40件中 11 - 20件表示
  • 2013年の日本プロ野球

    2013年の日本プロ野球から見た狩野恵輔狩野恵輔

    7月23日 - 阪神の育成選手の林啓介、狩野恵輔が支配下選手登録公示、背番号はそれぞれ98、992013年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の阪神タイガース

    2013年の阪神タイガースから見た狩野恵輔狩野恵輔

    7月23日 - 育成選手の林啓介、狩野恵輔が支配下選手登録公示、背番号はそれぞれ98、992013年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • エリック・スタルツ

    エリック・スタルツから見た狩野恵輔狩野恵輔

    3月31日に広島東洋カープと年俸7000万円プラス出来高払いで契約合意したことが発表された。背番号は24。入団後は先発ローテーションを任され、交流戦ではまずまずの投球で3勝をあげた。しかし、リーグ戦が再開すると不安定な投球が多く、8月12日のマツダスタジアムの阪神戦では城島健司、桜井広大、狩野恵輔に三者連続被弾するなど、途中加入ながらリーグワースト2位の23本の被本塁打を記録し、6勝10敗、防御率5.07と期待に応えられず、1年で退団となった。エリック・スタルツ フレッシュアイペディアより)

  • 内藤雄太

    内藤雄太から見た狩野恵輔狩野恵輔

    初盗塁:2009年4月19日、対阪神タイガース3回戦(横浜スタジアム)、7回裏に二盗(投手:阿部健太、捕手:狩野恵輔内藤雄太 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊ますだスポーツ

    週刊ますだスポーツから見た狩野恵輔狩野恵輔

    ナイターオフ期間の11月3日(木曜日・文化の日)には、「MBSラジオ秋まつり」第2部として、16:10 - 18:00に第3回を放送。増田・仙田・八木・豊永が毎日放送本社のラジオスタジオから、狩野恵輔(阪神外野手)・松本秀夫(当時ニッポン放送アナウンサー)・大澤広樹(東海ラジオアナウンサー)が電話でそれぞれ出演した。週刊ますだスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 城島健司

    城島健司から見た狩野恵輔狩野恵輔

    10月19日にはマリナーズとの残り2年間の契約を破棄し、日本球界に復帰する意向であることが発表された。阪神が獲得に動き、やや遅れて古巣のソフトバンクも獲得の意向を示したが、27日の阪神との2度目の交渉で入団の意思を表明した。この時阪神が城島の獲得に至った経緯として、前年までの正捕手矢野輝弘がこの年故障で長く欠場し、代わって正捕手格となった狩野恵輔も送球面などの不安を抱えていたこと、また右打ちの強打者がチームに少なかったことがあり、城島はいずれの補強ポイントにも合致していた。城島自身はこれ以前にFBSの『夢空間スポーツ』のコーナー内のインタビューにて「(選手として)バリバリの状態で福岡に戻りたい」、「今の自分があるのはホークスのおかげであり、ユニフォームを脱ぐ時は福岡でホークスのユニフォームを脱ぎたい」と語っており、ソフトバンク球団側も背番号「2」を欠番にし、城島のマリナーズ退団情報を9月中旬に掴んでいたが、この年に26本塁打を放ち飛躍した田上秀則の存在や城島自身の年俸の高騰などのため最終的には獲得を見送っている。城島健司 フレッシュアイペディアより)

  • ぶったま!

    ぶったま!から見た狩野恵輔狩野恵輔

    広沢克実、中村豊(共に阪神タイガースコーチ)、狩野恵輔、江草仁貴、渡辺亮、葛城育郎、秀太(スペシャルゲストの当時:阪神タイガース選手)ぶったま! フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県立前橋工業高等学校

    群馬県立前橋工業高等学校から見た狩野恵輔狩野恵輔

    狩野恵輔 - 阪神タイガース、 2017年 阪神タイガース選手会長群馬県立前橋工業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 桜井広大

    桜井広大から見た狩野恵輔狩野恵輔

    に初のシーズン二桁本塁打を放ち、規定打席には届かなかったが自己最多の103試合に出場し、打率.302、12本塁打、42打点を記録した。は開幕からレギュラーとなり、同年のチーム初本塁打を放つも、7月11日に右肘痛が原因で降格する。8月10日に再昇格した2日後の広島東洋カープ戦で城島健司・狩野恵輔と共に3者連続本塁打を放った。しかし復帰はしたものの右肘は完治しておらず、オフに右肘の手術に踏み切った。桜井広大 フレッシュアイペディアより)

  • 関本賢太郎

    関本賢太郎から見た狩野恵輔狩野恵輔

    には、開幕2戦目(3月28日)の中日戦(京セラドーム)延長10回裏無死満塁から代打に起用されたところ、祖父江大輔からフルカウントの末に左腕へ死球を受けた。チームは前夜(27日)の開幕戦でも中日から延長10回裏にサヨナラ勝ちを収めていたため、この死球によって、球団史上初(延長戦としてはNPB史上4度目)の開幕2試合連続サヨナラ勝利を達成した。セ・パ交流戦の期間中には、西岡と新井良太(前述した貴浩の弟)が故障で相次いで戦線を離脱したため、彼らに代わる三塁手として急遽スタメンに起用。しかし、その直後に左脇腹を痛めたため、6月2日に出場選手登録を抹消された。7月10日に一軍へ復帰したが、復帰後に右の背筋を痛めたことや、自身の離脱中に狩野恵輔が右の代打要員として自身を上回る成績を残してきたことから8月6日付で再び登録を抹消。9月8日の再々登録後は、代打での打率が一時5割を越えていた。しかし、同月29日には、この年限りで現役を引退する意思を球団に伝えていたことが判明。翌30日に阪神甲子園球場内で開いた記者会見を通じて、正式に引退を表明した。なお、引退表明直後の10月2日には、1点ビハインドで迎えた対ヤクルト戦(神宮)の9回表に代打で同点適時打。結果として、この一打で現役最後の安打と打点を記録した。関本賢太郎 フレッシュアイペディアより)

40件中 11 - 20件表示

「狩野恵輔」のニューストピックワード