前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
393件中 1 - 10件表示
  • ライトレール

    ライトレールから見たシーメンスシーメンス

    近年は、北米のライトレールには70%低床車両の導入も進みつつある。ポートランドのMAX では1997年よりシーメンス製のSD660を導入している。また大手車両メーカーによるブランド化された高速型低床車輛の導入も進みつつある。例えば、欧州等のトラムトレインとも共通するが、シーメンス製S70(アヴァント)、ボンバルディア製フレキシティ・スウィフト、アルストム製Citadis Dualis等がある。なお近畿車輛や日本車輌などの日本の鉄道車両製造メーカーも北米向けの低床型等のライトレール車両の製造に携わっている。近畿車輛は70%低床車両で大きな北米市場シェアを占めている。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • 日窒コンツェルン

    日窒コンツェルンから見たシーメンスシーメンス

    大学を卒業した野口は、福島県郡山絹糸紡績会社の技師長として水力発電事業に取組んだ。次に、シーメンス東京事務所に移ると、同じく水力電気事業のコンサルタント、エンジニアリング、電力利用設備のマーケティングを経験した。日窒コンツェルン フレッシュアイペディアより)

  • 古河財閥

    古河財閥から見たシーメンスシーメンス

    1923年 - 古河電気工業と独シーメンス社の資本・技術提携により富士電機製造株式会社を設立、電気機器製造へ参入。古河財閥 フレッシュアイペディアより)

  • テレフンケン

    テレフンケンから見たシーメンスシーメンス

    テレフンケンは年前の1903年、シーメンスとAEGの合弁会社としてベルリンで設立されたドイツの無線とテレビの会社である。テレフンケン フレッシュアイペディアより)

  • 富士電機

    富士電機から見たシーメンスシーメンス

    古河電気工業とドイツのシーメンス社が資本・技術提携を行い設立した会社である。そのため、現在も古河グループで形成される古河三水会の中軸となる10社の理事会社のうちの1社となっている。富士電機 フレッシュアイペディアより)

  • 古河機械金属

    古河機械金属から見たシーメンスシーメンス

    創業は明治8年(1875年)で、創業者は古河市兵衛。古河電気工業、富士電機、富士通とともに「古河グループ(古河三水会)」の中核企業であり、旧・古河財閥の源流企業にして古河電工などの母体企業でもある。明治10年に足尾銅山の開発に着手、これが日本の銅産出量トップとなる(明治17年)など大鉱山に成長したことで古河財閥の礎を築く。その後、古河潤吉(2代目社長)・古河虎之助(3代・5代目社長)の下、足尾銅山を基盤に事業の近代化・企業の多角化を推進し、鉱山開発(古河機械金属)→電線製造(古河電工)→電気機器製造(富士電機)→通信機器製造(富士通)などと裾野を広げ、古河グループ各社が古河機械金属から様々な産業へと分社・独立していった(富士電機や富士通の「富士」は、古河の頭文字「ふ」とドイツ社シーメンスの「じ」に由来する)。また、急成長の過程で公害問題に直面したもののこれを克服し、近代日本産業の発展に大きく貢献した。古河機械金属 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ鉄道423形電車

    ドイツ鉄道423形電車から見たシーメンスシーメンス

    製造所  : アドトランツ、ボンバルディア・トランスポーテーション、シーメンスドイツ鉄道423形電車 フレッシュアイペディアより)

  • レーティッシュ鉄道Ge4/4 II形電気機関車

    レーティッシュ鉄道Ge4/4 II形電気機関車から見たシーメンスシーメンス

    1960年代のレーティッシュ鉄道本線系統で主力として運用されていた1910年代製のGe2/4形、Ge4/6形、1920年代製のGe6/6Iといった旧型電気機関車の代替と、旅客及び貨物輸送量の増加に対応するために計画され、1973年と1984-85年にそれぞれ10両と13両が製造された電気機関車で、当初の設計要件は35パーミルで200tを牽引して52km/hで、45パーミルで150tを牽引できる連続定格出力1600kWの4軸機というものであった。当時レーティッシュ鉄道ではサイリスタ位相制御の実用化を目指しており、シーメンス製の制御装置を搭載した1969年製のTe2/2 74-75形試作小形入換用電気機関車の導入および、BBC製の制御装置を搭載したベルン-レッチュベルク-シンプロン鉄道の試作改造機であるRe4/4形161号機を借用してのクール - ドマート/エムス間の1435mm/1000mmの三線区間での試運転などを実施しており、その結果を本機及び1971年から製造されたBe4/4 511-516形の実用化に結び付けている。本機は車体、機械部分、台車の製造をSLM、電機部分、主電動機の製造をBBCが担当し、価格は1両約3,800,000スイス・フラン(1984年製造分)であり、サイリスタ位相制御により1時間定格出力1700kW、牽引力116.5kNを発揮する汎用機となっており、35パーミルで200tを52km/hで牽引可能な性能を持つ。それぞれの機番とSLM製番、製造年、機体名(主に沿線の街の名称、各機体にエンブレムが設置される)は下記のとおりであり、総数23両はレーティッシュ鉄道の機関車では最大勢力である。なお、本機を3台車6軸、2車体連接としたGe6/6III形711、712号機の製造も計画されたが実現はしていない。レーティッシュ鉄道Ge4/4 II形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • ICE

    ICEから見たシーメンスシーメンス

    製造所 : AEG、アセア・ブラウン・ボベリ、ヘンシェル、クラウス=マッファイ、クルップ、シーメンスICE フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線

    新幹線から見たシーメンスシーメンス

    TGVは360km/hへの速度向上を計画している。2007年後半からフランスのTGV方式を採用したスペインのAVEは、マドリード - バルセロナ間630kmの新線で、ドイツのICEの技術に使われているシーメンス製の Velaro E という列車を使い350km/hで運転する計画がある。それが実現すれば、マドリード - バルセロナ間は2時間30分に短縮される。新幹線 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
393件中 1 - 10件表示

「独シーメンス」のニューストピックワード