前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示
  • シーメンス

    シーメンスから見た古河電気工業

    その後も発電・通信設備を中心とした製品供給が続き、八幡製鐵所、小野田セメント、伊勢電気鉄道、古河家日光発電所、曽木電気(のちの日本窒素肥料)等へ発電設備を供給した。また、逓信省へ、電話関係機器の多量かつ連続的な供給を行なった。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見たBenQ

    シーメンスは年前の2005年に携帯電話端末事業を中華民国の明基電通BenQ)に売却しているが、現在は「BenQ Siemens」ブランドで商品を発売するなど提携関係を継続している。また、日本法人が手掛けた医療搬送機器事業は2006年7月神鋼電機に事業譲渡している(神鋼電機が自社の病院搬送システム事業と統合、S&Sエンジニアリングを設立し事業継続している)。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見たTDK

    エプコス(現・TDKグループ)シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見た太平洋セメント

    その後も発電・通信設備を中心とした製品供給が続き、八幡製鐵所、小野田セメント、伊勢電気鉄道、古河家日光発電所、曽木電気(のちの日本窒素肥料)等へ発電設備を供給した。また、逓信省へ、電話関係機器の多量かつ連続的な供給を行なった。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見たクラシエホールディングス

    1941年、ドイツとソ連が交戦状態に入り、シベリア鉄道経由での貨物輸送が不可能になった。続く日米開戦により、東京シーメンスはほとんど全部の製品を国産化することとなった。この時期の納入実績としては、シーメンス水素電解槽の住友電気工業、日本カーバイド工業、鐘淵紡績等への供給、逓信省への大型短波放送設備の納入等がある。戦争が続く中で、資材の獲得が困難となり、戦時中は保守業務が中心となった。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見た富士電機

    満洲事変以降、富士電機は探照燈・特殊電気機器・船舶航空器材など軍需兵器関係の製作に力を入れることになり、シーメンスから専門技師を招致するなどして、シーメンス関連企業が設計製作を行なっていたその種の装置の国産化に努めた。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見た住友電気工業

    1941年、ドイツとソ連が交戦状態に入り、シベリア鉄道経由での貨物輸送が不可能になった。続く日米開戦により、東京シーメンスはほとんど全部の製品を国産化することとなった。この時期の納入実績としては、シーメンス水素電解槽の住友電気工業、日本カーバイド工業、鐘淵紡績等への供給、逓信省への大型短波放送設備の納入等がある。戦争が続く中で、資材の獲得が困難となり、戦時中は保守業務が中心となった。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見たアルミニウム

    1938年頃から、アルミニウム工場が日本国内、満洲、朝鮮の各地に建設・増設されたが、シーメンス社はその設備・資材供給で多忙を極めることとなった。発電設備関係では、1939年、満洲国各地、鴨緑江水電株式会社などに、相次いで大型発電設備を供給した。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見たアルストム

    総合鉄道関連メーカーとしては、ボンバルディア、アルストムと並ぶ「ビッグスリー」の一つで、世界の鉄道車両製造では約2割強のシェアを有する(他の2社もほぼ同程度、日本企業は輸出が少ないため、主要6社を合わせて約1割。)。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見た日本カーバイド工業

    1941年、ドイツとソ連が交戦状態に入り、シベリア鉄道経由での貨物輸送が不可能になった。続く日米開戦により、東京シーメンスはほとんど全部の製品を国産化することとなった。この時期の納入実績としては、シーメンス水素電解槽の住友電気工業、日本カーバイド工業、鐘淵紡績等への供給、逓信省への大型短波放送設備の納入等がある。戦争が続く中で、資材の獲得が困難となり、戦時中は保守業務が中心となった。シーメンス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示

「独シーメンス」のニューストピックワード