69件中 51 - 60件表示
  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た2000年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)

    群馬県勢多郡赤城村(現渋川市)出身。中学校では投手だったが、2年秋に主将となると同時に捕手に転向した。前橋工業高校では3年夏の群馬大会で大会新記録となる4本塁打を放ち、決勝で一場靖弘を擁する桐生第一高校と対戦するも最後の打者となり敗北。しかし、打撃センスを買われてのドラフトで阪神から3位指名を受け入団。高校時代は、パンチ力のある打撃と大人びた風貌から「上州の掛布」と呼ばれていた。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た主将

    群馬県勢多郡赤城村(現渋川市)出身。中学校では投手だったが、2年秋に主将となると同時に捕手に転向した。前橋工業高校では3年夏の群馬大会で大会新記録となる4本塁打を放ち、決勝で一場靖弘を擁する桐生第一高校と対戦するも最後の打者となり敗北。しかし、打撃センスを買われてのドラフトで阪神から3位指名を受け入団。高校時代は、パンチ力のある打撃と大人びた風貌から「上州の掛布」と呼ばれていた。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た打率

    にはウエスタン・リーグで規定打席不足ながら、不足分の打席を全て凡退として計算してもリーグ最高打率なら首位打者に認定される規定により、チームでは1986年の吉川弘幸以来2人目となる打率.348で首位打者を獲得した。同年オフの第2子誕生を契機に「これ以上二軍でくすぶって家族に迷惑をかけられない」と一念発起。金本知憲が通う広島のジムで金本と共にトレーニングを積み、正捕手である矢野輝弘の自主トレに参加して教えを乞うなど意欲を見せた。背番号も「63」から「もう後がない」という意味で「99」に変更。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た教育リーグ

    は一軍で開幕を迎えたものの、城島が正捕手となったために当初は出場機会に恵まれなかったが、前年の正捕手として、新加入の城島に投手陣の情報を伝えることもあった。やがて打撃と走力を買った首脳陣の判断で4月8日に調整のため二軍降格。ウエスタン・リーグの試合で実戦感覚を養いつつ、外野の守備にも就いた。連続フルイニング出場を続けていた金本が故障でスタメンを外れるようになったこともあり、4月20日に一軍再昇格すると同日の対広島戦で左翼手として先発出場し、シーズン初本塁打を放った。その後はなかなか出場機会を得られずに32試合の出場に終わったが、うち外野手としての出場が19試合で、捕手としての出場は1試合に留まった。10月10日のフェニックスリーグ・対横浜戦で腰を痛め、翌月に椎間板ヘルニア除去手術を受けた。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た代走

    は浅井良や野口寿浩を押しのけて初の開幕一軍を勝ち取り、4月20日の対巨人戦で延長12回に代打出場し、プロ初安打・初打点となるサヨナラ安打を放った。翌日にはスタメン出場し、プロ初本塁打を記録。同年の阪神は右打者の不振が深刻で、本塁打は開幕から10試合目に投手のライアン・ボーグルソンから出たものが最初で、右打ちの野手が放ったものとしては19試合目の狩野のこの本塁打が初だった。こうしたチーム事情に加え、狩野自身も初安打の後1か月近く打撃好調でしばらくは代打の切り札的な存在になり、打撃不振だった正捕手の矢野に代わってスタメン出場も多かった。その後は相手の研究もあってジリジリと打率を下げたが、主に代打や代走要員としてほぼシーズン通して一軍に帯同した。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見たピアノ

    特技は小さい頃から習っていたピアノ。鍵盤を叩くことで指先の感覚が鋭くなり、キャッチングにも活かせているという。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見たキャンプ (日本プロ野球)

    は外野手登録となったが、狩野自身は捕手と両立することを希望し、実際にブルペンに入って投手陣の投球を受けることもあった。手術明けのため春季キャンプは二軍スタートながらオープン戦から一軍に昇格していたが、程なくしてヘルニアが再発し、チームを離脱したが8月26日に1軍シーズン初登録された。さらにその日の対ヤクルト戦で5回裏に村中恭兵からシーズン初安打・初打点となる2点勝ち越し打を放ち甲子園球場でのお立ち台に立ったものも、シーズンを通した1軍出場数は10試合にとどまった。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た首位打者

    にはウエスタン・リーグで規定打席不足ながら、不足分の打席を全て凡退として計算してもリーグ最高打率なら首位打者に認定される規定により、チームでは1986年の吉川弘幸以来2人目となる打率.348で首位打者を獲得した。同年オフの第2子誕生を契機に「これ以上二軍でくすぶって家族に迷惑をかけられない」と一念発起。金本知憲が通う広島のジムで金本と共にトレーニングを積み、正捕手である矢野輝弘の自主トレに参加して教えを乞うなど意欲を見せた。背番号も「63」から「もう後がない」という意味で「99」に変更。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た野手

    は浅井良や野口寿浩を押しのけて初の開幕一軍を勝ち取り、4月20日の対巨人戦で延長12回に代打出場し、プロ初安打・初打点となるサヨナラ安打を放った。翌日にはスタメン出場し、プロ初本塁打を記録。同年の阪神は右打者の不振が深刻で、本塁打は開幕から10試合目に投手のライアン・ボーグルソンから出たものが最初で、右打ちの野手が放ったものとしては19試合目の狩野のこの本塁打が初だった。こうしたチーム事情に加え、狩野自身も初安打の後1か月近く打撃好調でしばらくは代打の切り札的な存在になり、打撃不振だった正捕手の矢野に代わってスタメン出場も多かった。その後は相手の研究もあってジリジリと打率を下げたが、主に代打や代走要員としてほぼシーズン通して一軍に帯同した。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見たプロ野球選手

    狩野 恵輔(かのう けいすけ、1982年12月17日 - )は、阪神タイガースに所属するプロ野球選手(外野手、捕手)。育成選手。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

69件中 51 - 60件表示

「狩野恵輔」のニューストピックワード