44件中 21 - 30件表示
  • 更田豊志

    更田豊志から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    2005年12月25日、佐賀県主催で開かれた玄海原子力発電所3号機プルサーマル計画についての公開討論会に原子力安全委員会原子炉安全専門審査会委員の立場でオブザーバーとして出席更田豊志 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋弘忠

    大橋弘忠から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    2005年12月25日、佐賀県主催で開かれた玄海原子力発電所3号機プルサーマル計画についての公開討論会に出席し、プルサーマルを推進する立場で発言。「プルサーマルは現行の軽水炉と同じく安全」、「我々専門家は水蒸気爆発など夢にも考えていない」、「(原子炉)格納容器が破損するなど物理的に考えられない。一億年に一度も無いようなことを問題にする人がいる」、「プルトニウムを水と一緒に飲んでもすぐ体内から排出される」、「私達のいうことを理解しようともしない」、などと述べた。大橋弘忠 フレッシュアイペディアより)

  • 六ヶ所村核燃料再処理事業反対運動

    六ヶ所村核燃料再処理事業反対運動から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    反論 - 平成24年以降に軽水炉でMOX燃料として使用する予定であるし、2006年には佐賀県の九州電力・玄海原子力発電所3号機でプルサーマル発電を行う計画が地元自治体に了承されている。また、2008年1月には福井県の西川一誠知事が高浜原発で2010年までにプルサーマル発電を開始する計画に同意し、2008年2月には静岡県知事が浜岡原発でのプルサーマル計画推進を申し入れている。更に、高速増殖炉構想についても計画が断念されたわけではなく、原型炉「もんじゅ」が2009年2月に運転再開の予定であり、2008年8月には実証炉の開発協力について日仏米が覚書を取り交わしている。六ヶ所村核燃料再処理事業反対運動 フレッシュアイペディアより)

  • 九州エネルギー館

    九州エネルギー館から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    玄海原子力発電所3号炉を再現した実物大原子炉模型で原子力発電の仕組みを解説。九州エネルギー館 フレッシュアイペディアより)

  • 古川康

    古川康から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    佐賀県内にある玄海原子力発電所3号機でのプルサーマル実施に関して、九州電力から打診に対して賛成の意向を示し、2006年2月8日に「計画の安全性は確保される」として受け入れることを表明、3月26日に事前了解した。2007年1月29日には県民投票条例の制定を求める請願が通ったが、県議会では否決された。それに際して古川は、議会制民主主義が機能し地方公共団体の存在の前提に関わるような事案ではないとの考えから県民投票は不要との見解を示した。ちなみに古川の父は九州電力の社員で、玄海原子力発電所のPR館の館長であった。古川康 フレッシュアイペディアより)

  • 吉良州司

    吉良州司から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    原子力発電を推進する立場であるが、2011年、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故事故後は中長期的な原発稼働率の縮小には賛同している。しかし、菅直人首相(当時)が提案した検査停止中の玄海原子力発電所再稼動に際してのストレステスト導入には強く反発し、長島昭久ら党内保守派の中堅・若手議員11人とともに「国益を考える会」を結成。吉良、長島の2名が7月13日に首相官邸を訪れ、仙谷由人内閣官房副長官に対し菅内閣の即時退陣及び安全性が確認された検査済みの原発の早期再稼動を求める文書「菅総理の即時退陣を求めるの議」を提出した。吉良州司 フレッシュアイペディアより)

  • 日産ディーゼル・スペースランナーJP

    日産ディーゼル・スペースランナーJPから見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    九州電力が玄海原子力発電所に併設している見学・PR施設「玄海エネルギーパーク」敷地内での運行用として、東京R&D・安川電機・ユアサコーポレーション・ニシム電子工業と共同で、KL-JP252LSNシャーシをベースにした電気バスを開発し、2000年3月に納入した。日産ディーゼル・スペースランナーJP フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本

    2011年の日本から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    12月16日 - 九州電力玄海原子力発電所3号機で放射性物質を含む冷却水約1.8トンが漏れた。2011年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 窓をあけて九州

    窓をあけて九州から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    1979年10月7日放送開始し、2009年には放送30周年を迎えた。九州地方で活躍するある人物にスポットライトを当てて、さまざまな分野で活躍する様をドキュメンタリーで綴る。毎年、年間放送作品を審査するコンクールがあり、最優秀作品は年度末にアンコールされる。提供は九州電力の単独スポンサーだった。なお、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)や東京電力福島第一原子力発電所事故による電力不足による影響、さらに自社の玄海原子力発電所再稼動をめぐるやらせメール問題による不祥事で東日本大震災後は番組提供やCM放送を見合わせることがほとんどであった(番組提供は震災以降自粛)。2012年3月25日を以って最終回となり、32年半の放送に幕を閉じた。後番組は、「世界一の九州が始まる!」。窓をあけて九州 フレッシュアイペディアより)

  • 久見崎町

    久見崎町から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    また、川内川には港町と当町を結ぶ川内河口大橋が通っている。南部には九州電力としては玄海原子力発電所についで2箇所目の原子力発電所である川内原子力発電所が所在しており、2010年現在、1号機及び2号機があり、3号機増設に向けて手続きが行われている。また、付近には原子力発電所展示館が所在している。久見崎町 フレッシュアイペディアより)

44件中 21 - 30件表示

「玄海原発」のニューストピックワード