120件中 31 - 40件表示
  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見たジョン・ベイル

    初打席:同上、9回表にジョン・ベイルの前に空振り三振狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た鳥谷敬

    初出場:2004年9月22日、対広島東洋カープ25回戦(広島市民球場)、9回表に鳥谷敬の代打で出場狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た赤星憲広

    2017年12月1日付で、「レッドスターベースボールクラブ」(阪神時代のチームメイトで同期入団の赤星憲広が主宰する中学生向けの硬式野球チーム)の総監督に就任。同月には、大学生や高校生の指導に必要な学生野球資格の回復に向けて、学生野球資格回復研修を受講した。2018年からは、フリーの野球解説者(日本テレビ、読売テレビ、サンテレビ、スカイ・エー)・デイリースポーツの野球評論家としても活動。MBSテレビ・MBSラジオの『MBSベースボールパーク』阪神戦中継でも、「フィールドキャスター」(サッカー中継のピッチ解説者に相当する役割)を担う。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た読売ジャイアンツ

    は浅井良や野口寿浩を押しのけて初の開幕一軍を勝ち取り、4月20日の対読売ジャイアンツ戦で延長12回に代打出場し、プロ初安打・初打点となるサヨナラ安打を豊田清から放った。西武では抑えとしてリーグ優勝と日本一に貢献した実績のある豊田から1軍での出番をほとんど得られなかった選手の一打だったこともあり、翌日のスポーツ新聞では大きく取り上げられた。翌日にはスタメン出場し、プロ初本塁打を記録。同年の阪神は右打者の不振が深刻で、本塁打は開幕から10試合目に投手のライアン・ボーグルソンから出たものが最初で、右打ちの野手が放ったものとしては19試合目の狩野のこの本塁打が初だった。こうしたチーム事情に加え、狩野自身も初安打の後1か月近く打撃好調でしばらくは代打の切り札的な存在になり、打撃不振だった正捕手の矢野に代わってスタメン出場も多かった。その後は相手の研究もあってジリジリと打率を下げたが、主に代打や代走要員としてほぼシーズン通して一軍に帯同した。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た毎日放送

    MBSテレビの情報番組『せやねん!』では、狩野を定期的に取材するとともに、スポーツコーナーの「せやねん!スポーツ」で近況を随時紹介している。狩野の現役最終年であった2017年には、狩野とのコラボレーション企画による「必殺仕事人 逆転狩野弁当」を、甲子園球場内の売店で販売。同年9月30日放送分の同コーナーでは、狩野の引退試合や家族に対する密着取材の模様を放送した。ちなみに、「逆転狩野弁当」の開発に際しては、阪神OBの藪恵壹(「せやねん!スポーツ」レギュラー解説者)もプロデュースに関与。同年10月3日にMBSラジオで放送された『ありがとうボクらの虎戦士たち』(18:00 - 20:00に生放送の特別番組)では、毎日放送のスポーツアナウンサー・井上雅雄(「せやねん!スポーツ」キャスター)による引退試合の実況音源を特別に流した。狩野自身は、現役引退後の2018年から、藪が解説者、井上が実況やベンチリポーターを務める『MBSベースボールパーク』(MBSラジオ版)でフィールドキャスターを担当する。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見たデイリースポーツ

    2017年12月1日付で、「レッドスターベースボールクラブ」(阪神時代のチームメイトで同期入団の赤星憲広が主宰する中学生向けの硬式野球チーム)の総監督に就任。同月には、大学生や高校生の指導に必要な学生野球資格の回復に向けて、学生野球資格回復研修を受講した。2018年からは、フリーの野球解説者(日本テレビ、読売テレビ、サンテレビ、スカイ・エー)・デイリースポーツの野球評論家としても活動。MBSテレビ・MBSラジオの『MBSベースボールパーク』阪神戦中継でも、「フィールドキャスター」(サッカー中継のピッチ解説者に相当する役割)を担う。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見たオープン戦

    には、登録ポジションを外野手登録に変更したが、狩野自身は捕手と両立することを希望。春季キャンプ前の自主トレーニングでは、ブルペンに入って投手陣の投球を受けることもあった。前述した手術から間もないことから、春季キャンプを二軍で過ごしたが、オープン戦から一軍に昇格。しかし、昇格直後にヘルニアが再発したため、オープン戦からシーズンの終盤まで二軍での調整を余儀なくされた。8月26日にシーズン初の出場選手登録を果たすと、当日の対東京ヤクルトスワローズ戦(甲子園)に「7番・左翼手」としてスタメンで出場。5回裏の打席で村中恭兵からの2点適時打によって一軍公式戦でのシーズン初安打・初打点を記録すると、チームも勝利したことから、試合後にはヒーローインタビューを受けた。しかし、以降は一軍公式戦9試合に出場しただけでシーズンを終えた。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た東京ヤクルトスワローズ

    には、登録ポジションを外野手登録に変更したが、狩野自身は捕手と両立することを希望。春季キャンプ前の自主トレーニングでは、ブルペンに入って投手陣の投球を受けることもあった。前述した手術から間もないことから、春季キャンプを二軍で過ごしたが、オープン戦から一軍に昇格。しかし、昇格直後にヘルニアが再発したため、オープン戦からシーズンの終盤まで二軍での調整を余儀なくされた。8月26日にシーズン初の出場選手登録を果たすと、当日の対東京ヤクルトスワローズ戦(甲子園)に「7番・左翼手」としてスタメンで出場。5回裏の打席で村中恭兵からの2点適時打によって一軍公式戦でのシーズン初安打・初打点を記録すると、チームも勝利したことから、試合後にはヒーローインタビューを受けた。しかし、以降は一軍公式戦9試合に出場しただけでシーズンを終えた。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た阪神タイガース

    狩野 恵輔(かのう けいすけ、1982年12月17日 - )は、阪神タイガースに所属していた群馬県渋川市出身の元プロ野球選手(捕手、外野手)。野球解説者。野球評論家。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た広島東洋カープ

    は一軍で開幕を迎えたものの、城島が正捕手となったために当初は出場機会に恵まれなかったが、前年の正捕手として、新加入の城島に投手陣の情報を伝えることもあった。やがて打撃と走力を買った首脳陣の判断で4月8日に調整のため二軍降格。ウエスタン・リーグの試合で実戦感覚を養いつつ、外野の守備にも就いた。連続フルイニング出場を続けていた金本が故障でスタメンを外れるようになったこともあり、4月20日に一軍再昇格すると同日の対広島東洋カープ戦で左翼手として先発出場し、シーズン初本塁打を放った。その後はなかなか出場機会を得られずに32試合の出場に終わったが、うち外野手としての出場が19試合で、捕手としての出場は1試合に留まった。10月10日のフェニックスリーグ・対横浜ベイスターズ戦で腰を痛め、翌月に椎間板ヘルニア除去手術を受けた。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

120件中 31 - 40件表示

「狩野恵輔」のニューストピックワード