393件中 61 - 70件表示
  • レンフェ252形電気機関車

    レンフェ252形電気機関車から見たシーメンスシーメンス

    レンフェ252形電気機関車(Serie 252 de Renfe)はユーロスプリンターの一群で、ドイツ鉄道の120型電気機関車を基にCAF-Macosa(現在のアルストム)、シーメンス、クラウス=マッファイが製造し、マドリード・セビーリャ間の高速新線に1992年から投入されたレンフェの電気機関車である。252形電気機関車はスペイン、ドイツ、フランス、ルクセンブルク、オーストリア、チェコスロバキア、イタリアの計7つの異なった国々が関わっていた。レンフェ252形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 転換 (原子力)

    転換 (原子力)から見たシーメンスシーメンス

    国内に二つあった燃料再転換工場は株式会社ジェー・シー・オーが臨界事故によって操業を止めたため、2004年現在、三菱原子燃料株式会社だけとなった。同社は加圧水型原子炉(PWR)用燃料のみを製造しているため、沸騰水型原子炉(BWR)用燃料の日本国内での再転換が不可能になった。このため現在ではアメリカの二社に再転換を委託している。このうちの一社はJCC(Joint Coversion Company)で、General Electric(GE)とJNF(日本ニュクリア・フュエル)の合弁会社であったが、2000年にGE、東芝、日立の合弁会社に再編されてGlobal Nuclear Fuel(GNF-A)となり、JNFはGNF-Jとなっている。もう一社はシーメンス系のSiemens Power Cooperation(SPC) である。転換 (原子力) フレッシュアイペディアより)

  • SolidDB

    SolidDBから見たシーメンスシーメンス

    歴史的には組み込み用のデータベースとして、通信機器、ネットワークソフトウェアなどで使われた。solidDBのユーザー企業には、アルカテル・ルーセント、シスコシステムズ、EMCコーポレーション、ヒューレット・パッカード、ノキア、シーメンスAGなどがある。SolidDB フレッシュアイペディアより)

  • 連邦軍大学

    連邦軍大学から見たシーメンスシーメンス

    連邦軍大学は次に代表されるドイツ経済産業界との協力関係の枠組みで外部資金を調達している。ドイツ研究財団(DFG)、ダイムラー・クライスラー、ドイツ航空宇宙センター、シーメンス、マン、ボッシュ、ドイツテレコム、ティッセンクルップ、ドイツ技術者協会(VDI)およびフォルクスワーゲン財団連邦軍大学 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄ED57形電気機関車

    国鉄ED57形電気機関車から見たシーメンスシーメンス

    シーメンスシュケルト社(電気部分)とボルジッヒ社(機械部分)によって1927年(昭和2年)に2両(製造番号11698,11699)が製造され、旅客列車牽引用として1928年(昭和3年)に輸入された。国鉄ED57形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • レーティッシュ鉄道Ge2/2形電気機関車

    レーティッシュ鉄道Ge2/2形電気機関車から見たシーメンスシーメンス

    1971、1972年にパンタグラフをSimens製のシングルアーム形1基に交換している。レーティッシュ鉄道Ge2/2形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 野口遵

    野口遵から見たシーメンスシーメンス

    1898年 シーメンス東京支社に入った。野口遵 フレッシュアイペディアより)

  • パテントプール

    パテントプールから見たシーメンスシーメンス

    2004年にW-CDMAに関連する、NTTドコモ、シーメンスなど7社が、3G Licensing社に運営を委託してパテントプールを作った。その後、パナソニックやSKテレコム、東芝等も加わり、計12社となった。このパテントプールには、大手ノキアやサムスン電子、LGエレクトロニクスは加入していない。パテントプール フレッシュアイペディアより)

  • SBBカーゴRe484形電気機関車

    SBBカーゴRe484形電気機関車から見たシーメンスシーメンス

    スイス国鉄では、Lok2000シリーズの高速高性能旅客貨物両用機であるRe460形の後継となるドイツ乗り入れ可能なゴッタルドルート用の貨物用機を探しており、Re460形を多電源化したRe462形の導入計画もあったがその価格がネックとなっていたため、ボンバルディア・トランスポーテーションがドイツ鉄道の貨物輸送部門用に185.1形として開発した安価な複数国対応機であるTRAXXシリーズのTRAXX 1プラットフォームを使用したF140 AC1型をスイス乗入仕様とした機体を2002年年以降Re482形として50両を発注して2003年までに35両の導入を進めていた。さらに、SBBカーゴでは貨物列車運行のさらなる効率化を図るために並行してイタリア乗入用の複数国対応機を導入することとなり、TRAXXシリーズの新しい4電源兼用プラットフォームであるTRAXX 2プラットフォームを使用したF140 AC2型をRe484形として導入したものが本機であり、シーメンス社のユーロスプリンターシリーズの4電源対応機であるES 64 F4プラットフォームを使用したものがRe474形であるが、すでにRe482形やRe421形といったドイツ乗入対応機が充足していたため、コスト面を考慮してドイツ、オーストリア乗入用の保安装置を搭載せず、スイスおよびイタリアのみで運用されることとなった。本機は2003年に18両が発注されたほか、2005年には納期遅れのために6両がキャンセルされたRe474形の代替として3両が発注されて計21両が製造され、2005年からはスイスとイタリア間の国際列車の運行を担当するチザルピーノに6両がリースされて国際旅客列車の牽引にも使用されている。本機は、Bo'Bo'の車軸配置およびVVVFインバータ制御による27パーミルで650tの列車を牽引可能な最大300kNの牽引力と、イタリア、スイスのそれぞれに対応した各種装備を持ち、車体、機械部分、台車、電機部分、主電動機の製造はすべてボンバルディア・トランスポーテーションが担当している。SBBカーゴRe484形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • FLIRT (鉄道車両)

    FLIRT (鉄道車両)から見たシーメンスシーメンス

    1990-2000年代の欧州では、各都市の路面電車に端を発したバリアフリー、超低床化の流れが鉄道車両にも波及していたほか、コスト低減の要請も高まっており、その結果として低床式車体でプラットフォームの概念を採入れた電車および気動車が各鉄道車両メーカーで用意されるようになり、タルボット車両工場のタレントやシーメンスのデジロといったシリーズが大量生産され始めていた。FLIRT (鉄道車両) フレッシュアイペディアより)

393件中 61 - 70件表示

「独シーメンス」のニューストピックワード