂言

    「日本の俳優たちよ、日本を学ぼう」を合言葉に、壤晴彦主宰により、1992年に創立された全く新しいタイプの劇団。付属研究所では、真のプロフェッショナルを目指す為の俳優育成カリキュラムの他に、特に自国の伝統を体現できる為の養成期間として、日本語を正しく語ること(歌舞伎・落語・浄瑠璃)と、日本伝統の身体表現(日本舞踊・狂言)などに力をいれ、1998年より『詠み芝居』という独自のスタイルの公演活動を続けている。演劇倶楽部『座』 フレッシュアイペディアより)

  • 水口

    水口から見た狂言狂言

    元は田に水を取り入れる口を「みなくち」と言ったが、後に「みずぐち」とも言うようになったようである。狂言「水掛聟」には「もはや一面に行き渡った。また水口を留めよう。」と用いられているが、ここでは「みなくち」と口伝されている。水口 フレッシュアイペディアより)

  • 東雲焼

    東雲焼から見た狂言狂言

    1893年(明治26年)、名古屋市末広町在の元尾張藩士木全年輝により、愛知郡古沢村大字東古渡字東雲において始められた。また、同時に末広町において販売が行われた。創業期には不識庵素三がかかわったとされる。茶器や瓶・甕・日用皿などを中心に生産。狂言絵や富士絵のものが人気を博していたとされる。また、製法としては御庭焼の系譜に属する。原料は同郡御器所村瀬戸付近において採取したものを使用していた。明治末期に廃絶したとするもの、1924年(大正13年)に横井米禽に売却し、以降は米禽焼として生産されたとする資料がある。窯の跡地は、のちの名古屋市民会館の敷地にあたる。東雲焼 フレッシュアイペディアより)

  • 広渡勲

    広渡勲から見た狂言狂言

    卒業後、東宝演劇部に所属。東宝在籍中にハワイ大学に留学、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ギリシャなどの欧米の劇場を視察。帰国後、菊田一夫の助手として「ラ・マンチャの男」(日本初演)、「オリバー!」、「スカーレット」、「ファンタスティックス」(日本初演)等のミュージカル公演や、「奇跡の人」(日本初演)をはじめ商業演劇を多く手がける一方、宝塚歌劇団の東京公演に舞台監督として参加。松本白鸚(現松本幸四郎の父)率いる「東宝劇団」の狂言作者として、帝国劇場、国立劇場等の歌舞伎公演にも参加している。広渡勲 フレッシュアイペディアより)

  • 荒木良雄

    荒木良雄から見た狂言狂言

    狂言 茂山千之丞共著 創元社 1956 日本文学新書荒木良雄 フレッシュアイペディアより)

  • 河崎なつ

    河崎なつから見た狂言狂言

    父・河崎常三郎、母・ さとのあいだに長女として誕生。兄には久太郎、徳太郎、繁太郎の3人を持つ。さとはなつを産んでまもなく結核で死去。常三郎はその後、継母・とみをむかえ、妹・ちかを持つことになった。父は時計屋。奈良師範学校出身。家の近くに芝居小屋があり、そこでよく歌舞伎や芝居、狂言を見ていた。そのため、狂言では立役、女形をこなすことができる。河崎なつ フレッシュアイペディアより)

  • 松羽目物

    松羽目物から見た狂言狂言

    松羽目物(まつばめもの)とは、歌舞伎・日本舞踊において能・狂言の曲目を原作とし、それらに近い様式で上演する所作事のことをいう。能取り物とも呼ばれる。松羽目物 フレッシュアイペディアより)

  • 家の芸

    家の芸から見た狂言狂言

    家の芸(いえの げい)とは、能・狂言・浄瑠璃・歌舞伎・歌舞伎舞踊・上方舞などの伝統芸能において、宗家や家元とみなされる家に代々相伝する、その家が特に得意としている芸や演目。家の芸 フレッシュアイペディアより)

  • 浜村米蔵

    浜村米蔵から見た狂言狂言

    東京出身。生家は東京の寄席浜村亭。早稲田大学中退。歌舞伎座の狂言作者の榎本破笠に弟子入り。大正元年(1912年)から「大勢(たいせい)新聞」社会部長を務め、劇評を書いた。1916年帝劇文芸部主任。戦後は舞台芸術学院学長を務めた。浜村米蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 金明竹

    金明竹から見た狂言狂言

    前半は狂言の『骨川』。後半は初代林屋正蔵が1834年(天保5年)に出版した自作落語集『百歌撰』中の「阿呆の口上」が元になっている。作者は初代石井宗叔の作とされる。金明竹 フレッシュアイペディアより)

442件中 81 - 90件表示

「狂言」のニューストピックワード