1548件中 71 - 80件表示
  • 人事院勧告

    人事院勧告から見た独立行政法人独立行政法人

    国有林野事業の職員(約5千人)と特定独立行政法人職員(約5万8千人)の給与は労使の団体交渉(または中労委の仲裁裁定)によって決定されるが、その際給与法適用職員の給与を考慮することが定められており、勧告の強い影響下にある。人事院勧告 フレッシュアイペディアより)

  • 石田晴美

    石田晴美から見た独立行政法人独立行政法人

    2009年:神奈川県地方独立行政法人評価委員会委員石田晴美 フレッシュアイペディアより)

  • 称号

    称号から見た独立行政法人独立行政法人

    独立行政法人中央農業総合センターでは、研究協力員の称号を授与している。称号には任期があるが再任は妨げられない。称号 フレッシュアイペディアより)

  • 国立医薬品食品衛生研究所

    国立医薬品食品衛生研究所から見た独立行政法人独立行政法人

    2005年には機能の一部が独立行政法人に移管されることとなった。医薬品等の承認審査業務を行っていた医薬品医療機器審査センターは独立行政法人医薬品医療機器総合機構に、細胞バンク部門、大阪支所(支所長のもとに、庶務課・薬品試験部・食品試験部・生物試験部の一課三部が置かれていた)、全国4ヶ所の薬用植物栽培試験場は独立行政法人医薬基盤研究所に、それぞれ移管された。国立医薬品食品衛生研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 安藤裕康 (外交官)

    安藤裕康 (外交官)から見た独立行政法人独立行政法人

    安藤 裕康(あんどう ひろやす、1944年(昭和19年)11月22日 - )は、日本の外交官。独立行政法人国際交流基金理事長。安藤裕康 (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 法人 (日本法)

    法人 (日本法)から見た独立行政法人独立行政法人

    2012年(平成24年)6月1日、野田佳彦内閣総理大臣を本部長とする政府の行政改革実行本部は行政機関である各省庁と独立行政法人から補助金や業務委託金などの事業費の支出約1兆円弱を毎年度内閣官房が点検・公表するとした。法人 (日本法) フレッシュアイペディアより)

  • 日本の公務員

    日本の公務員から見た独立行政法人独立行政法人

    戦後の日本の公務員については日本国憲法に規定されている。日本国政府及び独立行政法人に属する公務員を国家公務員、地方公共団体に属する公務員を地方公務員といい、それぞれ国家公務員法、地方公務員法他、関係法令の定めるところにより職務を遂行する。日本の公務員 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤久典

    後藤久典から見た独立行政法人独立行政法人

    経済産業省商務情報政策局博覧会企画調整官、中小企業庁経営支援部商業課長、防衛省経理装備局システム装備課長、経済産業省貿易経済協力局貿易管理部安全保障貿易管理課長、独立行政法人日本貿易振興機構展示事業部博覧会・渉外担当審議役、二千十五年ミラノ国際博覧会に対する陳列区域日本政府代表などを歴任した。後藤久典 フレッシュアイペディアより)

  • 農業・食品産業技術総合研究機構

    農業・食品産業技術総合研究機構から見た独立行政法人独立行政法人

    産業技術総合研究所(産総研)の場合は、旧工業技術院において企画及び監督を行う本院と、工業技術院傘下の研究所を全て含めて産総研のかたちにまとめ、その後独立行政法人化したが、当法人の場合は、企画及び監督を行う機関である農林水産技術会議、および同事務局をそのまま農林水産省の機関として存置し、傘下の試験研究機関のみを整理統合して独立行政法人化した。このため当法人の本部機能は、独立行政法人化により新たにつくられたものである。農業・食品産業技術総合研究機構 フレッシュアイペディアより)

  • 航海訓練所

    航海訓練所から見た独立行政法人独立行政法人

    独立行政法人航海訓練所(こうかいくんれんじょ、英称:National Institute For Sea Training)は、かつて存在した国土交通省所管の独立行政法人航海訓練所 フレッシュアイペディアより)

1548件中 71 - 80件表示

「独立行政法人」のニューストピックワード