393件中 21 - 30件表示
  • ヴェルナー・フォン・ジーメンス

    ヴェルナー・フォン・ジーメンスから見たシーメンスシーメンス

    エルンスト・ヴェルナー・フォン・ジーメンス (、1816年12月13日?1892年12月6日) は、ドイツの電気工学者、発明家、実業家である。コンダクタンスなどのSI単位ジーメンスに名を残している。また、電機・通信の大手企業シーメンスの創業者でもある。ヴェルナー・フォン・ジーメンス フレッシュアイペディアより)

  • MIFARE

    MIFAREから見たシーメンスシーメンス

    MIFAREはもともとはMikronによって開発されたもので、MIFAREは「MIkron FARE-collection System」の略である。Mikronは、アメリカ合衆国のAtmel、オランダのフィリップス、ドイツのシーメンスにMIFARE技術をライセンスした。1998年にフィリップス社によって買収された。MIFARE フレッシュアイペディアより)

  • 古河グループ

    古河グループから見たシーメンスシーメンス

    古河市兵衛の時代から古河グループの事業展開に関係の深いドイツのシーメンスと協力して、電気機械器具の製造事業への進出計画が具体化したのは、第一次世界大戦後の日本における電力事業の拡大と工場用動力の電化の著しい進展があった1919年である。それは、ドイツと日本の双方で始まった。提携交渉は順調に始まったが、古河グループ側では古河商事の破綻と日本における恐慌の深刻化があり、シーメンス側もインフレーション克服のための対外投資の禁止策などの制約が生じ、交渉は一時、停滞した。その後、古河合名会社(現・古河機械金属)にかわり古河電気工業がシーメンスとの交渉当事者となり、両社の提携に対する熱意が高まる中で、1923年に富士電機製造(現・富士電機ホールディングス)が設立された。富士電機製造の「富士」とは、古河の頭文字「ふ」とシーメンス(Siemensのドイツ語読みはジーメンス)の頭文字「じ」に因んだものである。古河グループ フレッシュアイペディアより)

  • コンラート・ツーゼ

    コンラート・ツーゼから見たシーメンスシーメンス

    1967年までに Zuse KG は251台のコンピュータを販売したが、財政問題によってシーメンス社に身売りすることとなった。コンラート・ツーゼ フレッシュアイペディアより)

  • 南京安全区国際委員会

    南京安全区国際委員会から見たシーメンスシーメンス

    11月22日 南京安全区国際委員会が結成される。委員長は、ジーメンス南京支社の支配人であるジョン・H・D・ラーベが就く。南京安全区国際委員会 フレッシュアイペディアより)

  • リヒャルト・ザッパー

    リヒャルト・ザッパーから見たシーメンスシーメンス

    1965年には、シーメンスとイタルテルのために電話Grilloを手がけた。Grilloは現在、ニューヨーク近代美術館に展示されている。他の有名な作品として、アルテミデから発売された照明Tizio、アレッシィから発売された笛吹きケトル、LAMYから発売されたチタン製のボールペン dialog 1などがある。1981年からはIBMのコンピュータのデザインを手がけ、中でもThinkPadはラップトップの傑作と名高い。リヒャルト・ザッパー フレッシュアイペディアより)

  • 富士通

    富士通から見たシーメンスシーメンス

    1935年6月20日に富士電機製造株式会社(現・富士電機株式会社)の電話部所管業務を分離し、富士通信機製造株式会社として設立。1938年に専用の新工場(現在の川崎工場・本店)を建設して独立、1965年に資本的にも独立し、1967年に商号を省略形の「富士通」と改称した(なお、「富」は古河グループの「ふ」、「士」は、ドイツの電機メーカーであるシーメンス社(ドイツ語では「ジーメンス」社)の「じ」に由来する)。かつて(1978年まで)使用されていた社章は、親会社だった富士電機と同様に○の中に小文字アルファベットの“f”と“s”を組み合わせたものである。富士通 フレッシュアイペディアより)

  • 磁気浮上式鉄道

    磁気浮上式鉄道から見たシーメンスシーメンス

    磁気浮上鉄道の研究が本格化したのは1960年代に入ってからで、各国で研究が始まった。特に旧西ドイツは国家的支援を受けて、メッサーシュミット・ベルコウ・ブローム(MBB)社が1966年から本格的に研究を始め、1971年、Prinzipfahrzeug(車上一次リニア誘導モータ)が90km/hの記録をつくる。これは世界で初めての有人の磁気浮上鉄道である。また、1975年にKomet (Komponentenmeßtrager) が14mmの電磁吸引浮上で水蒸気ロケット推進ながら401.3km/hの記録をマーク。また、日本のHSSTの一部技術の基になった技術の導入元でもあったクラウス=マッファイ社が中心となったトランスラピッド・プロジェクトのTR-02号機が1971年に164km/hをマーク。またシーメンス社が中心となり、超電導による電磁誘導式浮上のEET-01が1974年に280mの円形軌道で230km/hの走行実験を行った。磁気浮上式鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 超低床電車

    超低床電車から見たシーメンスシーメンス

    北米のライトレールでは、近年、部分低床車両(70%低床車両)の導入が進んできている。オレゴン州ポートランドのMAX Light Rail で1997年よりシーメンス製のSD660を導入したのが最初である。超低床電車 フレッシュアイペディアより)

  • 直流送電

    直流送電から見たシーメンスシーメンス

    通例、アレヴァ、シーメンス、ABBなどの製造業者は、製造業者と顧客間の商業的な事柄のために、具体的なプロジェクトのはっきりしたコストの情報を提示しない。直流送電 フレッシュアイペディアより)

393件中 21 - 30件表示

「独シーメンス」のニューストピックワード