87件中 21 - 30件表示
  • シーメンス

    シーメンスから見た情報通信

    シーメンス(Siemens AG )は、ドイツのバイエルン州ミュンヘンに本社を置く多国籍企業。06年の連結売上高は873億ユーロ、約14兆円。連結純利益は303億ユーロ、約5000億円。もともと電信、電車、電子機器の製造会社から発展し、現在では情報通信、電力関連、交通、医療、防衛、生産設備、家電製品等の分野で製造、およびシステム・ソリューション事業を幅広く手がけるコングロマリットである。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見た鉄道車両

    現在では情報通信、電力関連、交通・運輸、医療、防衛、生産設備、家電製品等の分野での製造およびシステム・ソリューション事業などでその名が知られており、特に鉄道車両のVVVFインバーターやMRI装置、補聴器などで大きく市場を占有している。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見たボンバルディア・トランスポーテーション

    総合鉄道関連メーカーとしては、ボンバルディア、アルストムと並ぶ「ビッグスリー」の一つで、世界の鉄道車両製造では約2割強のシェアを有する(他の2社もほぼ同程度、日本企業は輸出が少ないため、主要6社を合わせて約1割。)。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見た九州鉄道

    1887年にはシーメンス東京事務所が開設され、以降、シーメンス社の製品は広く日本に浸透することになる。19世紀の主な納入実績には、足尾銅山への電力輸送設備設置、九州鉄道株式会社へのモールス電信機据付、京都水利事務所など多数の発電機供給、江ノ島電氣鐵道株式会社への発電機を含む電車制御機および電車設備一式の供給、小石川の陸軍砲兵工廠への発電機供給、などがある。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見たチッソ

    その後も発電・通信設備を中心とした製品供給が続き、八幡製鐵所、小野田セメント、伊勢電気鉄道、古河家日光発電所、曽木電気(のちの日本窒素肥料)等へ発電設備を供給した。また、逓信省へ、電話関係機器の多量かつ連続的な供給を行なった。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見た日活

    1931年には八幡市水道局にシーメンス製オゾン浄水装置が納入された。1932年には日本活動写真株式会社にトーキー設備40台を納入、以降全国各地の映画館にトーキー映写装置を販売することになる。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見た伊勢電気鉄道

    その後も発電・通信設備を中心とした製品供給が続き、八幡製鐵所、小野田セメント、伊勢電気鉄道、古河家日光発電所、曽木電気(のちの日本窒素肥料)等へ発電設備を供給した。また、逓信省へ、電話関係機器の多量かつ連続的な供給を行なった。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見たジーメンス・ウント・ハルスケ

    年前の1847年12月12日に、ヴェルナー・フォン・ジーメンス(Werner von Siemens) によってベルリンに創業された電信機製造会社、ジーメンス・ウント・ハルスケ(Telegraphen-Bauanstalt von Siemens & Halske ) に端を発する。後にジーメンス・ハルスケ電車会社に発展し、世界で最初の電車を製造し、1881年に営業運転を開始した。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見た八幡製鐵所

    その後も発電・通信設備を中心とした製品供給が続き、八幡製鐵所、小野田セメント、伊勢電気鉄道、古河家日光発電所、曽木電気(のちの日本窒素肥料)等へ発電設備を供給した。また、逓信省へ、電話関係機器の多量かつ連続的な供給を行なった。シーメンス フレッシュアイペディアより)

  • シーメンス

    シーメンスから見たエプコス

    エプコス(現・TDKグループ)シーメンス フレッシュアイペディアより)

87件中 21 - 30件表示

「独シーメンス」のニューストピックワード