120件中 21 - 30件表示
  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た武田翔太

    には、開幕から二軍生活を送っていた。しかし、腰痛で戦線を離脱した新井良太に代わって、8月29日にシーズン初の一軍昇格。当日の対ヤクルト戦でスタメンに起用されると、一軍では自身2年振りの本塁打を赤川克紀から放つなど、3安打4打点を挙げた。9月22日に出場選手登録を抹消されたが、福岡ソフトバンクホークスと対戦した日本シリーズでは、腰を痛めた新井貴浩に代わって急遽ベンチ入り。10月26日の第2戦(福岡ヤフオクドーム)6回表2死に代打で出場すると、ソフトバンク先発・武田翔太から球団史上初の日本シリーズ代打初打席初安打を記録した(詳細後述)。また、同月21日には、「日本プロ野球80周年記念試合」の「阪神・巨人連合チーム」のメンバーに選出。11月11日に阪神甲子園球場で開かれた試合では、6回裏に1番打者・亀井義行(巨人)の代打で出場すると、二塁打を含む3打数1安打1打点を記録した。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た川島亮

    初盗塁:2009年4月5日、対東京ヤクルトスワローズ3回戦(京セラドーム大阪)、4回裏に二盗(投手:川島亮、捕手:相川亮二)狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た新井良太

    には、開幕から二軍生活を送っていた。しかし、腰痛で戦線を離脱した新井良太に代わって、8月29日にシーズン初の一軍昇格。当日の対ヤクルト戦でスタメンに起用されると、一軍では自身2年振りの本塁打を赤川克紀から放つなど、3安打4打点を挙げた。9月22日に出場選手登録を抹消されたが、福岡ソフトバンクホークスと対戦した日本シリーズでは、腰を痛めた新井貴浩に代わって急遽ベンチ入り。10月26日の第2戦(福岡ヤフオクドーム)6回表2死に代打で出場すると、ソフトバンク先発・武田翔太から球団史上初の日本シリーズ代打初打席初安打を記録した(詳細後述)。また、同月21日には、「日本プロ野球80周年記念試合」の「阪神・巨人連合チーム」のメンバーに選出。11月11日に阪神甲子園球場で開かれた試合では、6回裏に1番打者・亀井義行(巨人)の代打で出場すると、二塁打を含む3打数1安打1打点を記録した。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た中村亘佑

    阪神一筋の高卒選手として数々の試練を乗り切ったことや、育成選手から支配下登録選手への復帰後に勝負強い打撃で再起を果たしたことなどを背景に、ファンやチームメイトや関係者からの人望が厚い。甲子園球場での引退試合では、広島のウエスタン・リーグの優勝が決まった後の公式戦にもかかわらず、開門前から(前日からの徹夜組を含む)およそ1,000名の待ち行列ができた。4-4の同点で迎えた9回裏2死無走者の場面では、3番打者・陽川尚将の出塁によって次打者の狩野に第5打席が回ることを察した広島の捕手・中村亘佑が、投手の飯田哲矢に陽川への敬遠四球を指示。狩野は中堅手への浅いフライに終わったものの、広島バッテリーの計らいで、5回にわたって打席を迎えられた。さらに試合後には、広島ナインから5回にわたって胴上げされたばかりの江草を手招きすると、阪神ナインも5回にわたって江草を胴上げ。狩野自身も、江草の胴上げに続いて開かれた引退セレモニーの最後に、阪神ナインから胴上げされた。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た堂林翔太

    阪神球団では、狩野の引退表明を受けて、2017年9月27日のウエスタン・リーグ対広島戦(甲子園)を狩野の引退試合として開催。「4番・指名打者」としてスタメンに起用された狩野は、元・チームメイト江草仁貴の引退登板と重なった8回裏の最終打席で、江草から現役最後の安打を二塁打で記録した。さらに、自身と同じく現役引退を表明している安藤が登板した9回表2死からは、2009年の一軍開幕戦で組んだ安藤とのバッテリーが久々に実現。捕手としての公式戦出場は2011年以来6年振りであったが、広島の打者・堂林翔太からの三振によって、捕手生活に終止符を打った。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た陽川尚将

    阪神一筋の高卒選手として数々の試練を乗り切ったことや、育成選手から支配下登録選手への復帰後に勝負強い打撃で再起を果たしたことなどを背景に、ファンやチームメイトや関係者からの人望が厚い。甲子園球場での引退試合では、広島のウエスタン・リーグの優勝が決まった後の公式戦にもかかわらず、開門前から(前日からの徹夜組を含む)およそ1,000名の待ち行列ができた。4-4の同点で迎えた9回裏2死無走者の場面では、3番打者・陽川尚将の出塁によって次打者の狩野に第5打席が回ることを察した広島の捕手・中村亘佑が、投手の飯田哲矢に陽川への敬遠四球を指示。狩野は中堅手への浅いフライに終わったものの、広島バッテリーの計らいで、5回にわたって打席を迎えられた。さらに試合後には、広島ナインから5回にわたって胴上げされたばかりの江草を手招きすると、阪神ナインも5回にわたって江草を胴上げ。狩野自身も、江草の胴上げに続いて開かれた引退セレモニーの最後に、阪神ナインから胴上げされた。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た久保裕也 (野球)

    初本塁打:2007年4月21日、対読売ジャイアンツ5回戦(阪神甲子園球場)、4回裏に久保裕也から中越ソロ狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た一場靖弘

    前橋工業高校への進学後は、3年夏の選手権群馬大会で4本塁打を放って大会新記録を達成。決勝で一場靖弘を擁する桐生第一高校と対戦したものの、チームが敗戦を喫したばかりか、自身も最後の打者になった。ちなみに在学中には、捕手にしては高い打撃センスと大人びた風貌から、右打者ながら「上州の掛布」と呼ばれていた。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た下柳剛

    は矢野が右ひじの故障で開幕に間に合わなかったこともあり、初めて開幕スタメン出場をした。その後も実質的に正捕手として投手陣をリードし、打撃でも勝負強さを発揮した。矢野が復帰した後も安藤優也や下柳剛以外の先発投手が登板した試合で捕手を務め、自己最多の127試合に出場し、二桁盗塁、リーグトップの敬遠数を記録した。ちなみに阪神生え抜きの捕手としては、1992年の山田勝彦の114試合、1988年の木戸克彦の121試合を超える出場数を記録した(しかし両者は130試合制での記録である)。同年オフに城島健司が加入したことから、出場機会を増やすため外野手へのコンバート話も一時持ち上がったが、結局この時は捕手を続けることが決まった。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た村中恭兵

    には、登録ポジションを外野手登録に変更したが、狩野自身は捕手と両立することを希望。春季キャンプ前の自主トレーニングでは、ブルペンに入って投手陣の投球を受けることもあった。前述した手術から間もないことから、春季キャンプを二軍で過ごしたが、オープン戦から一軍に昇格。しかし、昇格直後にヘルニアが再発したため、オープン戦からシーズンの終盤まで二軍での調整を余儀なくされた。8月26日にシーズン初の出場選手登録を果たすと、当日の対東京ヤクルトスワローズ戦(甲子園)に「7番・左翼手」としてスタメンで出場。5回裏の打席で村中恭兵からの2点適時打によって一軍公式戦でのシーズン初安打・初打点を記録すると、チームも勝利したことから、試合後にはヒーローインタビューを受けた。しかし、以降は一軍公式戦9試合に出場しただけでシーズンを終えた。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

120件中 21 - 30件表示

「狩野恵輔」のニューストピックワード