203件中 51 - 60件表示
  • 山線

    山線から見た王子製紙王子製紙

    1 - 6については「海線」に対する対義語としての意味合いがある。それぞれに対する「海線」とは、1は、当初幌内鉄道時代に石狩湾沿いに敷設された銭函 - 手宮・小樽間(札幌 - 銭函間を含めることもある。)を指し、後に北海道鉄道札幌線が戦時買収によって国有化されてからは、札幌 - 長万部間を室蘭本線・千歳線で経由するルートを指すようになる。2は現在の東北本線、3は現在の東海道本線、4は伊予長浜駅経由のルート、5は海岸線、6の場合相対する通称は「浜線」で、苫小牧軽便鉄道(三井物産が敷設、王子製紙へ譲渡、後に日高線を経て現在の日高本線となる。)を指した。7は知立駅以南の通称。ただし、1 - 5の場合は「山線」と「海線」が並行する関係にあるのに対し、1の当初は、既存区間と延伸にともなう新規開業区間、6は別方向、7は同一路線を山側と海側に区切ったものであり、山まわり・海まわりという意味ではない。山線 フレッシュアイペディアより)

  • 黄泉の犬

    黄泉の犬から見た王子製紙王子製紙

    私は、麻原の熊本県八代の実家を訪ね、マスコミを一切遠ざけていた麻原の兄との接触を試みる。麻原の粘着的な土着体質から、彼の世間に対する遠離と怨嗟の感情を決定付けたのは、巷間言われるような選挙での惨敗よりもむしろ、郷里で住民票受理を拒否され村八分に会ったことではないかと推測し、うらぶれた九州の辺境をさまよう。私は八代の駅を降り立ったとたんに楼閣のような王子製紙の工場に出くわす。それはさながら後年麻原がしばしば口にする持って生まれたカルマからの解脱の象徴に思える。麻原が敬愛し「オウム神仙の会」を立ち上げた際には、教祖になってほしいとまで言わせた長兄の経営する松本鍼灸院を客を装い訪ねたもののもぬけの殻であった。全盲の長兄は全盛期には1日に300人の患者を診たといわれるほどの手かざし治療の秘儀を持つ人物であり、私の目的はそれを受け継いだ麻原がイニシエーションを施した相手から受ける負のエネルギーをどう浄化しているのかと、目の疾患(身体障害)がオウムの本質にどのような影響を及ぼしたかを長兄に会うことで知ることであった。黄泉の犬 フレッシュアイペディアより)

  • 井川高雄

    井川高雄から見た王子製紙王子製紙

    大王製紙の創業者である父伊勢吉の社長時代に、倒産という修羅場を経験したが、父と力を合わせて大王を再建。家庭用紙への参入など時代の先を読む経営手腕を発揮して、同社を王子製紙、日本製紙に次ぐ業界3位の総合紙パルプメーカーに育て上げた。井川高雄 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日町 (境港市)

    朝日町 (境港市)から見た王子製紙王子製紙

    足立正 - 日本商工会議所会頭、王子製紙社長等歴任。朝日町 (境港市) フレッシュアイペディアより)

  • エリエール

    エリエールから見た王子製紙王子製紙

    、大王製紙は「エリエールティッシュー」の販売を開始した。クリネックス(十條キンバリー)、スコッティ(山陽スコット)(両社とも現日本製紙クレシア)・ネピア(王子製紙)などの大手メーカーの先発ブランドがある中での進出であったが、巧みな広告戦略が実り、7年後のにはシェア首位にまで拡大した。品種も、ティッシュペーパーの半年後にトイレットペーパー、に紙おむつ、にタオルペーパー、に生理用ナプキンと、順次拡大していった。エリエール フレッシュアイペディアより)

  • 日本のダムの歴史

    日本のダムの歴史から見た王子製紙王子製紙

    嚆矢となったのは王子製紙株式会社が苫小牧の製紙工場に電力を供給するために建設された千歳川の水力発電所群である。1910年(明治43年)の千歳第一ダム(小堰堤)を皮切りに千歳川に4基のダム・小堰堤を建設した。この中で1918年(大正8年)に完成した千歳第三ダムは北海道初のコンクリートダムでもあった。その後電力供給を生業とする企業が続々誕生するが、特に福澤諭吉の養子で大同電力を率い「電力王」と渾名された福澤桃介、東邦電力を率い「電力の鬼」とあだ名され戦後も電力行政に深く関わった松永安左エ門らは大規模な水力発電開発で名を上げた。彼らを始め全国で勃興した電力会社は、急流かつ水量の豊富な河川に目をつけ電源開発を積極的に実施した。特に開発されたのが木曽川・天竜川・信濃川であり、1924年(大正13年)に完成した大井ダム(木曽川)は日本初の50メートル級ダムとして当時は「世界のビッグ・プロジェクト」として広く喧伝された。その後ダム建設はさらに巨大化・高度化し浅野総一郎による庄川電源開発の一環として1930年(昭和5年)に建設された小牧ダムは日本初の大規模な機械化工程で建設され、1938年(昭和13年)には戦前では最も堤高が高い塚原ダム(耳川)が建設されたが、これらはいずれも発電専用のダムであった。この他鉄道省は首都圏の鉄道網に電力を供給するべく宮中ダム(信濃川)を始め小千谷などに水力発電所(信濃川発電所)を建設、最大出力では屈指の発電量を誇った。日本のダムの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 日本紙器

    日本紙器から見た王子製紙王子製紙

    1974年?フレキソフォルダーグルアー設置。長崎県経済農業協同組合連合会より資本参加。長崎県果実農業協同組合連合会より資本参加。本州製紙株式会社(現 王子製紙株式会社)より資本参加日本紙器 フレッシュアイペディアより)

  • 三省堂印刷

    三省堂印刷から見た王子製紙王子製紙

    1921年 - 米国ATF社からベントン母型彫刻機を導入。 国産インディア紙を開発(王子製紙と共同研究)三省堂印刷 フレッシュアイペディアより)

  • 杉沢明人

    杉沢明人から見た王子製紙王子製紙

    駒大苫小牧高から1986年に王子製紙に入社し、アイスホッケー部に所属。日本リーグ4連覇など王子黄金時代に活躍。杉沢明人 フレッシュアイペディアより)

  • 山中武司

    山中武司から見た王子製紙王子製紙

    卒業後、王子製紙に入社し、アイスホッケー部に所属。主将も務め全日本選手権5連覇などに貢献。山中武司 フレッシュアイペディアより)

203件中 51 - 60件表示

「王子ホールディングス」のニューストピックワード