前へ 1 2
12件中 1 - 10件表示
  • 柏レイソル

    柏レイソルから見た狩野健太狩野健太

    補強面では、アルビレックス新潟から鈴木大輔、横浜FMから谷口博之と狩野健太、山形から柏ユース出身の太田徹郎、Kリーグ・釜山アイパークから金昌洙を完全移籍、CSL・広州恒大からクレオを期限付き移籍でそれぞれ獲得。ユースからは秋野央樹、木村裕、小林祐介、中村航輔が加入し、レンタル移籍した中川を含めて5人が昇格した。柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た狩野健太狩野健太

    補強は、北九州から大塚翔平、千葉から森本貴幸、柏から狩野健太、京都から原川力、札幌から昨シーズンFC東京に期限付き移籍していた奈良竜樹という大島と共に参戦したAFC U-23選手権2016を制したU-23サッカー日本代表コンビに加え、水原三星ブルーウィングスから鄭成龍(チョン・ソンリョン)、アヴァイFCからエドゥアルド・ネットを完全移籍で獲得、高木駿が期限付き移籍先から復帰、順天堂大学から長谷川竜也が入団した。また、昨シーズンまで背番号16をつけていた大島僚太が今シーズンから背番号10をつけることとなり、クラブで初めて日本人選手が10番を付ける事になった。この他、シーズン中に柏からエドゥアルドを期限付き移籍で獲得した。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • 横浜F・マリノス

    横浜F・マリノスから見た狩野健太狩野健太

    リーグ戦13得点を挙げた渡邉千真や天野貴史、飯倉大樹などの抜擢・台頭、長谷川アーリアジャスールの成長、坂田大輔、狩野健太らの復調など、上位の鹿島、川崎、清水、名古屋にホームゲームで勝利している一方、下位の山形に逆転負けを喫し、この年J2に降格となった柏、千葉に2引き分けした。結局18チーム中10位に終わり、3年契約だった木村は監督契約を解除。横浜F・マリノス フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の柏レイソル

    2016年の柏レイソルから見た狩野健太狩野健太

    吉田達磨監督が2015シーズンをもって退任し、工藤壮人がバンクーバー・ホワイトキャップス (カナダ) へ、キム・チャンスが全北現代モータース (韓国) へ、近藤直也が千葉へ、狩野健太が川崎へ、菅野孝憲が京都へ、三浦龍輝が長野へ、藤田優人が鳥栖へ移籍。また、期限付き移籍のクリスティアーノが甲府に復帰。長崎へ期限付き移籍中の木村裕は期限付き移籍延長となった。鈴木大輔が契約満了のため退団となった。2016年の柏レイソル フレッシュアイペディアより)

  • 河合竜二

    河合竜二から見た狩野健太狩野健太

    2010年、木村和司が新監督に就任するとこれまでと一転して出場機会が激減し河合にとっては苦しいシーズンとなる。2年務めたキャプテンを栗原勇蔵と兵藤慎剛に引き継ぎ、リーグ戦が始まると木村は前年に河合の穴を埋める活躍を見せていた小椋祥平をボランチの軸に起用。また、小椋とのダブルボランチには松田直樹、波戸康広、金井貢史に加え、攻撃的な狩野健太、兵藤慎剛、中村俊輔、清水範久らが起用され、リーグ戦の後半まで河合にはほとんど出場機会を与えられず控えメンバーに留まった。一方で、ヤマザキナビスコカップでは出場機会が与えられたが結果には結び付かず、勝てない試合が続き予選リーグの敗退が決定。横浜FMにとっては8年連続決勝トーナメント進出を逃す事となった。8月に入るとリーグ戦でも徐々に出場機会が増え、8月21日のJ1第20節京都戦では後半28分に松田に替わり途中出場し右サイドで起用されると試合終了間際に決勝点となるゴールを挙げチームを勝利に導き、限られた出場時間の中で決定的な働きを見せると9月からは最終節までコンスタントにスタメンで起用され続けていたが、11月30日には河合と共に、松田、山瀬、清水ら長年に渡り横浜FMを支えてきた功労者との契約非更新の旨がクラブから発表され、シーズン終了後には幾つかのJクラブから誘いを受ける中で、河合はJ2のコンサドーレ札幌のオファーを受諾。12月28日にコンサドーレ札幌へ移籍する事が横浜FM、札幌の双方のクラブから発表された。河合竜二 フレッシュアイペディアより)

  • 諸江剣語

    諸江剣語から見た狩野健太狩野健太

    石川県金沢市出身。小学年代では中村わかばとサッカースポーツ少年団に所属、中学年代では泉クラブのジュニアユース1期生であり、10番を背負った泉クラブでは2002年の第7回全日本ユース (U-15) フットサル選手権大会で準優勝した。高校年代では長時間電車に揺られて静岡県までセレクションを受けに行き、静岡学園高校にサッカー留学。11番を背負ってレギュラーを張った。同期には狩野健太、中村友亮、加門亮平、1学年上には小林祐三、松下幸平、横山拓也、1学年下には杉山力裕、先崎勝也などがおり、中村とは現在も親友の間柄である。諸江剣語 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡市立麻機小学校

    静岡市立麻機小学校から見た狩野健太狩野健太

    狩野健太(サッカー選手)静岡市立麻機小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 等々力陸上競技場

    等々力陸上競技場から見た狩野健太狩野健太

    前半14分に小林のクロスに狩野健太が合わせ、リーグ戦は移籍後初ゴール。後半もF・マリノスの攻撃に耐えながら後半39分に田坂のスルーパスにこの年のAFC U-19選手権で優勝に貢献、ユースから昇格して2年目の三好康児が中澤佑二、栗原勇蔵という日本を代表するセンターバックを振り切って、ループシュートで追加点を奪いシーズン3点目。これで勝負ありかと思いきや、後半20分に鄭成龍の代わりに入った新井章太が負傷した関係でロスタイムが9分。途中出場の天野純に右サイドを突破されクロスに合わせた伊藤翔のヘッドはその新井に代わって入った高木駿がナイスセーブを見せるもこぼれ球に中町公祐に押し込まれ1点差とされると、三好のパスをペナルティーエリア手前で齋藤学に奪われた後高木も躱され、ラストパスを伊藤に詰められて折角奪ったリードを吐き出してしまう。しかしロスタイムも目安の9分を過ぎた所で得たコーナーキックから田坂の折り返しに小林がヘディングシュートで勝ち越しシーズン15点目。その直後に試合終了を迎え、フロンターレは3位以上が確定。既に出場を決めているアントラーズに続いてJリーグチャンピオンシップ出場を果たした。等々力陸上競技場 フレッシュアイペディアより)

  • 飯倉大樹

    飯倉大樹から見た狩野健太狩野健太

    狩野健太のプレースキックを止める練習をして腕を磨き、頭角を現した。これは木村和司のフリーキックを自己練習で止め続けたマリノスの先輩GK松永成立(現コーチ)、中村俊輔のフリーキックを自己練習で止め続けた川口能活と同様。飯倉大樹 フレッシュアイペディアより)

  • 1993年Jリーグ開幕節

    1993年Jリーグ開幕節から見た狩野健太狩野健太

    開幕戦の華やかさはJリーグを目指す多くの人々にも影響を与えた。Jリーグ参加を見送られてジャパンフットボールリーグ (JFL)のリーグ戦開幕に備えていたジュビロ磐田の選手達は、ヴェルディ?マリノス戦のテレビ中継を見て、Jリーグクラブと実力は劣っていない自分達のJ参入を必ず果たす決意をした。中山雅史は『Jリーグオフィシャルガイド』で「読売と日産<注:原文ママ>の試合はテレビで見るでしょう、やっぱり興味ありますから」「テメエら、(オレが行くまで)浮かれてろよって(笑)。書かないで下さいよ、冗談なんですから(笑)。実際はチキショーって思うでしょうね、J1 とは盛り上がりが違うでしょうから」「(1992年の)J1の開幕日にも、多少はお客さんが来てくれるだろうと思ってたのに、雨のせいもあってパラパラだったんです。やっぱりJリーグとJ1は違うんだって実感しましたね」と語っている。ジュビロは1993年のJリーグカップでグランパスとレッズに勝利するなどの結果を残した後、翌1994年にJリーグに参入した。ここまでJリーグに近づいていない全国のサッカー少年や指導者も、この開幕節に強い印象を持ち、やがて全国からJリーグに入る選手やクラブが生まれる素地となっていった。その中には2005年にマリノスに加入し、2008年11月の「クラシコ」で活躍した狩野健太も含まれていた。狩野は「衝撃でした。自分は小学校1年生で、それまで野球をやっていました。でもあの試合を見てサッカーを始めました」とテレビ中継で見たヴェルディ?マリノスの開幕戦の感想を語っている。1993年Jリーグ開幕節 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
12件中 1 - 10件表示