537件中 31 - 40件表示
  • 巌倉水電

    巌倉水電から見たシーメンスシーメンス

    巌倉水電の成功の後、田中善助は改めて青蓮寺川を開発すべく1906年(明治39年)に水利権を申請。この計画はシーメンス(ドイツ)の協力を得て三重共同電気となり、さらに津市へと進出して津電灯となった。続いて名張川上流部の比奈知川(ひなちがわ)の開発を試み、1914年(大正3年)に水利権を出願する。当初は宇治山田市(現・伊勢市)方面への送電を企画し、同地の伊勢電気鉄道と電力供給契約を締結していたが、許可が下りないのでこの契約を取り消し、送電距離が半分になり有利ということで奈良県の関西水力電気と供給契約を結びなおした。事業認可に伴い1919年(大正8年)4月、資本金50万円で比奈知川水電株式会社が発足した。巌倉水電 フレッシュアイペディアより)

  • 津電灯

    津電灯から見たシーメンスシーメンス

    三重共同電気の社長は、巌倉水電の社長も務める田中善助である。伊賀上野町(現・伊賀市)の実業家であった田中は、1904年(明治37年)に個人で巌倉発電所(水力発電所)を建設し、この事業を翌年に法人化して巌倉水電の社長となっていた。田中は続いて1906年(明治39年)に香落渓(名張川支流青蓮寺川)での水力開発を志し水利権を出願、「伊和水電」の設立を計画する。この事業には、当時有望な電気事業があれば投資し機械の供給などに協力するという営業方針を採っていたシーメンス(ドイツ)も加わり、同社の後援によって進捗して三重共同電気の設立となった。シーメンスを代表して同社大阪支店支配人川北栄夫(三重県出身)が取締役に加わり、同社日本代表者ヘルマンも顧問格となった。また、シーメンスとつながりの深かった技師高桑確一が新潟水力電気から転じて技師長として入社した。津電灯 フレッシュアイペディアより)

  • ヴェイキュロトマティクレジェ

    ヴェイキュロトマティクレジェから見たシーメンスシーメンス

    ヴェイキュロトマティクレジェ(Véhicule Automatique Léger)とはフランスの自動案内軌条式旅客輸送システム(AGT)で、略してVALと呼ばれる。フランスのマトラ社が開発し、GECアルストム(現アルストム)が製造を行っていたが、シーメンスのフランス法人に買収され、現在はシーメンス・モビリティのブランドとなっている。ヴェイキュロトマティクレジェ フレッシュアイペディアより)

  • ヴェルナー・フォン・ジーメンス

    ヴェルナー・フォン・ジーメンスから見たシーメンスシーメンス

    エルンスト・ヴェルナー・フォン・ジーメンス (, 1816年12月13日?1892年12月6日) は、ドイツの電気工学者、発明家、実業家である。コンダクタンスなどのSI単位ジーメンスに名を残している。また、電機・通信の大手企業シーメンスの創業者でもある。ヴェルナー・フォン・ジーメンス フレッシュアイペディアより)

  • ICE

    ICEから見たシーメンスシーメンス

    シーメンスはこのICE 3をベースとした高速鉄道車両のヴェラロを開発しており、スペインや中国、ロシア等に輸出している。また、ICE3のデザインの意匠を受けた列車が日本で製造されている。ICE フレッシュアイペディアより)

  • 交流電化

    交流電化から見たシーメンスシーメンス

    電気鉄道は、直流電源を用いる方式ではじまった。しかし市内電車や近距離鉄道には向いていたが、長距離鉄道には変電所の建設や送電のコスト、電圧降下などの問題があった。そのために交流電化を試みるようになる。19世紀末には低電圧の三相交流と誘導電動機を用いた方式がスイスの登山鉄道でいずれも1898年開業のユングフラウ鉄道(650 V, 40 Hz、現在は1125 V, 50 Hz)、ゴルナーグラート鉄道(550 V, 40 Hz、現在は750 V 50 Hz)、シュタンスシュタート-エンゲルベルク鉄道(850 V, 33 Hz、現在は単相交流15 kV, 16\frac{2}{3} Hz)で採用されている。また、ドイツでは1892年よりジーメンス社がこの方式の試験を進めていた。その後、同社やAEGなどが参加した高速電気鉄道研究会の実験路線(ベルリン郊外の王立プロイセン軍事鉄道線を使用)で1903年に電車と電気機関車がそれぞれ鉄道史上初となる200km/h突破 (210 km/h) を達成している(これは当時人類が搭乗可能な交通機関の最速記録でもあった)。交流電化 フレッシュアイペディアより)

  • ライトレール

    ライトレールから見たシーメンスシーメンス

    近年は、北米のライトレールには70%低床車両の導入も進みつつある。ポートランドの MAX では1997年よりシーメンス製の SD660 を導入している。また大手車両メーカーによるブランド化された高速型低床車輛の導入も進みつつある。例えば、欧州等のトラムトレインとも共通するが、シーメンス製S70(アヴァント)、ボンバルディア製フレキシティ・スウィフト、アルストム製 Citadis Dualis 等がある。なお近畿車輛や日本車輌などの日本の鉄道車両製造メーカーも北米向けの低床型等のライトレール車両の製造に携わっている。近畿車輛は70%低床車両で大きな北米市場シェアを占めている。ライトレール フレッシュアイペディアより)

  • ユーロスプリンター

    ユーロスプリンターから見たシーメンスシーメンス

    ユーロスプリンター(EuroSprinter)は、ドイツ・シーメンスが製造し、ヨーロッパの鉄道事業者に幅広く採用されている、セミオーダーメードタイプの汎用電気機関車の名称である。ユーロスプリンター フレッシュアイペディアより)

  • Vectron (機関車)

    Vectron (機関車)から見たシーメンスシーメンス

    Vectron(ベクトロン)は、ドイツの総合電機メーカーであるシーメンスにより製造・販売されているセミオーダーメードの電気機関車・ディーゼル機関車のプラットフォームである。Vectron (機関車) フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ鉄道

    ドイツ鉄道から見たシーメンスシーメンス

    特急旅客用から貨物用まで幅広い形式が存在する。近年は、車両メーカーのレディーメード(セミオーダー)タイプ(ヨーロッパ汎用タイプ)の機関車(シーメンスのEuroSprinterや、ボンバルディア・トランスポーテーションのTRAXXなど)が増えている。ドイツ鉄道 フレッシュアイペディアより)

537件中 31 - 40件表示

「独シーメンス」のニューストピックワード