独コメルツ銀行 ニュース&Wiki etc.

コメルツ銀行(独:Commerzbank)は、ドイツのメガバンク。2012年現在、ドイツで2番目の預金高を持つ銀行である。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「コメルツ銀行」のつながり調べ

  • ヴァルトシュタディオン

    ヴァルトシュタディオンから見たコメルツ銀行

    2005年に地元のコメルツ銀行が命名権を獲得したため、同年よりコメルツバンク・アレーナ(Commerzbank-Arena)と改称されている。但し、FIFA(国際サッカー連盟)主催サッカー国際試合開催時はFIFA認定の公式パートナー・サプライヤー以外の企業名露出が禁止されている為、名称が変更される。2006 FIFAワールドカップの期間中はFIFAヴェルトマイスターシャフト・シュタディオン・フランクフルト(FIFA WM-Stadion Frankfurt、FIFAワールドカップスタジアム・フランクフルト)という名称が、2011 FIFA女子ワールドカップでもFIFAフラウエン・ヴェルトマイスターシャフト・シュタディオン・フランクフルト(FIFA Frauen-WM-Stadion Frankfurt、FIFA女子ワールドカップスタジアム・フランクフルト)という名称が使用された。(ヴァルトシュタディオン フレッシュアイペディアより)

  • ドレスナー銀行

    ドレスナー銀行から見たコメルツ銀行

    ドレスナー銀行()はかつて存在したドイツの銀行。ドイツ・クレディタンシュタルト、アングロ・ドイチェ・バンク他数行の支援により設立された。JPモルガンのコルレスバンクとしてAEGをファイナンスした。20世紀末は投資銀行も兼ねる大手ユニバーサルバンクであった(ドレスナー・クラインワート)。ドイツ銀行、コメルツ銀行と並びドイツ三大銀行と呼ばれていたが、ナチス・ドイツに国有化されるまで事実上のアメリカ資本であった。2001年にバークレイズと関係の深いアリアンツが買収した。世界金融危機の2008年にコメルツ銀行に再び譲渡され、翌2009年ブランドとしても消滅した。(ドレスナー銀行 フレッシュアイペディアより)

「コメルツ銀行」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「独コメルツ銀行」のニューストピックワード