24件中 11 - 20件表示
  • 浅井良

    浅井良から見た狩野恵輔狩野恵輔

    狩野恵輔や新人の清水誉が開幕一軍に入り、二軍でのスタートになった。矢野の故障で交流戦中に一軍昇格し、外野手としてスタメン出場することもあったが捕手を務めることはなく、二軍でも外野手や一塁手としての出場がほとんどだった。同年オフ、本格的に野手転向することを宣言。新人の時から「矢野さんを一気に超えるのは無理」と公言していたが、数年経っても同じことを言っていることに気づき、プロで数年やっても40歳近くになった矢野に追いつけないようでは捕手として一生一人前になれないと悟り、野手に専念する決意をしたという。浅井良 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野仙好

    佐野仙好から見た狩野恵輔狩野恵輔

    に引退した後は守備・走塁、打撃コーチ等を歴任し、1998年からは編成部スカウト(関東担当)として吉野誠(現・オリックス・バファローズ)、狩野恵輔らを担当している。佐野仙好 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本敦士

    藤本敦士から見た狩野恵輔狩野恵輔

    卒業後は社会人野球のデュプロに入社し、の社会人野球日本選手権大会では遊撃手を探しに来ていた当時阪神監督の野村克也が観戦する中、ヤマハの岡本真也から3安打猛打賞の活躍を見せた。元々阪神の獲得リストには入っていなかったが、同年秋のドラフト会議で阪神タイガースから7位指名を受けて入団。同期には藤田太陽、狩野恵輔、赤星憲広らがいる。藤本敦士 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井広大

    桜井広大から見た狩野恵輔狩野恵輔

    に初のシーズンニ桁本塁打を放ち、規定打席には届かなかったが自己最多の103試合に出場し、3割超の打率に12本塁打・42打点を記録した。は開幕からレギュラーとなり、同年のチーム初本塁打を放つも、7月11日に右肘痛が原因で降格する。8月10日に再昇格した2日後の広島戦で城島健司・狩野恵輔と共に3者連続本塁打を放った。しかし復帰はしたものの右肘は完治しておらず、オフに右肘の手術に踏み切った。桜井広大 フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た狩野恵輔狩野恵輔

    代表的な例は、元東映の白仁天、元オリックスの石嶺和彦、元ヤクルトの飯田哲也(捕手→二塁手→外野手)、秦真司、元大洋の屋鋪要、元西武の垣内哲也、元中日の関川浩一、元楽天の礒部公一など。現役選手では、中日の和田一浩、阪神の浅井良、狩野恵輔、中谷将大、西武の米野智人などの例がある。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 内藤雄太

    内藤雄太から見た狩野恵輔狩野恵輔

    初盗塁:2009年4月19日、対阪神タイガース3回戦(横浜スタジアム)、7回裏に二盗(投手:阿部健太、捕手:狩野恵輔内藤雄太 フレッシュアイペディアより)

  • 育成選手制度 (日本プロ野球)

    育成選手制度 (日本プロ野球)から見た狩野恵輔狩野恵輔

    120 狩野恵輔(2012年自由契約→再契約)育成選手制度 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 野口寿浩

    野口寿浩から見た狩野恵輔狩野恵輔

    は若手の狩野恵輔と新人の清水誉に押し出される形で開幕二軍スタートとなり、古巣の日本ハムやヤクルト時代の恩師である野村が監督の東北楽天ゴールデンイーグルスへのトレード話も持ち上がったが、固辞したことが後に新聞で報じられた。5月に一軍昇格し、セ・パ交流戦時に故障した矢野、一軍の壁に当たった狩野の穴を埋める活躍をした。矢野の復帰後は、二軍でコンビを組んでいた上園啓史が先発する試合を中心にスタメン出場した。打撃好調で規定打席不足ながら打率.351、出塁率.398を記録した。野口寿浩 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野燿大

    矢野燿大から見た狩野恵輔狩野恵輔

    は週に1試合ほど野口寿浩や狩野恵輔にスタメンマスクを譲ることが多く、セ・パ交流戦時に右のふくらはぎを痛めたこともあり、一時登録を抹消。打率.236, 6本塁打と打撃不振に終わった。同年オフには北京五輪の野球日本代表に招集され、アジア予選で試合の終盤を任される「抑え捕手」として活躍した。矢野燿大 フレッシュアイペディアより)

  • 城島健司

    城島健司から見た狩野恵輔狩野恵輔

    10月19日にはマリナーズとの残り2年間の契約を破棄し、日本球界に復帰する意向であることが発表された。阪神が獲得に動き、やや遅れて古巣のソフトバンクも獲得の意向を示したが、27日の阪神との2度目の交渉で入団の意思を表明した。この時阪神が城島の獲得に至った経緯として、前年までの正捕手矢野輝弘がこの年故障で長く欠場し、代わって正捕手格となった狩野恵輔も送球面などの不安を抱えていたこと、また右打ちの強打者がチームに少なかったことがあり、城島はいずれの補強ポイントにも合致していた。城島自身はこれ以前にFBSの『夢空間スポーツ』のコーナー内のインタビューにて「(選手として)バリバリの状態で福岡に戻りたい」、「今の自分があるのはホークスのおかげであり、ユニフォームを脱ぐ時は福岡でホークスのユニフォームを脱ぎたい」と語っており、ソフトバンク球団側も背番号「2」を欠番にし、城島のマリナーズ退団情報を9月中旬に掴んでいたが、この年に26本塁打を放ち飛躍した田上秀則の存在や城島自身の年俸の高騰などのため最終的には獲得を見送っている。11月13日に阪神入団が正式に発表された。年俸4億円+出来高払いの4年契約で、背番号は2。城島健司 フレッシュアイペディアより)

24件中 11 - 20件表示

「狩野恵輔」のニューストピックワード