62件中 11 - 20件表示
  • 山本太郎

    山本太郎から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    (京都党も参照)7月11日、佐賀県庁で行われた反原発デモに参加。玄海原子力発電所廃止を訴え、「知事は出てこい」など訴えながら、県知事の古川康に玄海原発再稼働中止の請願書を渡そうと、約150人のデモ隊の一人として佐賀県庁に進入。1時間ほど県職員や守衛警備員らともみ合ったが、知事に嘆願書を手渡すことはできず職員への手渡しにとどまった。今後も反原発デモがあれば参加する意向ということである。この顛末について8月、京都市在住の行政書士が建造物侵入罪の容疑で佐賀地検に告発し、9月20日に受理されたことが告発者当人を名乗るブログにて事の次第を掲載され、一部マスメディアでも報道された。告発状の内容の一部は報道によれば「憲法が保障する表現の自由から著しく逸脱している。法治国家として是認できない。被告発人のような過激なものを野放しにせず、厳重な処罰が行われるよう、速やかに捜査に着手することを求める」などとされている。山本太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 久見崎町

    久見崎町から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    また、川内川には港町と当町を結ぶ川内河口大橋が通っている。南部には九州電力としては玄海原子力発電所についで2箇所目の原子力発電所である川内原子力発電所が所在しており、2010年現在、1号機及び2号機があり、3号機増設に向けて手続きが行われている。また、付近には原子力発電所展示館が所在している。久見崎町 フレッシュアイペディアより)

  • あかりSTORY

    あかりSTORYから見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    震災発生後しばらくは、九電のCMの放送が自粛され、番組で放送されるCMはACジャパンによる公共広告に切り替えられた。その後は玄海原子力発電所を巡るやらせメール問題の発覚や原発の運転停止なども重なり、番組で九電のCMが表立って放送されることがなくなり、例外として冬季に節電を要請するスポットCMが放送される程度となった。その後、九電の放送における広告活動について、番組スポンサーの全面的な取り止め、スポットCM形式への移行が決定されたため、本番組も2012年3月13日をもって放送を終了した。あかりSTORY フレッシュアイペディアより)

  • 木村朗

    木村朗から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    木村朗編『九州原発ゼロへ、48の視点 ?玄海・川内原発の廃炉をめざして』南方新社、2013年木村朗 フレッシュアイペディアより)

  • 緒方克陽

    緒方克陽から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    佐賀県鳥栖市出身。鳥栖工業高校卒業後、国鉄に入社。国鉄労働組合に参加し、佐賀県評議長を経て、1986年の第38回衆議院議員総選挙で八木昇の後継者として佐賀県全県区から日本社会党公認で立候補し、初当選。同党の県本部などで構成する「玄海原発設置反対佐賀県民会議」の議長を務めていた事から、佐賀県電力総連との政策協定作りなどが難航した。緒方克陽 フレッシュアイペディアより)

  • 伊予灘地震

    伊予灘地震から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    伊方発電所、島根原子力発電所および玄海原子力発電所は、いずれも被害は無かった。伊予灘地震 フレッシュアイペディアより)

  • MOX燃料

    MOX燃料から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    九州電力(株)玄海原子力発電所3号機 国内の軽水炉としては初めて装荷(2009年10月15日)。2010年12月に停止、点検中。MOX燃料 フレッシュアイペディアより)

  • 峰達郎

    峰達郎から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    2017年(平成29年)1月29日に行われた唐津市長選挙に再度出馬。4人の候補者による同市長選において、自由民主党は峰の推薦を見送り自主投票と決めたが、前副市長の岡本憲幸の陣営には唐津市・東松浦郡選挙区の4人の自民党県議のうち3人が支援に回った。唐津市議の自民系最大会派9人も岡本を支援。岡本は現職の坂井俊之市長、元唐津商工会議所会頭の太田善久の支持も取り付け有利な戦いを進めるも、約8,000票差で峰に敗れた。玄海町にある玄海原子力発電所3、4号機の再稼働も争点となった選挙であったが、投票率は過去最低の63.33%を記録した。岡本憲幸は賛否を口にしないまま選挙に臨み、一方、峰は「条件付き賛成」という言葉で再稼働容認の立場を取った。九州電力と市が結ぶ安全協定の検証を公約としている。2月6日、市長就任。峰達郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中村明 (技術者)

    中村明 (技術者)から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    大分県出身。九州大学大学院工学研究科修了。1977年、九州電力入社。原子力管理部課長(環境広報担当)、玄海原子力発電所次長(運転管理担当)、原子力管理部長などを歴任。2008年6月、執行役員・原子力管理部長。2011年6月、上席執行役員・原子力発電本部副本部長。中村明 (技術者) フレッシュアイペディアより)

  • 六ヶ所村核燃料再処理事業反対運動

    六ヶ所村核燃料再処理事業反対運動から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    反論 - 平成24年以降に軽水炉でMOX燃料として使用する予定であるし、2006年には佐賀県の九州電力・玄海原子力発電所3号機でプルサーマル発電を行う計画が地元自治体に了承されている。また、2008年1月には福井県の西川一誠知事が高浜原発で2010年までにプルサーマル発電を開始する計画に同意し、2008年2月には静岡県知事が浜岡原発でのプルサーマル計画推進を申し入れている。更に、高速増殖炉構想についても計画が断念されたわけではなく、原型炉「もんじゅ」が2009年2月に運転再開の予定であり、2008年8月には実証炉の開発協力について日仏米が覚書を取り交わしている。六ヶ所村核燃料再処理事業反対運動 フレッシュアイペディアより)

62件中 11 - 20件表示

「玄海原発」のニューストピックワード