120件中 41 - 50件表示
  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た阪神甲子園球場

    には、開幕から二軍生活を送っていた。しかし、腰痛で戦線を離脱した新井良太に代わって、8月29日にシーズン初の一軍昇格。当日の対ヤクルト戦でスタメンに起用されると、一軍では自身2年振りの本塁打を赤川克紀から放つなど、3安打4打点を挙げた。9月22日に出場選手登録を抹消されたが、福岡ソフトバンクホークスと対戦した日本シリーズでは、腰を痛めた新井貴浩に代わって急遽ベンチ入り。10月26日の第2戦(福岡ヤフオクドーム)6回表2死に代打で出場すると、ソフトバンク先発・武田翔太から球団史上初の日本シリーズ代打初打席初安打を記録した(詳細後述)。また、同月21日には、「日本プロ野球80周年記念試合」の「阪神・巨人連合チーム」のメンバーに選出。11月11日に阪神甲子園球場で開かれた試合では、6回裏に1番打者・亀井義行(巨人)の代打で出場すると、二塁打を含む3打数1安打1打点を記録した。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た亀山努

    にはウエスタン・リーグで打率.348を記録。規定打席不足ながら、不足分の打席を全て凡退として計算してもリーグ最高打率なら首位打者に認定される規定により、チームでは1986年の吉川弘幸、1990年・91年の亀山努以来3人目となる首位打者を獲得した。同年オフの第2子誕生を契機に「これ以上二軍でくすぶって家族に迷惑をかけられない」と一念発起。金本知憲が通う広島のジムで金本と共にトレーニングを積み、正捕手である矢野輝弘の自主トレにも参加した。背番号も、「もう後がない」という意味で、NPBの支配下登録選手が着用できる番号では最も大きい99に変更している。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た山田勝彦

    は矢野が右ひじの故障で開幕に間に合わなかったこともあり、初めて開幕スタメン出場をした。その後も実質的に正捕手として投手陣をリードし、打撃でも勝負強さを発揮した。矢野が復帰した後も安藤優也や下柳剛以外の先発投手が登板した試合で捕手を務め、自己最多の127試合に出場し、二桁盗塁、リーグトップの敬遠数を記録した。ちなみに阪神生え抜きの捕手としては、1992年の山田勝彦の114試合、1988年の木戸克彦の121試合を超える出場数を記録した(しかし両者は130試合制での記録である)。同年オフに城島健司が加入したことから、出場機会を増やすため外野手へのコンバート話も一時持ち上がったが、結局この時は捕手を続けることが決まった。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見たフェリー・コーステン

    OUT OF THE BLUE - System F (2013年 - 2016年)狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た野口寿浩

    は浅井良や野口寿浩を押しのけて初の開幕一軍を勝ち取り、4月20日の対読売ジャイアンツ戦で延長12回に代打出場し、プロ初安打・初打点となるサヨナラ安打を豊田清から放った。西武では抑えとしてリーグ優勝と日本一に貢献した実績のある豊田から1軍での出番をほとんど得られなかった選手の一打だったこともあり、翌日のスポーツ新聞では大きく取り上げられた。翌日にはスタメン出場し、プロ初本塁打を記録。同年の阪神は右打者の不振が深刻で、本塁打は開幕から10試合目に投手のライアン・ボーグルソンから出たものが最初で、右打ちの野手が放ったものとしては19試合目の狩野のこの本塁打が初だった。こうしたチーム事情に加え、狩野自身も初安打の後1か月近く打撃好調でしばらくは代打の切り札的な存在になり、打撃不振だった正捕手の矢野に代わってスタメン出場も多かった。その後は相手の研究もあってジリジリと打率を下げたが、主に代打や代走要員としてほぼシーズン通して一軍に帯同した。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た真弓明信

    は、春季キャンプから二軍で過ごしたが、真弓明信が阪神選手時代のに達成した代打としてのセントラル・リーグ記録(一軍公式戦でのシーズン通算30打点)の更新を目標に、オープン戦の終盤から一軍に合流。一軍の公式戦では、開幕から2試合で代打に起用されたものの、安打を放てないまま4月5日に出場選手登録を抹消された。抹消後は、戦力の若返りを図るチーム方針の下で、「7月までに一軍へ戻れなければ現役を引退する」と決意。実際には8月29日に再び登録されると、一軍公式戦3試合に代打で起用されたが、いずれも無安打に終わった。9月4日に再び登録を抹消。9月16日には、このシーズン限りで現役を引退することなどが報じられた。9月18日に、引退を正式に発表。同日に臨んだ引退会見では、「シーズン前から引退を覚悟していたが、自分の実力がかなり落ちてきたことをシーズン中に感じたので、引退を決めてからは思い切って野球に臨めている」「甲子園は世界一の球場。阪神で17年間にわたって、自分ほど愛された選手はいないと思う。ファンに支えられながら、17年間(阪神でプレー)できたのは誇り」と涙ながらに語った。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た吉川弘幸

    にはウエスタン・リーグで打率.348を記録。規定打席不足ながら、不足分の打席を全て凡退として計算してもリーグ最高打率なら首位打者に認定される規定により、チームでは1986年の吉川弘幸、1990年・91年の亀山努以来3人目となる首位打者を獲得した。同年オフの第2子誕生を契機に「これ以上二軍でくすぶって家族に迷惑をかけられない」と一念発起。金本知憲が通う広島のジムで金本と共にトレーニングを積み、正捕手である矢野輝弘の自主トレにも参加した。背番号も、「もう後がない」という意味で、NPBの支配下登録選手が着用できる番号では最も大きい99に変更している。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た浅井良

    浅井良や野口寿浩を押しのけて初の開幕一軍を勝ち取り、4月20日の対読売ジャイアンツ戦で延長12回に代打出場し、プロ初安打・初打点となるサヨナラ安打を豊田清から放った。西武では抑えとしてリーグ優勝と日本一に貢献した実績のある豊田から1軍での出番をほとんど得られなかった選手の一打だったこともあり、翌日のスポーツ新聞では大きく取り上げられた。翌日にはスタメン出場し、プロ初本塁打を記録。同年の阪神は右打者の不振が深刻で、本塁打は開幕から10試合目に投手のライアン・ボーグルソンから出たものが最初で、右打ちの野手が放ったものとしては19試合目の狩野のこの本塁打が初だった。こうしたチーム事情に加え、狩野自身も初安打の後1か月近く打撃好調でしばらくは代打の切り札的な存在になり、打撃不振だった正捕手の矢野に代わってスタメン出場も多かった。その後は相手の研究もあってジリジリと打率を下げたが、主に代打や代走要員としてほぼシーズン通して一軍に帯同した。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た橋本健太郎

    初安打・初打点:2007年4月20日、対読売ジャイアンツ4回戦(阪神甲子園球場)、12回裏に橋本健太郎の代打で出場、豊田清から左翼線サヨナラ適時打狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た飯田哲矢

    阪神一筋の高卒選手として数々の試練を乗り切ったことや、育成選手から支配下登録選手への復帰後に勝負強い打撃で再起を果たしたことなどを背景に、ファンやチームメイトや関係者からの人望が厚い。甲子園球場での引退試合では、広島のウエスタン・リーグの優勝が決まった後の公式戦にもかかわらず、開門前から(前日からの徹夜組を含む)およそ1,000名の待ち行列ができた。4-4の同点で迎えた9回裏2死無走者の場面では、3番打者・陽川尚将の出塁によって次打者の狩野に第5打席が回ることを察した広島の捕手・中村亘佑が、投手の飯田哲矢に陽川への敬遠四球を指示。狩野は中堅手への浅いフライに終わったものの、広島バッテリーの計らいで、5回にわたって打席を迎えられた。さらに試合後には、広島ナインから5回にわたって胴上げされたばかりの江草を手招きすると、阪神ナインも5回にわたって江草を胴上げ。狩野自身も、江草の胴上げに続いて開かれた引退セレモニーの最後に、阪神ナインから胴上げされた。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

120件中 41 - 50件表示

「狩野恵輔」のニューストピックワード