前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示
  • 超高層建築物

    超高層建築物から見たコメルツ銀行コメルツ銀行

    歴史的な景観を重視するヨーロッパでは、元来超高層ビルの建設は余りされておらず、例外的には第二次世界大戦で壊滅したドイツのフランクフルトではドイツ及びヨーロッパの金融中心地として開発される際のオフィス供給の手段として、ドイツ銀行やコメルツ銀行などの200m級の超高層ビルが複数建設された。摩天楼の建つ一角はマイン川にマンハッタンを合わせた造語で「マインハッタン(Mainhattan)」と俗称される。またパリでは市内のオフィス需要を補うために郊外のデファンス(Défence)地区に新都心「ラ・デファンス(La Défence)」が作られ、ロンドンでは、「カナリー・ワーフ(Canary Wharf)」と呼ばれる新都心が作り出された。超高層建築物 フレッシュアイペディアより)

  • フランクフルト・アム・マイン

    フランクフルト・アム・マインから見たコメルツ銀行コメルツ銀行

    現在のフランクフルトは国際金融の中心地であり、工業や産業の中心でもある。経済的側面から世界都市の一つに数えられており、欧州中央銀行、ドイツ連邦銀行、フランクフルト証券取引所、ドイツ銀行、コメルツ銀行、ドイツ復興金融公庫、、(ヘラバ)の本社がある。ここに挙げきれない金融機関も多数存在する。 フランクフルト・アム・マイン フレッシュアイペディアより)

  • フリードリヒ・メルツ

    フリードリヒ・メルツから見たコメルツ銀行コメルツ銀行

    連邦議会議員当時の2002年から2004年まで、ケルンの弁護士事務所に所属しており、2004年からはベルリンのメイヤー・ブラウン国際弁護士事務所に転じている。現在アクサ、ドイツ証券取引所などの監査役、BASFの経営委員、ボルシア・ドルトムントやコメルツ銀行の相談役を務めている。2009年7月からは独米友好協会会長に就任、2010年1月からは死去したオットー・グラーフ・ラムスドルフの後任としてHSBC Trinkhausの経営委員に就任した。フリードリヒ・メルツ フレッシュアイペディアより)

  • ウルリッヒ・デメジエール

    ウルリッヒ・デメジエールから見たコメルツ銀行コメルツ銀行

    デメジエールには1944年に結婚した妻との間に二男二女があった。次男トーマス・デメジエールは2005年よりアンゲラ・メルケル内閣で連邦首相府長官、2009年より内相を経て、2011年より国防相を務めている。長男は長年コメルツ銀行経営陣に参画していた。ウルリッヒ・デメジエール フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルトシュタディオン

    ヴァルトシュタディオンから見たコメルツ銀行コメルツ銀行

    2005年に地元のコメルツ銀行が命名権を獲得したため、同年よりコメルツバンク・アレーナ(Commerzbank-Arena)と改称されている。但し、FIFA(国際サッカー連盟)主催サッカー国際試合開催時はFIFA認定の公式パートナー・サプライヤー以外の企業名露出が禁止されている為、名称が変更される。2006 FIFAワールドカップの期間中はFIFAヴェルトマイスターシャフト・シュタディオン・フランクフルト(FIFA WM-Stadion Frankfurt、FIFAワールドカップスタジアム・フランクフルト)という名称が、2011 FIFA女子ワールドカップでもFIFAフラウエン・ヴェルトマイスターシャフト・シュタディオン・フランクフルト(FIFA Frauen-WM-Stadion Frankfurt、FIFA女子ワールドカップスタジアム・フランクフルト)という名称が使用された。ヴァルトシュタディオン フレッシュアイペディアより)

  • 国立科学アカデミー・レオポルディーナ

    国立科学アカデミー・レオポルディーナから見たコメルツ銀行コメルツ銀行

    レオポルディーナ研究賞 (Leopoldina Research Prize、2001年コメルツ銀行財団の基金により創設)国立科学アカデミー・レオポルディーナ フレッシュアイペディアより)

  • コメルツ銀行タワー

    コメルツ銀行タワーから見たコメルツ銀行コメルツ銀行

    コメルツ銀行タワー()はドイツのフランクフルト中心部にある超高層ビル。コメルツ銀行の本社ビルである。コメルツ銀行タワー フレッシュアイペディアより)

  • くりっく365

    くりっく365から見たコメルツ銀行コメルツ銀行

    2009年10月30日週の取引終了時刻である5時00分直前に、南アフリカランド・円の11.5円付近で推移していた相場が、一瞬にして(投資家からみた)売値のみ8.435円まで一気に急落する(買値は全く動いていない)事件が発生し、8.435円でロスカットが発動するなど多大な損失を被る投資家が続出した。また週明けの月曜日ではロスカットによる相場変動を発端として南アフリカランドの実レートが急落し世界的な影響を及ぼした。当初、東京金融取引所は、マーケットメイカーの提示したレートであることを根拠に正式な配信レートであると表明したが、この件で損失を出した投資家から集団訴訟される事態に至り、また数日後にマーケットメイカーのコメルツ銀行が異常レートを配信したことを認め、8.435円でロスカットが発動した投資家に対してポジションの取り直しをするなどの救済策を行った。またコメルツ銀行は取引所から処分を受けたが、異常レートの配信を防止するサーキットブレーカー機能が無い取引所自身のシステムの脆弱性も露呈する結果となった。くりっく365 フレッシュアイペディアより)

  • 韓国外換銀行

    韓国外換銀行から見たコメルツ銀行コメルツ銀行

    KEDOのメインバンクとして朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に出張所を置いているほか、2004年にはイラクのザイトゥーン部隊にも出張所を設置した。企業向け金融にも強かったが、アジア通貨危機の影響を受け、ドイツのコメルツ銀行の救済出資を受けている。韓国外換銀行 フレッシュアイペディアより)

  • ドレスナー銀行

    ドレスナー銀行から見たコメルツ銀行コメルツ銀行

    ドレスナー銀行()はかつて存在したドイツの銀行。ドイツ・クレディタンシュタルト、アングロ・ドイチェ・バンク他数行の支援により設立された。JPモルガンのコルレスバンクとしてAEGをファイナンスした。20世紀末は投資銀行も兼ねる大手ユニバーサルバンクであった(ドレスナー・クラインワート)。ドイツ銀行、コメルツ銀行と並びドイツ三大銀行と呼ばれていたが、ナチス・ドイツに国有化されるまで事実上のアメリカ資本であった。2001年にバークレイズと関係の深いアリアンツが買収した。世界金融危機の2008年にコメルツ銀行に再び譲渡され、翌2009年ブランドとしても消滅した。ドレスナー銀行 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示

「独コメルツ銀行」のニューストピックワード