1548件中 151 - 160件表示
  • 祭魚洞文庫

    祭魚洞文庫から見た独立行政法人独立行政法人

    資料は1993年(平成5年)、渋沢史料館、独立行政法人水産総合研究センター中央水産研究所、国文学研究資料館、流通経済大学、神奈川大学などに分散して移管された祭魚洞文庫 フレッシュアイペディアより)

  • 特定独立行政法人

    特定独立行政法人から見た独立行政法人独立行政法人

    特定独立行政法人 フレッシュアイペディアより)

  • 独法

    独法から見た独立行政法人独立行政法人

    独法 フレッシュアイペディアより)

  • 花き研究所

    花き研究所から見た独立行政法人独立行政法人

    2001年 独立行政法人農業技術研究機構の研究所として、新設される。花き研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 厚生労働省省内事業仕分け

    厚生労働省省内事業仕分けから見た独立行政法人独立行政法人

    厚生労働省省内事業仕分け(こうせいろうどうしょう しょうない じぎょうしわけ)とは、厚生労働省が自ら同省内の事務・事業や所管する独立行政法人、公益法人等の事業などの在り方について、公開かつ外部の視点を入れて、議論を行うものである。厚生労働省省内事業仕分け フレッシュアイペディアより)

  • 宅地開発事業

    宅地開発事業から見た独立行政法人独立行政法人

    一定規模の宅地の開発行為は、一般に上記のように都市計画法や自治体条例の規定を受け、その他は都市計画法施行令(昭和44年政令第158号)第22条の3第2項の規定の適用を受ける宅地開発事業や、国、地方公共団体、独立行政法人都市再生機構及び地方住宅供給公社の行う宅地開発事業や規則の定めがあり、いずれにしろ許可を要する。宅地開発事業 フレッシュアイペディアより)

  • 農薬取締法

    農薬取締法から見た特定独立行政法人独立行政法人

    農林水産大臣の登録を受けなければ農薬を製造、加工、輸入してはならない。登録のための検査は特定独立行政法人農林水産消費安全技術センターが行う(第2条)。環境大臣は、毒性や環境への悪影響に関して登録の可否を判断するための農薬残留濃度の基準(登録保留基準)を定める(第3条)。農林水産大臣と環境大臣は、登録保留基準をクリアするために適用病害虫の範囲と使用の時期、方法などについて農薬を使用する者が守るべき使用基準を定める(第12条)。農薬の販売(無償譲渡を含む)に当たっては、届出が義務づけられており、容器または包装に、上記使用基準とともに登録番号、種類・成分・含有量、毒性または危険性のある場合にはその旨、最終有効年月等を正確に表示しなければならない(第7、9条)。またこの表示のある農薬でなければ(試験等を除く)使用してはならず(第11条)、また使用規準に違反してもいけない(例えばその農薬に関して登録のない作物に対して使うこと、規定を超えて大量あるいは頻繁に使うことなども禁じられる)(第12条)。農薬取締法 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県道424号振草三河川合停車場線

    愛知県道424号振草三河川合停車場線から見た独立行政法人独立行政法人

    独立行政法人水資源機構 豊川用水総合事業部水源管理所愛知県道424号振草三河川合停車場線 フレッシュアイペディアより)

  • 高年齢者雇用開発協会

    高年齢者雇用開発協会から見た独立行政法人独立行政法人

    2003年(平成15年)10月1日に設立された独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構に当協会の事業の一部(中央高年齢者等雇用安定センターの権利および義務)が移管された。これにより、中央高年齢者等雇用安定センターの指定は解除され、中高年者の雇用の確保や再就職促進が主な事業となった。独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構と連携を図りながら、都道府県雇用開発協会と共に事業に取り組む。高年齢者雇用開発協会 フレッシュアイペディアより)

  • 委託訓練

    委託訓練から見た独立行政法人独立行政法人

    委託訓練(いたくくんれん)とは、都道府県や独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構が、公共職業能力開発施設以外の施設(学校教育法に基づく大学、専修学校等の学校や、認定職業訓練を行う職業訓練施設などを含む。)に委託する職業訓練をいう。委託訓練は、公共職業能力開発施設が行う職業訓練とみなされ、公共職業訓練に含まれる。委託訓練 フレッシュアイペディアより)

1548件中 151 - 160件表示

「独立行政法人」のニューストピックワード