前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • 独立リーグ

    独立リーグから見た三輪正義

    NPBの国内フリーエージェント権取得に関して、独立リーグからドラフト会議を経てNPBに入団した選手に、大学や社会人野球出身者の条件である「一軍登録で在籍7年」(年数は規定による日数換算)が適用されるかどうかは、2017年現在明確な取り決めがなされていない。最初の適用対象となる可能性のあった三輪正義(香川→ヤクルト)については、三輪が香川に入る前に社会人の軟式野球部に所属していたことから、社会人出身者の扱いに準じるとされた。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 独立リーグ

    独立リーグから見た石毛宏典

    現状、独立リーグの選手はプロ野球ドラフト会議の指名を受けなくてはNPBと契約できないが、元NPB選手と外国人選手はドラフト会議を経ない「移籍」として扱われる。四国アイランドリーグ創設者の石毛宏典は「四国アイランドリーグを作る時、NPBへはドラフトではなく移籍で選手が行けるように提案していた。しかしNPBがドラフトでの指名にこだわった」と述べており、独立リーグ(アイランドリーグとBCリーグ)側は2014年現在も選手の経歴によらず移籍可能にしたいという意向を持っていると報じられている。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 独立リーグ

    独立リーグから見たジャパン・フューチャーベースボールリーグ

    しかし独立リーグの立ち上げは容易ではなく、構想は発表されたものの、金銭的な問題(スポンサーがつかない、予想以上に経費がかかるなど)や人材的な問題(審判やスタッフが不足、ひいては選手自体が集まらないなど)から構想が頓挫したり、プロ形態を断念したものが複数ある。開幕に漕ぎ付けても運営資金の確保が課題となることも多く、特に関西独立リーグは最初のシーズン途中での運営会社の撤退、シーズン終了後にチームの脱退・新リーグへの分裂などの事態に陥った。また、関西独立リーグから分裂する形で発足したジャパン・フューチャーベースボールリーグ(JFBL)も、大阪球団の経営難等を理由に1年で休止した。四国アイランドリーグplusやベースボール・チャレンジ・リーグは、多様なスポンサーの確保や地域のバックアップを得ることで運営の安定化に努めてきた。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 独立リーグ

    独立リーグから見たフルキャストホールディングス

    人材派遣会社のフルキャスト社長が構想を明らかにしたが、本業のトラブルにより頓挫。なお、フルキャスト自体はベースボール・チャレンジ・リーグに「キャリアサポーター」という形でビジネスパートナーとして加わっている。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 独立リーグ

    独立リーグから見た日本野球機構

    独立リーグ(どくりつリーグ)とは、主に日本では日本野球機構、北アメリカ(北米)ではメジャーリーグ・マイナーリーグ組織とは別に組織されたプロ野球リーグの総称として使われる言葉。本項では、プロ野球以外の独立リーグも紹介する。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 独立リーグ

    独立リーグから見たジョー・ジャクソン (野球)

    アメリカ合衆国とカナダで行われている。19世紀のアメリカで始まったといわれており、「ブラックソックス事件」でメジャーを追放されたシューレス・ジョー・ジャクソンもこのリーグでプレーしたといわれる。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 独立リーグ

    独立リーグから見たリッキー・ヘンダーソン

    現在は、メジャーリーグ及びそのマイナー組織を自由契約になった選手や日本の選手も多く参加しており、リッキー・ヘンダーソンも一度メジャーリーグ組織から自由契約になった後この独立リーグに参加。その後メジャーに復帰するなど、メジャーリーガーへの登竜門的な組織であることを印象付けている。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 独立リーグ

    独立リーグから見たアイラ・ボーダーズ

    独立リーグのロースターには、選手の年齢層と、メジャーリーグでのプレー年数を基準とする厳しい選手登録制限が存在する。また、スプリングトレーニングでは、最後にロースターが決まる(メジャー→AAA→AA→A→ルーキーという順番で選手を振り分け、余った選手が独立リーグに流れるため)ということもあって、選手構成は常に流動的である。ノーザンリーグに加盟していた(現在は別のリーグへ移籍)セントポール・セインツでは、史上初めて女性選手であるアイラ・ボーダーズがプレーしたことで話題となった。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 独立リーグ

    独立リーグから見た札幌市

    2009年10月に、北海道の経済人や野球愛好者が札幌市に独立リーグ設立準備室を結成。11月10日に記者会見を開いて詳細を明らかにした。初年度の2011年は札幌市と小樽市の2チームでスタートし、2012年に4チームで年間72試合を行うとしていた。しかし、会見以降目立った動きが見られないまま、開幕予定を過ぎている。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 独立リーグ

    独立リーグから見たプロ野球ドラフト会議

    独立リーグに所属する選手はアマチュアではなく独立リーグとしてのプロ選手となり、プロ野球ドラフト会議では独立リーグ所属選手特有の扱いを受ける。大きな特徴としては、高校・大学卒業時点でNPBによるドラフト指名を受けずに独立リーグに加入した場合、初年度から指名を受けることが可能となることである(アイランドリーグとBCリーグで該当する事例が複数存在する)。ただし、BASEBALL FIRST LEAGUEの兵庫ブルーサンダーズに所属する芦屋大学在学中の選手については、学生としての身分が優先し、翌年の卒業見込みがない場合は指名対象とならないとされている。一方、かつて希望入団枠制度が存在した当時はその対象外とされていた。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示

「独立リーグ」のニューストピックワード