前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示
  • 王子製紙

    王子製紙から見た北海道電力

    なお、千歳発電所から供給される電力は、北海道電力で供給される交流電源の周波数50Hzではなく、西日本の電力周波数と同じ60Hzである。これは1910年(明治43年)の千歳第一発電所建設当初、王子製紙が導入した発電機が60Hzだったことに由来する。また、この電力は王子製紙苫小牧工場内だけでなく、支笏湖畔の支笏湖温泉街一帯全てに供給されている。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た日本経済新聞社

    『会社年鑑』2006上巻、日本経済新聞社、2005年(平成17年)王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た東日本旅客鉄道

    現在では千歳川系統と呼ばれる千歳発電所群(千歳川に5か所、漁川に1か所)が苫小牧工場を支えている。民間企業がダムを含む水力発電施設を有している例は東日本旅客鉄道(JR東日本)や日本軽金属などごく少数に限られているが、王子製紙はその中でも古くから水力発電を自前で行う企業であり、特定規模電気事業者の指定を受けている数少ない民間企業でもある。千歳第一発電所の見学は可能であるが、重要な発電施設であり貴重な土木遺産でもあるその他のダム・発電所群は金網で厳重に管理されており、立入ることはできない。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た日本軽金属

    だが建設に着手したばかりの1939年(昭和14年)、戦時体制強化の一環として電力国家統制策が取られ、電力管理法が施行されたことにより雨竜電力は北海水力電気とともに半官半民のトラスト(事実上国営)である日本発送電に強制的に吸収され、解散を余儀無くされた。雨竜発電所と雨竜第一・第二ダムは1944年(昭和19年)に完成したものの、何れも日本発送電に接収されている。これにより王子製紙は雨竜川の電源開発から手を引き、終戦後も携わることは無かった(事業は1951年(昭和26年)の日本発送電分割により北海道電力が継承している)。ただし千歳川の水力発電所群に関しては王子製紙が日本発送電に対し必死の折衝を行ったことで、例外的に接収を免れている。日本発送電の強制接収を免れたのは日本軽金属の水力発電所と王子製紙の千歳発電所のみであったと『王子製紙社史』には記されている。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た王子ホールディングス

    王子製紙株式会社(おうじせいし、英文社名 OJI PAPER CO., LTD.)は、日本の大手製紙会社グループである王子グループに属する企業。持株会社の王子ホールディングスの傘下にある子会社の一つで、グループの新聞用紙および印刷・情報用紙部門を担当する。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た山本宏美

    山本宏美(1994年代表、銅メダル獲得)王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た宮部保範

    宮部保範(1992年、1994年代表、銅メダル獲得)王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た鈴木正樹

    鈴木正樹(1968年、1972年、1976年代表)王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た福澤桃介

    豊富な水量を有し、工場のある苫小牧に近いこともあって、当時長距離の送電技術が確立されていなかったこともあり千歳川への関心は高まった。折から、福澤桃介を始め民間による水力発電事業が盛んに全国で行われていたこともあり、明治末期より千歳川に水力発電所群を建設する計画が立てられた。王子製紙 フレッシュアイペディアより)

  • 王子製紙

    王子製紙から見た山本雅彦

    山本雅彦(1976年、1980年代表)王子製紙 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
81件中 1 - 10件表示

「王子ホールディングス」のニューストピックワード