62件中 31 - 40件表示
  • 独立リーグ

    独立リーグから見た社会人野球

    社会人野球を統括する日本野球連盟は、四国アイランドリーグの発足当時はリーグ在籍経験者をアマチュア選手と同じ扱いとし、社会人野球チーム在籍者が独立リーグに入る場合も制限を設けていなかった。しかし、2009年2月25日に制定した「国内の独立リーグに関する取扱要領」において在籍経験者をNPBと同じプロ野球経験者とし、登録者数制限(1チーム3名以内)の規定を適用するとともに、社会人野球チームの在籍者は大卒の場合2年、高卒の場合3年は独立リーグと契約できないとした。さらに2010年1月からは、独立リーグ退団者は退団の翌年度中の選手登録を認めず、大卒2年・高卒3年以内の社会人野球チーム在籍者は、チームが円満退部の書面を発行した場合には独立リーグと契約可能としたが書面なく契約した場合は社会人野球へ復帰できないとし、独立リーグの入団テストを受ける場合は事前に所属チームの承諾が必要とした。これらの措置は、主力選手を奪われた社会人チームからの苦情や、「野球界のルール」を知らせることが背景にあったと当時報じられていた。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 独立リーグ

    独立リーグから見たコンチネンタル・バスケットボール・アソシエーション

    プロ野球以外では、アメリカのバスケットボール(NBA)、アイスホッケー(NHL)とメジャーリーグサッカーの下部組織に相当するクラスのリーグ戦も、形式上は独立リーグ(セミプロ)組織の形をとって運営している。代表的なリーグとしてバスケットボールではABA・CBA、アイスホッケーではAHLが存在する。バスケットボールの独立リーグの中にはNBAのオフにシーズンを開くものも存在する。2009年からはフットボール(NFL)の独立リーグとしてユナイテッド・フットボール・リーグが発足された。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 独立リーグ

    独立リーグから見たクラブチーム (社会人野球)

    広義では日本アカデミーリーグ、美ら島リーグ、九州リーグ、中四国クラブ野球リーグ、クラブ野球リーグ埼玉など、社会人野球クラブチームによるリーグも含まれる。これらの多くもNPB及び日本野球連盟(JABA)から独立した運営となっている(ただし、各クラブごとでJABAに加盟している場合もあり、中四国クラブ野球リーグはJABAからバックアップを受けている)。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 独立リーグ

    独立リーグから見た日本野球連盟 (プロ野球)

    国民野球連盟は、日本野球連盟(現:日本野球機構、NPB)と対等のリーグを目指して挫折したが、2004年以降に設立された独立リーグは、地域密着を図ると共に、NPBを目指す選手の受け皿として選手育成を前面に打ち出している。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 独立リーグ

    独立リーグから見た育成選手制度 (日本プロ野球)

    2009年11月18日には、関西独立リーグ、ベースボール・チャレンジ・リーグ、四国・九州アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)、ジャパン・フューチャーリーグ(のちにジャパン・フューチャーベースボールリーグに改称)の4リーグ代表者が東京に集まり、独立リーグ統一を目指した話し合い・意見交換(選手年俸、運営ルール等)を行った。この統一が実現すると、来季1地域2リーグとなる関西地域での球場確保等の問題が解消されると期待された。2010年4月1日に、4リーグの間で任意団体の独立リーグ連絡協議会(JIBLA)が設立された。2012年3月、四国アイランドリーグplusおよびBCリーグはNPBとの間で育成選手の派遣受け入れに合意したが、このときの発表でJIBLAはこの両リーグによる任意団体となっており、関西独立リーグはすでに脱退していることがあきらかになった。加盟チームの参入と活動休止や脱退を繰り返した関西独立リーグは、2013年のシーズン終了後に分裂する形で全3球団が脱退したため事実上活動を停止した。脱退したうち2球団は新たにBASEBALL FIRST LEAGUE(ベースボール・ファースト・リーグ)を結成し、2014年4月に開幕した。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 独立リーグ

    独立リーグから見たアメリカ合衆国

    アメリカ合衆国とカナダで行われている。19世紀のアメリカで始まったといわれており、「ブラックソックス事件」でメジャーを追放されたシューレス・ジョー・ジャクソンもこのリーグでプレーしたといわれる。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 独立リーグ

    独立リーグから見たプロ野球マスターズリーグ

    プロ野球マスターズリーグ(2001年設立): 2008?2009年シーズンを最後に公式戦をおこなっていない。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 独立リーグ

    独立リーグから見た小樽市

    2009年10月に、北海道の経済人や野球愛好者が札幌市に独立リーグ設立準備室を結成。11月10日に記者会見を開いて詳細を明らかにした。初年度の2011年は札幌市と小樽市の2チームでスタートし、2012年に4チームで年間72試合を行うとしていた。しかし、会見以降目立った動きが見られないまま、開幕予定を過ぎている。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 独立リーグ

    独立リーグから見た独立リーグ連絡協議会

    2009年11月18日には、関西独立リーグ、ベースボール・チャレンジ・リーグ、四国・九州アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)、ジャパン・フューチャーリーグ(のちにジャパン・フューチャーベースボールリーグに改称)の4リーグ代表者が東京に集まり、独立リーグ統一を目指した話し合い・意見交換(選手年俸、運営ルール等)を行った。この統一が実現すると、来季1地域2リーグとなる関西地域での球場確保等の問題が解消されると期待された。2010年4月1日に、4リーグの間で任意団体の独立リーグ連絡協議会(JIBLA)が設立された。2012年3月、四国アイランドリーグplusおよびBCリーグはNPBとの間で育成選手の派遣受け入れに合意したが、このときの発表でJIBLAはこの両リーグによる任意団体となっており、関西独立リーグはすでに脱退していることがあきらかになった。加盟チームの参入と活動休止や脱退を繰り返した関西独立リーグは、2013年のシーズン終了後に分裂する形で全3球団が脱退したため事実上活動を停止した。脱退したうち2球団は新たにBASEBALL FIRST LEAGUE(ベースボール・ファースト・リーグ)を結成し、2014年4月に開幕した。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

  • 独立リーグ

    独立リーグから見たアメリカン・ホッケー・リーグ

    プロ野球以外では、アメリカのバスケットボール(NBA)、アイスホッケー(NHL)とメジャーリーグサッカーの下部組織に相当するクラスのリーグ戦も、形式上は独立リーグ(セミプロ)組織の形をとって運営している。代表的なリーグとしてバスケットボールではABA・CBA、アイスホッケーではAHLが存在する。バスケットボールの独立リーグの中にはNBAのオフにシーズンを開くものも存在する。2009年からはフットボール(NFL)の独立リーグとしてユナイテッド・フットボール・リーグが発足された。独立リーグ フレッシュアイペディアより)

62件中 31 - 40件表示

「独立リーグ」のニューストピックワード