100件中 11 - 20件表示
  • シーメンス

    シーメンスから見た日本カーバイド工業

    1941年、ドイツとソ連が交戦状態に入り、シベリア鉄道経由での貨物輸送が不可能になった。続く日米開戦により、東京シーメンスはほとんど全部の製品を国産化することとなった。この時期の納入実績としては、シーメンス水素電解槽の住友電気工業、日本カーバイド工業、鐘淵紡績等への供給、逓信省への大型短波放送設備の納入等がある。戦争が続く中で、資材の獲得が困難となり、戦時中は保守業務が中心となった。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見たユーロ

    2006年の連結売上高は873億ユーロ、約14兆円。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見たAEG

    1847年12月12日に、ヴェルナー・フォン・ジーメンス (Werner von Siemens) によってベルリンに創業された電信機製造会社、ジーメンス・ウント・ハルスケ (Telegraphen-Bauanstalt von Siemens & Halske) に端を発する。後にジーメンス・ハルスケ電車会社に発展し、世界で最初の電車を製造し、1881年に営業運転を開始した。20世紀初頭、ゼネラル・エレクトリックを相手にAEGの支配権を争うかっこうとなり、AEGと関係を深めた。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見たヴェルナー・フォン・ジーメンス

    1847年12月12日に、ヴェルナー・フォン・ジーメンス (Werner von Siemens) によってベルリンに創業された電信機製造会社、ジーメンス・ウント・ハルスケ (Telegraphen-Bauanstalt von Siemens & Halske) に端を発する。後にジーメンス・ハルスケ電車会社に発展し、世界で最初の電車を製造し、1881年に営業運転を開始した。20世紀初頭、ゼネラル・エレクトリックを相手にAEGの支配権を争うかっこうとなり、AEGと関係を深めた。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見たジョン・ラーベ

    ジョン・ラーベ - 元中国支社総責任者シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見たマイケル・カレン

    今でこそ代表的な株主はミューチュアル・ファンドのバンガード・グループであったり、マイケル・カレンが2001年に立ち上げたソブリン・ウエルス・ファンドのNew Zealand Superannuation Fund だったりするが、昔はリオ・ティントであった。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見た百溪禄郎太

    (以上は、百溪禄郎太編「日本におけるシーメンスの事業とその経歴」による)シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見たベルリン

    1847年12月12日に、ヴェルナー・フォン・ジーメンス (Werner von Siemens) によってベルリンに創業された電信機製造会社、ジーメンス・ウント・ハルスケ (Telegraphen-Bauanstalt von Siemens & Halske) に端を発する。後にジーメンス・ハルスケ電車会社に発展し、世界で最初の電車を製造し、1881年に営業運転を開始した。20世紀初頭、ゼネラル・エレクトリックを相手にAEGの支配権を争うかっこうとなり、AEGと関係を深めた。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見た足尾銅山

    1887年にはシーメンス東京事務所が開設され、以降、シーメンス社の製品は広く日本に浸透することになる。19世紀の主な納入実績には、足尾銅山への電力輸送設備設置、九州鉄道株式会社へのモールス電信機据付、京都水利事務所など多数の発電機供給、江ノ島電気鉄道株式会社への発電機を含む電車制御機および電車設備一式の供給、小石川の陸軍砲兵工廠への発電機供給、などがある。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見た第一次世界大戦

    第一次世界大戦中は日独が交戦状態に入ったため営業を停止したが、1920年頃から営業を再開した。1923年には古河電気工業と合弁して富士電機製造株式会社を設立、1925年には電話部門を富士電機に譲渡した。シーメンス フレッシュアイペディアより)

100件中 11 - 20件表示

「独シーメンス」のニューストピックワード