203件中 11 - 20件表示
  • 日本パルプ工業

    日本パルプ工業から見た王子製紙王子製紙

    日本パルプ工業株式会社(にっぽんパルプこうぎょう、英文社名:Nippon Pulp Industry Co., Ltd.)は、かつて存在した製紙会社である。王子製紙日南工場・米子工場の前身にあたる。1937年設立、1979年に王子製紙(2代目・現王子ホールディングス)に合併された。略称は日パ(ニッパ)。日本パルプ工業 フレッシュアイペディアより)

  • 永昌源

    永昌源から見た王子製紙王子製紙

    元々は製紙会社である王子製紙のグループ企業で、麒麟麦酒グループとなったのは2002年のことである。設立は1948年。満州などからの引揚者の更生事業を目的に満蒙同胞援護会により、現・埼玉県深谷市櫛引において設立された。これに、旧王子製紙系列の樺太酒精工業の技術者の活用先を探していた王子製紙が1950年から資本参加した。永昌源 フレッシュアイペディアより)

  • 王子マテリア

    王子マテリアから見た王子製紙王子製紙

    王子グループの「生活産業資材カンパニー」に属する企業の一つである。段ボール原紙や白板紙などの板紙と、包装用紙を中心に製造・販売する製紙会社である。2012年10月に実施された王子グループの持株会社制への移行にあわせて旧社名の王子板紙から社名を変更した。この際、従来からの段ボール原紙・特殊板紙の製造販売事業および白板紙の製造事業に、王子製紙から継承した白板紙の販売事業、包装用紙の製造販売事業が加わった。王子マテリア フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙 (初代)

    王子製紙 (初代)から見た王子製紙王子製紙

    王子製紙株式会社(おうじせいし)は、かつて存在した日本の大手製紙会社である。現在の大手製紙会社の王子ホールディングス(王子製紙)と日本製紙の前身にあたる。王子製紙 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見た王子製紙王子製紙

    日本製紙が年賀はがき用「再生紙はがき」として納品した紙の古紙使用率を偽り、ごく僅かな比率しか使用していなかった「環境偽装」が発覚、その後、コピー紙など同社の他の再生紙利用商品においても同様の偽装が行われていたことや、王子製紙、北越製紙、三菱製紙、大王製紙、中越パルプ工業各社も同様の偽装を行っていたことが判明。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 林原 (企業)

    林原 (企業)から見た王子製紙王子製紙

    岡山製紙株式会社(岡山市南区)- 加工紙メーカー中堅。林原グループの事業集約化の一環で王子製紙に売却、同社の関連会社として再出発。林原 (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本

    2006年の日本から見た王子製紙王子製紙

    王子製紙、北越製紙に対する株式公開買い付け(TOB)を行う意向を発表。2006年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 王子木材緑化

    王子木材緑化から見た王子製紙王子製紙

    王子木材緑化株式会社(おうじもくざいりょくか、英文表記 Oji Forest&Products Co.,Ltd.)は、林業や緑化工事事業、鉱業などを行う企業である。王子製紙グループ。ガーデニングショップ「マリポサ」の運営も行っている。日本製紙総合開発とともに製紙系造園会社の一つ。王子木材緑化 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋パルプ

    東洋パルプから見た王子製紙王子製紙

    東洋パルプ株式会社(とうようパルプ)は、かつて存在した製紙会社である。広島県呉市にある王子マテリア呉工場の前身にあたり、1949年設立、1989年に王子製紙(2代目・現王子ホールディングス)に合併された。東洋パルプ フレッシュアイペディアより)

  • 石狩川

    石狩川から見た王子製紙王子製紙

    石狩川の電源開発は1909年(明治42年)豊平川に定山渓発電所が建設されたのが最初であるが、本格的な水力発電事業が着手されたのは千歳川である。定山渓発電所完成の翌1910年、支笏湖の直下流に千歳第一ダム・千歳第一発電所が建設された。これは本州における水力発電事業とは異なり、電力会社による事業ではなかった。苫小牧に製紙工場を建設していた王子製紙は工場で使用する電力を確保する為に千歳川に着目、ここに4箇所のダムと発電所を設けて電力を賄おうとした。この千歳第一発電所(単に千歳発電所とも呼ぶ)は認可出力25,400kWを有し当時日本最大級の出力を誇った。また取水ダムである千歳第一ダムは「重力式バットレスダム」という日本唯一の型式である。その後千歳第二・第三・第四・第五ダム及び発電所が1941年(昭和16年)までに建設され、苫小牧市発展の礎を築いた。現在河川法でダムとして定められているのは千歳第三ダム・千歳第四ダムであるが、第一から第四までのダム・発電所群は土木学会選奨土木遺産に指定されている。石狩川 フレッシュアイペディアより)

203件中 11 - 20件表示

「王子ホールディングス」のニューストピックワード