62件中 51 - 60件表示
  • 大橋弘忠

    大橋弘忠から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    2005年12月25日、佐賀県主催で開かれた玄海原子力発電所3号機プルサーマル計画についての公開討論会に出席し、プルサーマルを推進する立場で発言。「プルサーマルは現行の軽水炉と同じく安全」、「我々専門家は水蒸気爆発など夢にも考えていない」、「(原子炉)格納容器が破損するなど物理的に考えられない。一億年に一度も無いようなことを問題にする人がいる」、「大隕石が落ちてきたらどうなるか、そういう起きもしない確率についてやっているわけですね」、「プルトニウムを水と一緒に飲んでもすぐ体内から排出される」、「私達のいうことを理解しようともしない」、などと述べた。大橋弘忠 フレッシュアイペディアより)

  • 長島昭久

    長島昭久から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    2011年、菅直人首相による玄海原子力発電所再稼動によって混乱がもたらされたことに反発し、吉良州司ら党内保守派の中堅・若手議員11人とともに「国益を考える会」を結成。同年7月13日に長島、吉良の2名が首相官邸を訪れ、仙谷由人内閣官房副長官に対し菅内閣の即時退陣及び安全性が確認された検査済みの原発の早期再稼動を求める文書「菅総理の即時退陣を求めるの議」を提出した。後に、野田政権時の「2030年代原発ゼロ」閣議決定を支持していると語っている。長島昭久 フレッシュアイペディアより)

  • 阿蘇山

    阿蘇山から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    2017年12月13日、広島県の住民らが四国電力伊方原子力発電所3号機の運転差し止めを求めた仮処分申請の即時抗告審にて、広島高等裁判所は原子力発電所から約130km離れた阿蘇山の9万年前の噴火規模を指摘し、噴火の危険性を理由に発電所の運転差し止めを決定した。一方、ほぼ同距離にある九州電力玄海原子力発電所3号機、4号機について、佐賀県の住民らが運転差し止めを求めた仮処分申請では、2018年3月20日、佐賀地方裁判所は阿蘇山の地下に大規模なマグマだまりはないとして破局的噴火を否定、申し立てを却下している。阿蘇山 フレッシュアイペディアより)

  • 唐津市

    唐津市から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    また電力需要の増大にともない、1967年(昭和42年)唐津港妙見埠頭附近の埋立地に九州電力唐津発電所(火力発電所)1号機(15.6万kW)が運転を開始。1971年(昭和46年)には2号機(37.5万kW)が、その2年後には3号機(50万kW)が運転を開始した。さらに、1975年(昭和50年)には九州電力玄海原子力発電所1号機(55.9万kW)が運転を開始。その他既設の水力発電所なども含め唐津もとい東松浦地域は県内のみならず北部九州の電力供給の要となった。唐津市 フレッシュアイペディアより)

  • 串間市

    串間市から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    1997年(平成9年)7月28日、九州電力社長が「川内、玄海に加え第3の立地が必要」と発言。串間市 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本

    2011年の日本から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    12月16日 - 九州電力玄海原子力発電所3号機で放射性物質を含む冷却水約1.8トンが漏れた。2011年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 福島第一原子力発電所

    福島第一原子力発電所から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    2010年(平成22年)2月16日:福島県知事は2月定例県議会で、東京電力が福島県に申し入れていた福島第1原発3号機でのプルサーマル計画実施について、条件付で受け入れることを表明した。同知事は、昨年から県エネルギー政策検討会を再開して検討してきたこと、核燃料サイクル推進という国の方針、玄海原発でのプルサーマル発電の開始などに言及、受け入れる考えを述べた 。福島第一原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡県西方沖地震

    福岡県西方沖地震から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    玄海原子力発電所では、震度4相当の揺れを観測したが自動停止の基準には満たず、異常もなかったため通常運転を継続した。福岡県西方沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • 河野太郎

    河野太郎から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    日本の原子力発電所に対しては「福島第一原子力発電所事故」以前から明確に反対しており「原子力発電は経済採算性は合わない」「原子炉の新設はしないということを政治主導で決める」と語っている。また、自民党の中で原発に関する議論をした場合、河野の反原発の主張に対して原発推進派議員からは合理的な説明が返ってこずに「あいつ(河野)は共産党なんだ、共産党の議員が自民党の本部にいるんですか?」「社民党へ行け、お前は共産党だ」と言われ、そういうレベルのやり取りにしかならず、そこで議論が終わってしまうと語っている。その一方で2015年佐賀県知事選挙では玄海原発再稼働の容認をいち早く表明した樋渡啓祐について「私は『樋渡教』の信者です」と現地で演説するほどまでに支持した。河野太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 吉良州司

    吉良州司から見た玄海原子力発電所玄海原子力発電所

    原子力発電を推進する立場であるが、2011年の東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故後は中長期的な原発稼働率の縮小には賛同している。しかし、首相(当時)の菅直人が提案した検査停止中の玄海原子力発電所再稼動に際してのストレステスト導入には強く反発し、長島昭久ら党内保守派の中堅・若手議員11人で「国益を考える会」を結成。吉良、長島の2名が7月13日に首相官邸を訪れ、内閣官房副長官(当時)の仙谷由人に対し菅内閣の即時退陣及び安全性が確認された検査済みの原発の早期再稼動を求める文書「菅総理の即時退陣を求めるの議」を提出した。吉良州司 フレッシュアイペディアより)

62件中 51 - 60件表示

「玄海原発」のニューストピックワード