537件中 91 - 100件表示
  • ノヴィ・ベオグラード

    ノヴィ・ベオグラードから見たシーメンスシーメンス

    ノヴィ・ベオグラードはセルビアの主要なビジネス地区となっている。多くの企業がノヴィ・ベオグラードに本社や地域拠点を置いており、エイサー、コムトレード(ComTrade)、イムテル・コンピューター(Imtel Computers)、マイクロソフト、イケア、デルタ・ホールディング(Delta Holding)、DHL、Jat航空、OMV、シーメンス、ソシエテ・ジェネラル、テレコム・スルビヤ(Telekom Serbia、テレノル・セルビア(Telenor Serbia)、ユニリーバ、VIPモバイル(Vip mobile)、ユーゴインポートSDPR(Yugoimport SDPR)、エリクソン、Colliers、CBリチャード・エリス(CB Richard Ellis)、シスコシステムズ、SAP AG、ヒューレット・パッカード、華為技術などの拠点が集中する。ベオグラード証券取引所(Belgrade Stock Exchange)もノヴィ・ベオグラードにある。この他にも、サヴァ・センター(Sava Center)、ホテル・ユーゴスラヴィヤ(Hotel Jugoslavija)、ゲネクス・コンドミニアム(Genex condominium)およびゲネクス・タワー(Genex Tower)、スポーツおよびコンサート会場のハラ・スポルトヴァ(Hala Sportova)およびベオグラード・アリーナ、高級ホテルのコンチネンタル・ホテル・ベオグラード(Continental Hotel Belgrade)、ホリデイ・イン、ハイアット、チューリップ・イン(Tulip Inn)などもある。この他にアダ橋(Ada Bridge)、ベオグラード臨空都市(Airport City Belgrade)、ウィーン保険グループ(Vienna Insurance Group)セルビア本社、セルビア電力産業公社本社、インテーザ銀行(Intesa)セルビア本社、ライファイゼン銀行本社、ビジネス地区「West 65」などの建設が進められている。ノヴィ・ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • O'zbekiston形電気機関車

    O'zbekiston形電気機関車から見たシーメンスシーメンス

    この形式の機関車は、中国の株洲電力機車とドイツのシーメンスが共同で製造したものであり、第一期の納入数量は12両である。そのうちシーメンスは主電動機である交流誘導電動機、主水冷インバータ、SIBAS32制御システムなどの動力装置を担当した。2002年6月、ウズベキスタン鉄道は株洲電力機車との、電気機関車12両の購入契約に調印した。この機関車はタシュケントとサマルカンドとの間の鉄道路線で、客車および貨物列車を牽引するために用いられ、一部の旧ソ連製の老朽化した機関車を代替する。これらの機関車は中国が最初に同国外に輸出する交流駆動の機関車であり、1両目の機関車は2003年11月に工場を出場し、残る11両とともに2004年までにウズベキスタンに輸送された。O'zbekiston形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • ウェスティングハウス・レール・システムズ

    ウェスティングハウス・レール・システムズから見たシーメンスシーメンス

    2013年(平成25年)にシーメンスに売却される前までは、当社は公開有限会社によって所有されていた。ウェスティングハウス・レール・システムズ フレッシュアイペディアより)

  • BLS AG RABe515形電車

    BLS AG RABe515形電車から見たシーメンスシーメンス

    スイス国鉄はチューリッヒのSバーンの輸送力増強用として、1989年から導入されたRe450形電気機関車が牽引する4両固定編成の2階建列車(通称DPZ)115編成と、その後2006年以降に増備されたシーメンス社のデジロシリーズを同様に2階建4両固定編成仕様としたRABe514形電車(通称DTZ)61編成に続く2階建のSバーン専用機として、6両50編成のRABe511形を2008年8月31日にシュタッドラーに10億スイス・フランで発注しており、2010年7月3日より順次ロールアウト、翌2011年から運行を開始している。また、2010年6月30日にはこの契約の最初のオプションが行使され、スイス国鉄の近郊区間のレギオエクスプレス用として6両50編成のうちの13編成とともに運行される4両編成の通称RABe511.1形24編成が発注され、2012年より運行を開始している。BLS AG RABe515形電車 フレッシュアイペディアより)

  • パーソンズ・マリン・スチーム・タービン

    パーソンズ・マリン・スチーム・タービンから見たシーメンスシーメンス

    会社は後にパーソンズ(C.A.Parsons)に吸収され、現在はドイツの複合企業シーメンスの一部門としてニューカッスル・ヒートン地区に残っている。パーソンズ・マリン・スチーム・タービン フレッシュアイペディアより)

  • イノトランス

    イノトランスから見たシーメンスシーメンス

    出展する企業は、アルストム、シーメンス、ボンバルディア・トランスポーテーションといった「ビッグ3」を初めとして、大小さまざまな鉄道関連企業となっている。多くはドイツを含めたヨーロッパ各国の企業とであるが、アメリカからの出展もある。近年は欧米以外からの参加も増加している。イノトランス フレッシュアイペディアより)

  • アヴァント

    アヴァントから見たシーメンスシーメンス

    アヴァント(Avanto)(S70型)はシーメンスが製造する低床ライトレール車両である。アメリカ国内の事業者とフランス国鉄が運営するパリトラムT4線で使用されている。アヴァントと類似し競合するシリーズとしてボンバルディアのフレキシティ・スウィフトやアルストムのシタディス500などがあげられる。アヴァント フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス・アリーナ

    シーメンス・アリーナから見たシーメンスシーメンス

    2004年に完成したアリーナは、ドイツの企業シーメンスが命名権を取得。主にバスケットボールのBCリエトゥヴォス・リータスの試合会場として使用されるほか、コンサートやアイスホッケー、K-1などのイベントに対応できる。シーメンス・アリーナ フレッシュアイペディアより)

  • ロヴィーサ原子力発電所

    ロヴィーサ原子力発電所から見たシーメンスシーメンス

    Loviisa 1、2の建設には西側陣営(ウェスティングハウス:アメリカ - 設備 / シーメンス:ドイツ - 工学技術)と東側陣営(アトムストロイエクスポルト:ソ連 - 原子炉技術)の両者によって形作られた混合企業体によって建設され、この対立下の2つの陣営による特殊な混合企業体には「Eastinghouse」というあだ名が与えられ、開発プロジェクトを率いた。ロヴィーサ原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄ED57形電気機関車

    国鉄ED57形電気機関車から見たシーメンスシーメンス

    シーメンスシュケルト社(電気部分)とボルジッヒ社(機械部分)によって1927年(昭和2年)に2両(製造番号11698,11699)が製造され、旅客列車牽引用として1928年(昭和3年)に輸入された。国鉄ED57形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

537件中 91 - 100件表示

「独シーメンス」のニューストピックワード