62件中 41 - 50件表示
  • 古川康

    古川康から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    佐賀県玄海町の九州電力玄海原子力発電所3号機でのプルサーマル実施に関し、2007年1月29日に県民投票条例の制定を求める請願が提出された。しかし、佐賀県議会において様々な議論が行われ、決議が行われた。結果、請願は佐賀県議会において反対多数で否決された。その結果を経て、古川は「議会制民主主義が機能しているなかで、必要な議論と手続を一つひとつ丁寧に積み重ねて慎重に判断したものあり、また、名称や区域の変更、合併など「佐賀県」という地方公共団体の存在の前提に関わるような事案ではなく、受入れの賛否を問う本条例を制定する必要性は見出すことができない」という見解を示した。古川は2005年から2009年までの5年間に、玄海原子力発電所長や佐賀支店長ら九州電力の幹部から、自身の政治団体を介して計49万5000円の献金を受け取っていた。古川康 フレッシュアイペディアより)

  • 九州電力やらせメール事件

    九州電力やらせメール事件から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    九州電力やらせメール事件(きゅうしゅうでんりょくやらせメールじけん)は、2011年6月、玄海原子力発電所2、3号機の運転再開に向け日本の経済産業省が主催し生放送された「佐賀県民向け説明会」実施にあたり、九州電力が関係会社の社員らに運転再開を支持する文言の電子メールを投稿するよう指示していた世論偽装工作事件(サクラ、やらせ)である。九州電力やらせメール事件 フレッシュアイペディアより)

  • 塚部芳和

    塚部芳和から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    4選直後(2014年4月)、記者からの質問に対し「現在は到底、玄海原発の再稼働を承服できる状況にない」と答えている。塚部芳和 フレッシュアイペディアより)

  • 北神圭朗

    北神圭朗から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    2011年、首相(当時)の菅直人が提案した検査停止中の玄海原子力発電所再稼動に際してのストレステスト導入に強く反発し、長島昭久・吉良州司ら党内保守派の中堅・若手議員11人で結成された「国益を考える会」に参加。同年7月13日に長島、吉良の2名が首相官邸を訪れ、内閣官房副長官(当時)の仙谷由人に対し菅内閣の即時退陣及び安全性が確認された検査済みの原子力発電所の早期再稼動を求める文書「菅総理の即時退陣を求めるの議」を提出した。2012年の第46回衆議院議員総選挙では、原子力規制委員会の新基準を満たした原子力発電所の再稼働に賛成していたが、2014年の第47回衆議院議員総選挙では日本における原発の必要性を否定した。北神圭朗 フレッシュアイペディアより)

  • 大飯発電所

    大飯発電所から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    国の原子力安全・保安院は約3週間後の3月末に、緊急安全対策を各電力会社に指示した。経済産業省はこの対策が講じられたことが確認できれば再稼働は可能との見解で、経済産業大臣(当時)の海江田万里は6月に原発の安全宣言を出し、定期検査の予定の作業が終了した玄海発電所の再稼働を進めようとしていた。しかし、事故の検証が未実施で安全基準が示されていないとして、13基の商用原発を抱える福井県などから時期尚早との声が上がった。そこで、政府(菅政権)は、ストレステストを導入し、1次評価で安全性を確認してから再稼働の是非を判断することとなった。大飯発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 山本太郎

    山本太郎から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    7月11日、佐賀県庁で行われた反原発デモに参加。玄海原子力発電所廃止を訴え、「知事は出てこい」など訴えながら、県知事の古川康に玄海原発再稼働中止の請願書を渡そうと、約150人のデモ隊の一人として佐賀県庁に進入。1時間ほど県職員や守衛警備員らともみ合ったが、知事に嘆願書を手渡すことはできず職員への手渡しにとどまった。今後も反原発デモがあれば参加する意向ということである。この顛末について8月、京都市在住の行政書士が建造物侵入の容疑で佐賀地検に告発し、9月20日に受理されたことが告発者当人を名乗るブログにて事の次第を掲載され、一部マスメディアでも報道された。告発状の内容の一部は報道によれば「憲法が保障する表現の自由から著しく逸脱している。法治国家として是認できない。被告発人のような過激なものを野放しにせず、厳重な処罰が行われるよう、速やかに捜査に着手することを求める」などとされている。山本太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 竹松駐屯地

    竹松駐屯地から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    玄海原子力発電所(出力378.0万kW)(佐賀県東松浦郡玄海町)竹松駐屯地 フレッシュアイペディアより)

  • 窓をあけて九州

    窓をあけて九州から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    この番組は前身となる『九州再発見』(1967年開始)より九州電力の一社提供で放送されていたが、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)や東京電力の福島第一原子力発電所事故による電力不足の影響、さらには自社の玄海原子力発電所(佐賀県東松浦郡玄海町)再稼動を巡るやらせメール問題による不祥事で、震災以後は番組提供やCMの放送を見合わせることが殆どとなった(特に番組提供は震災以後自粛していた)。そして玄海原子力発電所・川内原子力発電所の稼動停止に伴う経営悪化により九州電力がスポンサーを降板したため、番組は2012年3月25日放送分をもって終了し、32年半の放送に幕を閉じた。その間の平均視聴率は7%から8%と推移していた。後番組は『世界一の九州が始まる!』。窓をあけて九州 フレッシュアイペディアより)

  • 電気自動車

    電気自動車から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    市販の自動車の電気自動車への改造は希に行われている。改造電気自動車には近距離の荷物配達用バン(デリバリー・バン)や霊柩車などの実例がみられ、珍しいところでは九州電力玄海原子力発電所見学者用のバスを電気自動車に改造。趣味性の高い方向では、日本EVクラブがマツダ・ロードスターのEV改造キットを発表したり、同クラブ広島支部が2007年から2008年にかけて事故車のデロリアン・DMC-12をEV改造し、翌年3月にナンバー取得をしたケースがある。電気自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 鎮西町

    鎮西町から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    唐津大手口 - 野元 - 名護屋 - 玄海エネルギーパーク(玄海町)鎮西町 フレッシュアイペディアより)

62件中 41 - 50件表示

「玄海原発」のニューストピックワード