1313件中 71 - 80件表示
  • 水産大学校

    水産大学校から見た独立行政法人独立行政法人

    「独立行政法人水産大学校法」に基づき、農林水産省が所管する独立行政法人水産大学校が設置・運営する教育訓練施設である。水産に関する研究や教育を通じて、水産業を担う人材の育成を目的とする。大学の学部に相当する学科(修業年限4年)、上級の専攻科(修業年限1年)、大学院修士課程に相当する研究科(修業年限2年)で構成される。水産大学校 フレッシュアイペディアより)

  • 白鳳丸

    白鳳丸から見た独立行政法人独立行政法人

    白鳳丸(はくほうまる)は独立行政法人海洋研究開発機構 (JAMSTEC) が管理する学術研究船である。世界中のほぼすべての海域の航行が可能であり、みらいとならぶ日本の海洋学調査を主導する大型調査船である。2004年の国立大学独立行政法人化の際に東京大学海洋研究所(現大気海洋研究所)から移管された。2007年現在稼動しているものは2代目にあたる。白鳳丸 フレッシュアイペディアより)

  • 水資源機構

    水資源機構から見た独立行政法人独立行政法人

    独立行政法人水資源機構(みずしげんきこう、Japan Water Agency)は、主に国土交通省を中心として農林水産省・厚生労働省・経済産業省の四省庁が所管する独立行政法人水資源機構法に基づく独立行政法人である。旧称は水資源開発公団。水資源機構 フレッシュアイペディアより)

  • 水産総合研究センター

    水産総合研究センターから見た独立行政法人独立行政法人

    独立行政法人水産総合研究センター(すいさんそうごうけんきゅうセンター)は農林水産省所管の独立行政法人で、水産業に関する技術向上を目的とした研究開発法人である。根拠法は独立行政法人水産総合研究センター法(平成11年法律第199号)。略称は水研センター。水産総合研究センター フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸内海区水産研究所

    瀬戸内海区水産研究所から見た独立行政法人独立行政法人

    瀬戸内海区水産研究所(せとないかいくすいさんけんきゅうじょ)は、独立行政法人水産総合研究センターの研究所の一つ。瀬戸内海における水産と、瀬戸内海のような閉鎖性水域に特徴的な環境問題(赤潮など)に主眼を置いている。漁業調査船しらふじ丸(広島港)を擁する。略称は瀬水研、瀬戸内水研。瀬戸内海区水産研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター

    独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターから見た独立行政法人独立行政法人

    2004年4月 独立行政法人国立病院機構久里浜アルコール症センターとして発足独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター フレッシュアイペディアより)

  • 統計

    統計から見た独立行政法人独立行政法人

    第二次大戦後に統計委員会(現・総務省政策統括官1)が設置され、国家の統計業務の中心である総理庁統計局(現・総務省統計局および独立行政法人統計センター)と、各省庁が実施する諸統計と間の調整を行うように体系づけるとともに、行政による統計の基本法として「統計法」が制定された(「旧統計法」)。これにより戦後日本における統計制度が確立した。(日本の統計制度に関しては、総務省政策統括官(統計基準担当)のサイト「統計制度」2が詳しい。)統計 フレッシュアイペディアより)

  • 情報通信研究機構

    情報通信研究機構から見た独立行政法人独立行政法人

    独立行政法人情報通信研究機構(じょうほうつうしんけんきゅうきこう、英称:National Institute of Information and Communications Technology)は、総務省所管の独立行政法人。本部は東京都小金井市(敷地は小平市にもまたがる)。略称はNICT。理事長は宮原秀夫(2007年9月から2011年現在)。情報通信研究機構 フレッシュアイペディアより)

  • 国立医薬品食品衛生研究所

    国立医薬品食品衛生研究所から見た独立行政法人独立行政法人

    2005年には機能の一部が独立行政法人に移管されることとなった。医薬品等の承認審査業務を行っていた医薬品医療機器審査センターは独立行政法人医薬品医療機器総合機構に、細胞バンク部門、大阪支所(支所長のもとに、庶務課・薬品試験部・食品試験部・生物試験部の一課三部が置かれていた)、全国4ヶ所の薬用植物栽培試験場は独立行政法人医薬基盤研究所に、それぞれ移管された。国立医薬品食品衛生研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 市川眞一

    市川眞一から見た独立行政法人独立行政法人

    行政刷新会議事業仕分け第2弾、独立行政法人情報通信研究機構に関する仕分けの際(2010年4月27日)、光通信技術に関し、ジャーナリストの津田大介らが他の仕分け人の発言を誤って市川のものとしてTwitter上に流した。津田は後に訂正したものの、ネット上では、この津田のコメントを引用するかたちで多くの批判が展開された。しかしながら、津田が認めているように、市川本人はこの「光」に関する発言はしていない。市川眞一 フレッシュアイペディアより)

1313件中 71 - 80件表示

「独立行政法人」のニューストピックワード