353件中 81 - 90件表示
  • 平尾賛平商店

    平尾賛平商店から見た狂言狂言

    1898年(明治31年)1月、初代平尾賛平が死去、二代目が社長に就任、同年6月、東京市日本橋区の明治座での新狂言公演『児雷也豪傑譚語』で、児雷也役の市川團十郎 (9代目)の背景に商品名「日本美人」の看板のある錦絵広告を出した。平尾賛平商店 フレッシュアイペディアより)

  • 古典芸能入門

    古典芸能入門から見た狂言狂言

    狂言、能(謡曲)、歌舞伎、文楽の代表的な作品を選び、舞台の鑑賞を中心に構成した。作品の紹介にあたり、それらの芸能が起こり栄えた時代背景も説明され、幅広い知識が得られるように配慮されていた。古典芸能入門 フレッシュアイペディアより)

  • 素襖

    素襖から見た狂言狂言

    現在では祭礼時に奉仕者が着用していたり、能、狂言の衣装として簡略化された物が見られる程度である。素襖 フレッシュアイペディアより)

  • 壬生狂言

    壬生狂言から見た狂言狂言

    江戸時代になると、布教活動としての色彩が薄れ、大衆娯楽として発展した。能や狂言、物語に取材し、新しい演目が考案された。壬生狂言 フレッシュアイペディアより)

  • 上野天神祭

    上野天神祭から見た狂言狂言

    天正13年(1585年)筒井定次が伊賀の領主となり菅原神社(別名「上野天満宮」)を祀ったことに起源を発し、慶長13年(1608年)には藤堂高虎が天満宮の新改築、寄進等に力を注いだ。その後天和2年(1682年)に天神祭礼倹約令により省略されているが、元禄元年(1688年)には復活し藤堂高久が祭礼を城内假御殿より見物、田楽、能、狂言等が行われ、三之町の鬼行列も始められたとされ、おおよそ現在の形態を整えたとされる。上野天神祭 フレッシュアイペディアより)

  • 菊川英章

    菊川英章から見た狂言狂言

    菊川英山の門人。初名は光一、後に章三。一説によると光一は字ともいわれる。画姓として菊川を称した。文政(1818年 - 1830年)期に錦絵などを描いている。同じ時代に、勝川春英門人の浅野英章がいたため、区別するため、彼は光一英章と呼ばれていた。後に狂言作者となった。菊川英章 フレッシュアイペディアより)

  • 荻原達子

    荻原達子から見た狂言狂言

    様々な分野で演劇コーディネーターを務め、一貫して能・狂言の伝統の継承と創造活動を、裏方で支え、国内外を問わずあらゆる種類の能・狂言公演を手がけた。能楽師観世栄夫運転の自動車に同乗し、自宅へ帰宅中に東京都八王子市の中央自動車道で事故となり頭部を負傷し亡くなった。享年73。なお観世自身も衝撃で、闘病中だった事も重なり1ヶ月後に病没した。荻原達子 フレッシュアイペディアより)

  • 和知八幡神社

    和知八幡神社から見た狂言狂言

    毎年9月に秋祭があり、神楽、狂言、少年による太鼓隊(獅子舞含む)が奉納され、大荒れで神社本殿と奥社(おたび)との間を往復する神輿巡幸も行われる。狂言は地元の有志によって興行される素人芝居で、明治末頃(20世紀初)には役者が台詞を忘れる事が多々あり、その都度初めからやり直した為に、物事を中途からやり直す事を「和知の狂言」と呼ぶ三次盆地一帯の俗諺が生じた。また、太鼓隊は国兼川に架かる仁義橋(じんぎばし)の傍で隊列を整え急坂を登り神社に向かう習いである。和知八幡神社 フレッシュアイペディアより)

  • 荒木良雄

    荒木良雄から見た狂言狂言

    狂言 茂山千之丞共著 創元社 1956 日本文学新書荒木良雄 フレッシュアイペディアより)

  • 小佐田定雄

    小佐田定雄から見た狂言狂言

    現在は狂言などの研究や大学での講師としても活躍している。弟子には同じく作家のくまざわあかね(現・夫人)がいる。小佐田定雄 フレッシュアイペディアより)

353件中 81 - 90件表示