26件中 11 - 20件表示
  • ダブリン

    ダブリンから見たコメルツ銀行コメルツ銀行

    金融サービスは、ダブリンが国際金融センターの一つとして発展するとともに重要な地位を占めるようになった。500以上の金融機関がIFSCプログラムの下で取引を行っている 。ダブリンはアイルランドにおける金融の中心地である。 シティバンクや コメルツ銀行.などの外国銀行もダブリンに支店を設置している。主な取引所としては アイルランド証券取引所 (ISEQ),やインターネット・ニュートラル取引所 (INEX)、 アイルランド為替取引所 (IEX)などがある。 y Theatre]].ダブリン フレッシュアイペディアより)

  • ソシエテ・ジェネラル

    ソシエテ・ジェネラルから見たコメルツ銀行コメルツ銀行

    2016年 - 3月、重大不正捜査局がEULIBOR不正操作の疑いでSG元トレーダー1人とドイツ銀行行員・元行員4人の弁護人の欧州逮捕状を取った。4月、パナマ文書をめぐり、本社を捜索された。6月、フランスの労働裁判所がジェローム・ケルビエルの解雇は不当だとして、ソシエテ・ジェネラルに45万ユーロの損害賠償を命じた。SG側は上訴する方針。同月、クラインワート・ベンソン・ロンズデールを買収。かつてクラインワートはゴールド・フィックスの参加者であったが、1995年ドレスナー銀行に、また2009年ドレスナーごとコメルツ銀行に買収された。2009年10月リップルウッド・ホールディングスへ売却された。ソシエテ・ジェネラル フレッシュアイペディアより)

  • 香港上海銀行・香港本店ビル

    香港上海銀行・香港本店ビルから見たコメルツバンクコメルツ銀行

    香港上海銀行新社屋には莫大な建設費が投入されたが、同時に建設当時の考えられる最先端の建築技術をふんだんに使用している。超高層ビルとしては世界初となる吊り構造を採用した(その為、このビルの床に立つと時々揺れるような感覚に陥る事がある)。またガラスを多く利用している点では、現在のミニマリズム建築にも通じる。自然光を多く取り込めるようにするなどの点は、エコロジーを目標とした超高層ビルとして後にフォスターが設計する事になる、ドイツのフランクフルトに建設され1997年に完成したコメルツバンクのコメルツ銀行タワー(Commerzbank Tower:香港上海銀行・香港本店ビル フレッシュアイペディアより)

  • ホルツミンデン

    ホルツミンデンから見たコメルツ銀行コメルツ銀行

    この街の貯蓄銀行機能は2008年1月1日から、NORD/LBに属すブラウンシュヴァイク地方貯蓄銀行が担っている。ホルツミンデンを含む旧ブラウンシュヴァイク公領地域におけるNORD/LBの覇権は歴史的要因によるもので1754年にまで遡る。この他に、コメルツ銀行AG、ドイツ銀行AG、および1932年に設立されたヴェーザーベルクラント国民銀行eG の各支店がある。最後のヴェーザーベルクラント国民銀行は、1901年創立でアルテンドルフにあったホルツミンデン・ライフアイゼン農業信用金庫を吸収した。ホルツミンデン フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ銀行

    ドイツ銀行から見たコメルツ銀行コメルツ銀行

    ドイツ銀行はドイツポストに救済される2009年まで、コメルツ銀行・ドレスナー銀行と並び「ドイツ三大銀行」と呼ばれた。ドイツ銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 投資信託

    投資信託から見たコメルツ銀行コメルツ銀行

    国際社会が一斉に逆コースを向いた1949年のことである。ドイツのコメルツ銀行がバイエルン合同銀行などと共同出資で、投信を運用する管理会社を設立した(Allgemeine Deutsche Investment Gesellschaft mbH)。フランスでも国営の運用会社が誕生した(Société Nationale d'Investissement, cf. Maghrib)。その原資はドイツなどが所有したフランス企業株式であった。投資信託 フレッシュアイペディアより)

  • コーポレート・ガバナンス

    コーポレート・ガバナンスから見たコメルツ銀行コメルツ銀行

    ドイツのコーポレート・ガバナンスにおいて実際上大きな影響力を持っているのが、銀行である。ドイツの企業の資本構成は、従来間接金融に依存する割合が高く。株式の保有比率について見れば、大企業の比率が高く持合構造を形成する一方、年金基金の持株比率は極めて低い。銀行自体の持株比率は約10%で低いものの、銀行が(1)預金・貸出業務、(2)有価証券の引受・売却業務、(3)有価証券の寄託業務を行うというユニバーサル・バンク制度があり、銀行を通して株式を購入した非金融企業は、そのまま銀行に株式の議決権を寄託することが多い。そのため、銀行は、大債権者として、かつ50%〜55%の議決権を行使する株主として、企業に対し大きな影響力を及ぼしてきた。特にドイツ銀行、ドレスナー銀行、コメルツ銀行という3大ユニバーサル・バンクは支配的地位を有し、株主選出の監査役、特に監査役会会長を送り込んで経営の監視に当たってきた。また、更には執行役会、特に執行役会会長の人事についてもユニバーサル・バンクが掌握してきた。コーポレート・ガバナンス フレッシュアイペディアより)

  • アリアンツ

    アリアンツから見たコメルツ銀行コメルツ銀行

    2008年にドレスナー銀行をコメルツ銀行に売却。現在は30%の株式とアリアンツ保険のドレスナー銀行における独占販売権と投資信託の優先販売権を持つ。アリアンツ フレッシュアイペディアより)

  • IG・ファルベンインドゥストリー

    IG・ファルベンインドゥストリーから見たコメルツ銀行コメルツ銀行

    1951年、IGファルベンは正式に解散した。しかし、これはIGファルベン自身が1940年に決めた再組織プランに基いた内容だった。ソ連占領地区(のちの東ドイツ)の工場は人民公社に改組されるか戦時賠償として接収された。フランスも接収等の厳しい措置をとった。アメリカ・イギリス・フランス各占領地区では翌1952年にはバイエル、ヘキスト、BASF、アグフアなどの12社に分割されたが、やがてバイエル、ヘキスト、BASFの三社によって吸収されていった。IGファルベン本体の業務自体はIGファルベン精算会社に引き継がれた。批判的株主と呼ばれるグループは戦時中の補償は後継会社であるバイエル、ヘキスト、BASFの三社が行うべきと主張しているが、三社はIGファルベンの後継会社ではなく新企業であるため補償義務はないと主張しており、補償を求める訴えには応じていない。争点の行方はともかく、三社は要所で連携し、朝鮮特需で利益をあげ、その後はドイツ銀行の他にコメルツ銀行やドレスナー銀行をメインバンクとし、合理化と配当を実現し、アメリカ独占資本の計算で戦前に勝る成長を遂げたのである。IG・ファルベンインドゥストリー フレッシュアイペディアより)

  • ブロックチェーン

    ブロックチェーンから見たコメルツ銀行コメルツ銀行

    翌年にコンソーシアムを爆発的に拡大させた。2015年9月15日の参加者は次の通り。バークレイズ、ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行、オーストラリア・コモンウェルス銀行、クレディ・スイス、ゴールドマン・サックス、JPモルガン、ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、ステート・ストリート、UBS の9社であり、ここまでは日本でも幾つかのサイトで報じられている。2週間後、新たに13社が参加。内訳は次の通り。バンカメ、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、シティグループ、コメルツ銀行、ドイツ銀行、HSBC、三菱UFJフィナンシャル・グループ、モルガン・スタンレー、ナショナルオーストラリア銀行、カナダロイヤル銀行、SKF、ソシエテ・ジェネラル、トロント・ドミニオン銀行。10月28日にみずほ銀行、ノルデア銀行、ウニクレディトが参加。11月19日にパリバ、ウェルズ・ファーゴ、INGグループ、マッコーリー銀行、CIBCが参加。12月17日には12社も加勢した。顔ぶれは以下。モントリオール銀行、ダンスケ銀行、インテーザ・サンパオロ、ナティクシス、野村証券、ノーザン・トラスト、OP Financial Group、サンタンデール銀行、スコシアバンク、三井住友銀行、U.S. Bancorp、ウエストパック銀行。ブロックチェーン フレッシュアイペディアより)

26件中 11 - 20件表示

「独コメルツ銀行」のニューストピックワード