537件中 81 - 90件表示
  • 富士通テクノロジー・ソリューションズ

    富士通テクノロジー・ソリューションズから見たシーメンスシーメンス

    1999年、ドイツのシーメンスと富士通の合弁会社として、富士通シーメンス・コンピューターズ(Fujitsu Siemens Computers)が設立。富士通テクノロジー・ソリューションズ フレッシュアイペディアより)

  • エプコス

    エプコスから見たシーメンスシーメンス

    シーメンスと松下電器産業(現 パナソニック)の合弁会社として1989年に設立されたシーメンス・マツシタ・コンポーネンツ(Siemens Matsushita Components )を前身として、1999年に設立された。1999年10月15日にフランクフルト証券取引所およびニューヨーク証券取引所に株式を上場。この時点でのシーメンスと松下電器の持株比率は各12.5%であった。2006年にシーメンスと松下はそれぞれの持株を売却した。EPCOS AGは現在TecDAX採用銘柄となっている。2008年7月31日、TDKと事業統合契約を締結した。現在では「TDK-EPC」としてTDK株式会社の完全子会社となっている。エプコス フレッシュアイペディアより)

  • ルシアン・ゴーラール

    ルシアン・ゴーラールから見たシーメンスシーメンス

    後にはこのアイデアをアメリカ合衆国のウェスティングハウス・エレクトリックへ売却した。1885年、ウェスティングハウス・エレクトリックで働いて交流送電システムを研究していたウィリアム・スタンリーがゴーラールとギブスの考えに基づく初めての実用的な、現代の変圧器の元になった変圧器を製作した。変圧器自体は新しいものではなかったが、ゴーラール・ギブス式の設計は大量の電力を取り扱い、製造するのが簡単な最初のものであった。ウェスティングハウスは、ピッツバーグで交流送電網を実験するためにゴーラール・ギブス式変圧器とシーメンスの交流発電機を大量に輸入した。ルシアン・ゴーラール フレッシュアイペディアより)

  • テオドール・ヴァイゲル

    テオドール・ヴァイゲルから見たシーメンスシーメンス

    以後は不動産コンサルティング会社の監査役などを務めている。2009年1月から4年間、アメリカ合衆国司法省の委託を受け、シーメンス社の反不正担当役員(コンプライアンス・モニター)に就任。同じく証券取引委員会監査役を務める。かつてのドイツと欧州連合に対する貢献を評価され、2009年7月にCSU名誉党首に就任した。テオドール・ヴァイゲル フレッシュアイペディアより)

  • スウィートウォーターウインドファーム

    スウィートウォーターウインドファームから見たシーメンスシーメンス

    第5工期では35基のシーメンス製2.3MW発電機を導入する。スウィートウォーターウインドファーム フレッシュアイペディアより)

  • AMS (音響機器メーカー)

    AMS (音響機器メーカー)から見たシーメンスシーメンス

    AMS (Advanced Music Systems) 社は1976年に、Mark CrabtreeとStuart Nevisonによってイングランド西北部のランカシャーにて発足されたレコーディング・スタジオ向けの音響用デジタル・プロセッシング・オーディオ・システムの設計開発と生産を行っていた企業。1992年にはシーメンス・グループの傘下で、Neve Electronics社と合併し、現在ではAMS Neve社となっている。AMS (音響機器メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • R3000

    R3000から見たシーメンスシーメンス

    ミップス社は設計のみを行い、製造はメーカーに任せていた。R3000 を製造したメーカーとしては、IDT、LSIロジック、NEC、シーメンス、東芝などがある。SGIなどのワークステーションやサーバに使用された。また、派生品がPlayStationのプロセッサとしても使用され、組み込みシステムにも多く使われた。R3000 フレッシュアイペディアより)

  • シロヴィエ・マシーヌィ

    シロヴィエ・マシーヌィから見たシーメンスシーメンス

    2009年12月31日時点で69.92%の株式はが運営するHighstat Limitedが保有している。そのほか25%をシーメンスが、5.08%を複数の小投資家が保有するシロヴィエ・マシーヌィ フレッシュアイペディアより)

  • 長良川発電所

    長良川発電所から見たシーメンスシーメンス

    日露戦争後の好景気を迎えた1906年(明治39年)、名古屋電燈が名古屋への電力供給を目的に大規模な水力発電を計画していた。発電所の設計や測量に携わった野口遵(シーメンス電気会社の技師)が計画を名古屋電燈に持ち込み、事業は名古屋電燈に受け継がれ1908年(明治41年)に着工となった。1910年(明治43年)に完成し同年に運用開始した。運開当時は日本で2番目の規模であった。長良川で最も古い水力発電所であり、2000年(平成12年)に登録有形文化財に登録、2001年(平成13年)には発電所関連施設が登録有形文化財に登録、2007年度(平成19年度)に近代化産業遺産に認定された。長良川発電所 フレッシュアイペディアより)

  • Windows CardSpace

    Windows CardSpaceから見たシーメンスシーメンス

    Windows CardSpace は、WS-Security、WS-Trust、WS-MetadataExchange、WS-SecurityPolicy などのXMLベースのオープンなプロトコル群で構成されるWebサービスプロトコルスタック上に構築されている。すなわち、WS-* プロトコルをサポートしているテクノロジやプラットフォームなら、CardSpaceに統合可能である。あるWebサイトがインフォメーションカードに対応する場合、そのサイトがユーザーに対して要求するアイデンティティ情報をHTMLの タグで宣言し、ユーザーから渡されたトークンを解釈し情報を抽出するコードを実装すればよい。トークンを発行するアイデンティティプロバイダ側は、ユーザーが管理されたカードを取得する手段を提供し、WS-Trust要求に対して適切に暗号化され署名されたトークンを返すセキュリティトークンサービス (STS) を提供すればよい。自前でSTSを構築できないアイデンティティプロバイダは、様々なベンダー(PingID、BMC、サン・マイクロシステムズ、マイクロソフト、シーメンスなど)がSTSを提供しているので、それを利用すればよい。Windows CardSpace フレッシュアイペディアより)

537件中 81 - 90件表示

「独シーメンス」のニューストピックワード